Oct 27, 2013

nippon jin 日本人 !100年前

観ているうちに、どきどきしてきました。

時代劇のイケメン俳優を凌駕する本物のサムライ。

それを支えた大和撫子。

本物だ!

これが日本人!

テレビの時代劇や教科書だけでなくて、歴史をちゃんと知らなくては。

そう、そしてちゃんと伝えてあげなくては。

日本の子供たちに。

感動した日本シリーズもちょっとメモしておこうと思います。   

| | Comments (0)

Oct 26, 2013

nippon!100年前

日本人って素敵だなあ。

カメラが普及していない時代というのに、アングルも芸術的ですよね。

日本ってどこを切り取っても絵になったのでしょうねえ。

近年はものすごいスピードの進化、ともすれば破壊さへ感じなくもないこのごろですが、絶対に失くしてはいけないものを忘れないようにしたいと思います。

そういえば・・

写真大好きだったという祖父が残したアルバムのことを思いだしました。

今のように手軽にショットを残すことが出来ない中で、

ことあるごとに家族の肖像が残されていました。

戦争前の幸せで美しい当時の風景、

私が生まれる前に他界した祖父の厳しさや優しさ。

話ではよく聞いていましたが、仏壇の上の肖像しか知る由のなかった私には、そのアルバムが初めて祖父をリアルに感じることになった大切なものとして心に残りました。

先祖とか、歴史とか、命とか、言葉としてはバラバラになっているものが、確実に今生きている私に繋がるためにあった過去。・・とでもいうような。

今、改めて開いてみてみたくなりました。

消えてしまわないうちに。

| | Comments (0)

Jun 04, 2013

野いちごの叫び

undefined

とっても甘い、苺のいい香りがそこらじゅうに漂っています。

ワイルドストロベリー。

植物の発する香りは植物の言葉であり、サインだとはわかっているつもりでしたが、

こうして生き生きと漂う香りの中にいると必死の叫びに聞こえます。

鳥や動物たちが子孫を遠くへ遠くへと運んでくれますように、と。

真っ赤に熟して、強く香るうちに食べてもらえなければ遠くへ行けない。

虫たちを誘って実ることが出来た大切な種。

甘い果実はそのためのご馳走。

気軽に摘み取るには切なくなってしまうほどの甘い香りです。

| | Comments (0)

May 28, 2013

誘惑

undefined

神戸のおみやげにいただいた観音屋kannonyaのチーズケーキ

トースターでチーズがとろり、ふつふつ動きだしたら、OKの合図ですって。

チーズケーキという概念。

勝手に作り上げてたことに気づかされました。

・・・今週から!とあれこれ考えていたけど、coldsweats01

ま、明日から。

ということで、今日はとろりとしながら、ねばりのある美味しいチーズを堪能。

ワインでいただきたくなるチーズケーキ♪かな。

|

May 21, 2013

5月若返りのHerb loation

           undefined 

穏やかな瀬戸内海を想い出させてくれる広島産レモンの皮、

先日干したカモミールの甘やかな香りと

ローズマリーのスッと吹き抜ける風。

全部まとめてとっておくことにしました♪

ハンガリーウォーターのレシピは5月がもたらす自然の成り行きだと気づきます。

ああ、「若返り」なんて響きがけっこうリアルになってきたかも(笑)

アロマ人気ブログへ

| | Comments (0)

May 19, 2013

岩崎庭園 とホテルカリフォルニア

    undefined

歴史の表と

それから裏側をかいまみて、踏み込む空間。

時代を築き、

時代を先導し、

時代に翻弄された日本人と日本。

この庭園は、本当に過去のものになっているのだろうか。

なんて、ちょっとニヒルな気分も味わいながら、

想いを馳せるのもおつ。

アロマ人気ブログへ

» Continue reading

|

May 17, 2013

パフビューティのおしゃべり♪

 

201305puffbeawty

朝から楽しそうにおしゃべり♪

さわやかな風に、やわらかな朝の光。

puff beauty は、やさしくてかわいい「薔薇の香り」です。

妹たちって感じ。

アロマ人気ブログへ

| | Comments (0)

May 15, 2013

風薫る

   undefined    

あたりまえなことが、

とてもありがたいことだということに、気づかされています。

例えば、

わざわざ、探しに出かけなければなくなった風景。

自然とは、 何も手付かずのものばかりではなく、

人の手によって整えられた美しさが自然に溶け込んでいる風景なども。

足元にも拡がる青い空と、植えられたばかりの稲。

今からなら蛙の鳴き声や、おたまじゃくし、めだかの学校、低く飛ぶつばめ。

空高くさえずるひばり。

今は手厚く保護されているトキなどは、そう遠くない前まで、

この風景の中に当たり前にあったもの。

新緑の香り。雨の香り。土の香り。

時々渡る風が運ぶ、やわらかな薫り。

季節と供にある穏やかな日本人の営みに、

強い香りは不要だったということも、

気づかされたことです。

| | Comments (2)

«赤い薔薇