« May 2005 | Main | July 2005 »

Jun 30, 2005

セミ時雨--メトロの壁--

natucard 

メトロの壁に画かれた絵、第3段。

冷たい麦茶が最高に美味しい光景。

こうして見るととても光、輝く瞬間瞬間だなー。

これはたしか大手町のメトロでした。

日比谷は田舎の家並みを散歩しているような、あるいは焼きたてのお菓子を持って訪ねてみたくなるよな気分が一瞬間よみがえる、花の咲く窓辺や古い教会、アパートのドア。door

ともすれば圧迫感のある壁ですが、実像のような大きさの壁画がメリーポピンズの絵画のようで、移動の間のわずかな時間、空想のリアルな街や風景に連れて行ってくれます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 29, 2005

ナチュラルという名前のケミカル

私にとってのナチュラルは

「無理をしない」ことかなぁ。 

「オーがニック」へのこだわりがトレンドのように商品名になり、話題になり、「ナチュラル」という言葉の響きが、そこに求めているものより薄っぺらに感じることがあります。

どういうことをナチュラルと感じるかはきっと記憶によるのでしょう。

美味しい水、空気、味。鳥のさえずり。風の音。花の香り。もちろんこれはナチュラルの一側面だとういうことは言っておいたほうが良いでしょう。流れや感情や行動だってナチュラルはあるのですから。

病気や出来事、感覚などにしても今まではあまり眼にしなかったことが頻繁に起こっていたりします。「最近世の中がおかしい」と人々は挨拶かわりに口にするほどです。いったい世の中の何が変なのでしょうか。それは何故なのでしょうか。

人は、人も単に美しい自然の一部だということはうっかり忘れてしてしまうのでしょうか。

なぜこんなこと書いちゃったかというと、先日よく利用する自然食品のお店で初めてあるリンスを買ってみました。リンスは簡単な酢とかクエン酸とかを使ったり作ったりしていたのですが、作るのがちょっと面倒になることもあり、市販もいいかなと軽く思ったので購入しました。一応どんなもので創られているのかは裏をざっと読んだつもりでした。ナチュラルな石鹸を扱っているところにならたいていあるので見知っていたということもありました。

が、いざ使用してみると私には合成香料の匂いがとてもきつくて、頭が痛くなってしまいました。「香料」とは書いてあったのですが、あまりストイックにすることもなかろうと思ったとたんのこの匂い。いくらケミカルでももう少し工夫がありそうなもの、あえてごまかしをしないでいるということなのでしょうか。こんな風に感じる人はあまりいないから、ずっとこの商品はあるのでしょうか。麻痺しているとしたらそれは考え物です。香料をこだわると価格が高くなるということならいっそ無くて良いのに。確かにコスメ関係の値段は香料と容器と宣伝とは聞きますが・・・。

 それにしても「ナチュラル」とか「ハーブ」「アロマ」という名前のケミカルは近頃富に増えています。決してケミカルが良くないというのではありませんが、自然の中からピックアップしたものを使いこなすことはとても大事なことです。でもその前に、あるいは同時に、正しいインプットも増やした方がいいと思います。その方が識別しやすいはずです。ましてや、ナチュラルという名前だけにたよれない昨今ですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 28, 2005

暑中お見舞い!前倒し!

050627-231107 

6月だなんて考えられません。今日はまるで8月です。8月ということでしたらやり過ごせます。

ちょっと早めの「暑中見舞い申し上げます!」

メトロの壁にあったこの絵を見たときは、まだ来ぬ夏を懐かしく思ってパシャリしました。暑そうで、それでいて涼しい風を感じていました。

近年、休日にはクーラーをかけないようにしていましたら、窓をぬける風ですごせるようになってきました。

汗をかいてはシャワーをあびて冷たいものを飲んだりしてすごすのも久々おつなもんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 26, 2005

ティートュリー vs ゴキ

teetreeKIF_1100 ラベンダーの次に便利なのがteetree.

ちなみこれはオーストラリアに行かなきゃ見られないと思いこんでいましたら、先日「ティトュリー」を一枝いただきました。有名人に会えた時にみたいに私の心が弾んでしまったのには自分もびっくり。単純。

これっていつもカタカナ表記の迷ってしまう。ツリーじゃ変だしね。発音的には[tri:]

殺菌力が強いのにお肌にやさしいってことで活躍もの。これからの季節は必需品。下手な殺虫剤はいらない。そんなものは人間に毒なのだし。

近頃の「匂わない」という文句ほど要注意なものは無いというふうに私は思っております。「におう」のは生きることの原点ですからそこをごまかそうとか、なかったことにしてすませようなんてあなたそんな・・・。あるものはあるのです。

で、脅威の植物力を凝縮させた精油というのは取り扱いに注意しなければいけません。

なぜって、ここだけの話、大きな声で言っていいのか私のゴキ○リ対策はコレ一本です。ただし!素早いそれに極力近づかなければならない恐怖がついてきますが、すばしっこいそれになめられてそこらじゅうに毒薬をふきつけてしまった後よりは。。という究極の選択をしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 25, 2005

thymus told ・・・

thymus

それらを使えていますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 24, 2005

不思議の花 ラベンダー

6月はどこでもラベンダーが開花し始める。富良野は7月かな。「ラベンダー」を知ったのは「タイムトラベル」。

ケンソゴルという未来から来た少年とラベンダーの香りで時間を旅する少女の話。当時夢中になって読んだり見たりしました。そのだいぶあと「時をかける少女」というタイトルでリメイク。

香りが療法として成り立つきっかけはラベンダー、みんなが最初にアロマに触れるのもラベンダー。

フレグランスを作るときもラベンダーは様々な香りを一つにまとめ上げる役目を果たします。おしゃべりな花の精たちが口々に奏でる音楽をハーモニーに変えてしまうのです。

寝付けない夜、それが不安からだったり、寂しさからだったりしてもこの香りが寄り添っていつしか夢の中へ誘ってくれたりします。

てんぷらの時のちょっとしたやけどには効果覿面!これぞアロマテラピーを産み出した由縁!というのを体感します。lavenderessence

いやいや、語りだすときりがない。けど、あれこれしゃべりたくなる、やっぱり不思議なラベンダー。

アハ。こういう人を落ち着かせるのもラベンダー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 22, 2005

新着!ラベンダー一番摘み・・福浦ファームより

lavenderupKIF_1034 laveder1 

「咲いたよ!」

早朝に福浦ファーム(益子)のKちゃんからモーニングコール♪

今日は咲くかな。明日は咲くかな。 今年のラベンダーはそんな感じで待ち焦がれておりました。本当は摘みに行きたいところですが一番咲きの日程を合わせることが出来なかったのでしたが、最高の花を摘み取って箱にいれて送ってもらいました。都会の雑踏の近くにいて、咲いたばかりのラベンダーをかかえる幸せ感にひったっていました。

福浦ファームのハーブは音楽を聞きながらお茶になるそうです。中でもカモミールは絶品。カモミールは新茶に限ります。摘みたてのカモミールを是非ともお試しあれ。部屋じゅうが癒しの花の香りに包まれます。chamom

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jun 21, 2005

セントジョーンズワート

夏至というと思い出すハーブがあります。セントジョンズワート。

開花が6月末くらいになるため、6/24イエスキリストに洗礼を施した聖ヨハネの名にちなんでつけられたとか。(ジョンはヨハネの英語読み)。

別名サンシャインサプリメントとも言われる由縁は、ストレスで鬱気味な状態にある人は神経伝達物質のセロトニンの脳内濃度が低下していますがセントジョンズワートにはセロトニンを増加させる作用があるので鬱な気もちを明るくさせます。

メラトニンの分泌を高める働きもあるので生体リズムを整え、不眠にも効果がありそうです。

又オイルに成分を抽出させると赤い色がつきますが、神経痛や間接の痛みを和らげるオイルになります。→★摘んだばかりの花をつぶし、オリーブオイルを加えて窓辺で抽出。その後赤くなったオイルを目の細かいザルなどで濾す。遮光びんに移して保存。ただしオイルは酸化するのでお早めに。

太陽の少ない季節に悩まされることの多いリウマチや関節痛にこのオイルを塗布することは太陽の温もりを塗りこむようなものかもしれません。。

今頃開花する植物たくさんあるのは太陽が一年で一番長い時期だからです。たいていの花は子孫を残すために咲き、実を結ぶには多量のエネルギーと養分が必要です。葉には光合成によってできた養分が普段よりも多く含まれているということから、葉にも薬効が一番たくさん含まれているということです。

「毒」という名前に反して薬効性が高いのがドクダミ。漢方で使われる枇杷の葉ともやはり今ごろ収穫するのがベストだそうです。dokudami

タイトルがセントジョーンズワートなのにドクダミの画像をアップしてしまいました。dokudamiup生の葉は殺菌性の高いその成分によって非常に強い匂いを発しますが、乾燥させると無臭になります。素早く乾燥させてアルコールやウォッカなどに漬け込み夏のあせもや水虫などに効果があり、薄めてローションするとアトピーや肌あれに良いローションになります。

植物の収穫時期は私たちの勝手な都合ではありますが、それからのくらしをサポートしてくれるように出来ているようなサイクルにも又、感心と感謝をさせられずにはいられません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 20, 2005

あげは蝶の幼虫時代

ageha525kif_0711  kif_0723                   

今年もアゲハのたまごをみつけました!小さな木なのにけっこうあるんです。どう するんだろう。養っていけるんだろうか・・。そんな木・・いや、そんな気も知らずみんな旺盛に食べていました。やっぱり小柄かもしれませんねー。孵化したばかりは鳥の糞そっくり。脱皮を繰り返して晴れてきれいな青い虫となる。さなぎになる前にはどこかにkif_07333dappikif_0732移動してしまうようで、忽然と姿を消してしまいます。羽化の瞬間に立ち会えた時は感動。昨日ひらひらと舞っているあげは蝶。あれがそうかなー。自分が育った木の上を自由自在に飛び回るのはさぞかし気持ちよいのでしょうねー。

脱皮直後。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

Jun 19, 2005

ずっとある薔薇

dior クリスチャン・ディオール

この名前が私の頭に刻まれたのは薔薇のほうがずっと先でした。

庭にあったことを記憶しているのはこのクリスチャンディオールホワイトクリスマス。母が今の私よりずっと若かった頃、おそらくまだ5歳にはなっていなかった私に薔薇の名前を教えるというより、名前を口にしている幸福感の方が印象深くて覚えてしまったようです。

でも、薔薇の庭を訪ねて、これらが正式に薔薇の名前だと確認するまでは、母が勝手につけた愛称かと思っておりました(笑)。今は真紅が好きなのだと言っていますが・・・。それはどうも、もらう場合らしいです。(爆)

この画像はちょっと濃く写っていますが、もう少し淡いピンクだったと思います。

数度の引越しで枯らせてしまったり、置いてきたり、さしあげたりした薔薇たち。先日ふと気になって「そういえばあの薔薇は?」と尋いたら、やっぱり!クリスチャンディオールだけはちゃんと一緒にいるとのことで、なんだかとってもホッとしてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 17, 2005

その「くだらない状態に」は薔薇・・sono後

juniroseup rosetea

便秘には薔薇だって実感は快感。

自家製のフェンネルを一つまみと薔薇のお茶を2日ほど水代わりに飲んでいました。

自分で撒いた種!とは日頃の怠慢の結果の便秘なんだからセルフケアしましょ。とも取れるけど、

(「くだらない・・・」というのは昔むかし大受けしたなぞなぞから引用。「便秘はくだらない病気、下痢はつまらない病気。」 しっかりイントネーションに気をつけて発音しないととんでもない誤解を引き起こしますぞ。)

自分で撒いた種は自分で刈り取るの醍醐味はねー、フェンネルシードです。fenneol0823

咲いた花だけ、土が肥えてる分だけ丸々としたシードがたわわ。

しかも種はいくつかこぼれて毎年収穫出来ちゃうんですもの。

セルフケアってなんて大切なんだろうと今更実感してます。

軽い運動もちょびっとは心がけ、つぼをお気に入りのマッサージワンドで刺激し、トリートメントで相乗効果。しかもこれらすべてはナガラケア。今日は、浮腫みが辛いのでジュニパーにしてみました。ほのかに甘い感じ。

自分のことって後回し、あるいはないがしろにしがちなので、楽して楽しく。で、たまにゴージャスも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 13, 2005

wild strawberry

wsb2 今年もたくさん実をつけてくれました。どんどん増えていくのが楽しみ。

来年はジャムになるだろうか。と欲張りに・・・。私はこの葉のお茶が好きです。

ほんのーり甘い感じになるのでちょっとブレンドします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 11, 2005

色移りするバラ

ki苗をいただいたのですが、最初黄色のバラだと思っていたら、だんだん紅くなりました。

ki1

ki3   

ki7    数個の花が咲くといろんな花があるようで面白いです。       

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 09, 2005

旧古河庭園にて

 

nostargy1blueriver

niwaenkeisouv

薔薇三昧なブログを続けてしまった。

薔薇の種類は数え切れないし、今日もどこかで新しい薔薇が生まれているかもしれない。たくさんある薔薇なのに完全に青い薔薇というのはまだまだ探求の途中らしいです。最近はずいぶん青い薔薇を見るようになりましたがまだ「青ざめた」薔薇という感じが私にはしますが、この4つの薔薇のうち上の右側(ブラウザーの中でくずれていなければ)は「ブルーリバー」という名前。幾分青味がかかれたという頃なのでしょうか。

左がわが「ノスタルジー」 今回なんとも、惹きつけられた薔薇ではありました。オレンジ色はアンネフランク。

おそらくどこかに薔薇セラピーなんていうのもありそうな気がします。まだ出会ったことはありませんが。

アロマセラピーの薔薇は香り高い花を咲かせるダマスクローズ(アクエリアンHP)。1gのバラ油をとるのに3000個の花が必要な貴重なオイルですが、わたしたちに素晴らしい数多くの作用をもたらしてくれるのです。

1800年頃から姿形の方が重要視されるようになり度重なる品種改良の後香りはほのかになっていったとか。しかしながら薔薇の庭で、こうしてしばし眺めている間も柔らかな花の香りに包まれてすっかり癒されてしまうのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 08, 2005

薔薇・・・おしゃべりな天使たち

angera 

アンジェラ

天使たちの面白そうな笑い声、音楽、花のさき乱れるこの庭を祝福している宴。niwa2

この庭を訪れた誰もが、

いきなりロイヤルな薔薇たちに迎えられ、

とまどいながらこの薔薇に出会い、なぜかようやく心がときほぐれたように見えたのは、

そういうことかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 07, 2005

薔薇・・ブルグント

brugunt  ドイツ生まれのブルグント。

中世の王国の歴史に由来してつけたのかなぁ。

情熱的でもありながら、やさしさを秘めた赤とバランスのこれまた美しく薔薇らしい(ってどれを見てをそう思ってしまうのですが)形に惹かれてパチリ。 気のせいかちょっと哀しさを感じてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 06, 2005

薔薇・・・熱き想いを

netsujo

熱情 

薔薇・・ を知らない人見せるとしたら、これを見せるだろうな。 

言葉に出来ない想いを伝えたい時、薔薇の花はとても助けになる。

そういえば赤といえどもいろんな赤があるけれど、私はスカーレット という名前がとても好きです。koigogoro1

ちなみにこれは 恋心 という薔薇。 

なるほど・・・。

薔薇は多弁だなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 05, 2005

薔薇・・・これが、ロイヤルハイネス

royalhighness2 1962年アメリカ生まれ。剣弁高芯咲き。

昔一生懸命薔薇の花の画き方を練習した頃の、幼い私にとっての薔薇らしい薔薇の形。少女漫画にもこんな夢のような薔薇がいっぱいでした。

ああ。しゃべるほどに虚しくなっていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 04, 2005

薔薇・・・白鳥

                  

                    hakuchos

今にも飛び立ちそう。

だんだん言葉を書く気がしなくなっていく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

メトロの洞窟

050604175318.jpg

Continue reading "メトロの洞窟"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jun 03, 2005

薔薇・・・プリンセスマサコ

masako ロイヤル、プリンセス、ハイネス

薔薇にふさわしい名前だと、咲き誇る薔薇を見てつくづく思えてくる。

お会いできたことを光栄な気持ちにさせてくれる薔薇。

royalprinces1

愛子さまとご一緒に。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

Jun 01, 2005

薔薇・・June Bride

                                               bride2

今日から6月。昨日まで雨があがって今日はさわやかに晴れています。だらだらと寒かったり、とっくに真夏日が続いていたりするのではなく、今年は今日から夏服に切り替え!という感じ。わー夏が来る。スイッチが変わった感じがとってもする6月1日です。

昔むかし、ヨーロッパでは3,4,5と結婚が禁止されていたとか、一年で最もさわやかな季節であるため、とか、それよりもなによりも6月のJuneの名前の由来である結婚を司る女神ユノーの守護を受けられるとかで、6月の結婚式がとっても多くなりました。日本はもっとも嫌われる月でしたが、薔薇を始め花がいたるところで咲き誇る素敵な季節は花嫁にぴったり![6月の花嫁]という響きも素敵。

かく言う私もJune bride!でしたが、当時をちょっと説得手法の方が強かったかも・・・。でも6月でよかったーって満開の薔薇を見ると思います。royalprinsece

今日からちょっと薔薇シリーズ。

花嫁には。*:*→

:ロイヤルプリンセス *:._.:*:._.:._.:*敬宮愛子内親王殿下に捧げられた薔薇。四季咲き。とても良い香りが漂っておりました。

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »