« June 2005 | Main | August 2005 »

Jul 31, 2005

エコビレッヂ八百剛ー素晴らしきがんこものの話

「土と太陽と水と戯れて、希望にあふれて野菜を作り始めた若者は、
自分で作った野菜の売り方がわかりませんから。」

不耕起農法という、耕さなくても微生物によって耕されている畑では、
野菜がのびのび育つので美味いです。
雑草も無駄に生えていないので必要以上に刈り取らないです。」

これ以上のたまごが食べたければ自分で鶏を飼ってください。」

Continue reading "エコビレッヂ八百剛ー素晴らしきがんこものの話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 29, 2005

潮騒で蘇る日

昔・・・

一日中に海に入っていた頃があった。

海の中で水平線に太陽が昇るのを見たものだった。

月明かりの波に揺られたこともある。

そうすると、夜ベッドにいてもずっと波に揺られているような錯覚に陥る。ishigaki-sea3-450

ゆるやかに絶え間なく寄せては返す波の音はまさしく、安らぎそのもの。

http://isohara.seesaa.net/

波の音ばかりのブログを見つけました。

サウンドは、香りと同じくらい強烈にタイムトリップできてしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 27, 2005

睡蓮

suirenKIF_1107 suirenKIF_1111

蓮と睡蓮は全然違います。当たり前ですが、混同している人が意外と多いような感じもします。

蓮が泥の中から伸び上がるように咲くのに、睡蓮は水の上に浮いているように咲きます。

水蓮と書くのかと思っていましたら睡眠の睡を使うのです。陽がかげると閉じてしまうところからだとか。

睡蓮という文字を見るとすぐさま思い出すのは「モネ」ですね。

蓮の香りは「ピンクロータス」という精油がありましたが、睡蓮はどんな香りなのでしょうか。水の底から上がってくる蕾を見つけるとちょっとドキドキしてしまいます。ほら。。。見えるでしょ。

写真を撮りますよォと、メダカさんたちに集まってもらいました。-------そうなんです。「浜辺の歌」が好きみたいなんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 25, 2005

lotus ---ハス-----

hasuKIF_1308 hasuKIF_1307 蓮の季節です。

道を間違えたら、満開の群生地を偶然通りかかりました。

根っこは「レンコン」は穴が開いていますし、実のなる部分も又おもしろい形をしています。本当に台座のよう。いるかのように「波動の高い」花だと聞いたことがあります。

早朝に開く時「音」がするといいいます。まだ聞いたことはありません。

直に香る香りを体験したいのですが、泥の中にはいっていかなければならないので今年も躊躇してしまいました。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Jul 23, 2005

極楽トンボ

  dragonfly2

朝からこうしてるけど

遊んでるわけじゃないぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 21, 2005

香りのホリスティック

kouboc-- ホリスティックな香り--抽出したものだけでは手落ちである。これはアロマアートの考え方。

古来、香りの利用はもちろん抽出の方法があまりなかったからだともいえますが、香木や樹脂をそのまま合わせて浄化や神へのささげものとして扱われてきました。

水蒸気蒸留法や溶剤によって香り成分だけをとりだしたり、化学分析で再構築された合成の香りが普及したからこそ、原点の香りを嗅いでみたくなったのかもしれません。

ポプリや匂い袋の柔らかで複雑な香りは精油だけとは又違う深い香り。

身体や心のサインで調香してゆくのがアロマアート調香。お茶としてハーブをブレンドしたり、漢方として調剤するときと同じ視点。

香水の調香とは一線を画しています。kouinkago

+。:.゜:.。+゜+。:.゜:.。+゜+。アロマアーチスト:.゜:.。+゜+。:.゜:.。+゜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 20, 2005

オーがニックにこだわるなら虫除けも・・・です。

spiceKIF_0776 オーがニックを単なる流行でやっていると長く続かないことになります。

 手間がかかる上にコストが高くついてしまいますから、当然売れる数も少ない。作る人が受け取るべき利益も少ない。需要と供給バランスで、それでなくとも数少ない取り扱い店に出回る際は普及製品の2割以上高いということに。

小さい子供のいる家庭、育ち盛りの子供のいる家庭にこそ届いて欲しいというのに。

これ以上悪循環をきたさないように、人々の意識が高まり、求める人が増えればもっと手に入りやすくなることを期待していますし、実際そのような流れが以前より大きくなっているようにも感じます。これは嬉しいことです。

 原因不明の不具合やストレスを抱える人の増加や、免疫力低下、あるいは極端に過敏になってしまった現代人はサプリメントや薬品への依存度も大きく、その費用なら惜しみなく払えるのです。

これはとっても奇妙です。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

 保存料、防腐剤を使わない食品は身体に負担が少ないといっても、腐らないものと消費期限にたよる暮らしに慣れてしまっている私達には手間と管理がちょっと面倒です。しかしながら「虫」のわかない穀物やカビの生えない醤油の方が実際不気味ではありませんか?

食品を保存する為の智慧を人は経験でたくさん持っているというのにだんだん・・・いえどんどん忘れられていきます。白いお米の中の黒い虫を見つけてはいちいち悲鳴をあげてしまうなんて情けないことです。私がそうでした。

 そしてこれからの季節は管理が特に大変。そこで虫よけに、ハーブやスパイスの香りを利用します。精油といわれる植物の香り成分の役割はいろいろあります。なかでもここで利用したいのは虫を寄せ付けない作用。

こういった作用は衣替えの際大いに利用します。衣服にはラベンダーや月桃、また樟脳なども。そして乾物などを保存するスペースにもこのポプリを作って置くと、棚の扉を開ける時に広がる香りも楽しみになります。

食べ物にはゼラニウムやユーカリ等は避け、例えばクローブや月桂樹、赤唐辛子、干したレモンの皮、ラベンダーなどで。庭で取れたハーブを使うと尚楽しみが。ポプリは生活のいたるところで活躍してくれるんです。

手軽に精油をティッシュなどに数滴染み込ませて隅の方に置くだけでもいいものですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 19, 2005

おばあちゃんの夏みかんピール

orangepeel 昔、祖母がよくつくってくれたのが「夏みかんのお菓子」

「子供たちの喜ぶ顔」が見たくていつもつくってくれた笑顔の誇らしげだったことを思い出します。

祖母からの小包が届くと、子供達宛てにはいっているお菓子はたいてい夏みかんの皮。

既にチョコレートやキャラメルやポテトチップにすっかり魅了されていた私の味覚は、ほろ苦いこのお菓子を美味しいとは思えなかったのです。

ところが今は、5月頃に出回る無農薬のミカンを見つけるとマーマレードと共に作りたくなります。外側はお砂糖でカリッとしあがるようにしつつ、ふわっとゼリー菓子のように。

ちょっと疲れている時、おなかが空いた時、食欲のない時など、一つお口に入れると、ミカンの香りとほろ苦さと甘さが、なかなかよいのです。

チョコレートでコーティングするとオランジェットッ風。  

祖母が96歳で亡くなってもうずいぶんたってから、自分で作って楽しむようになりました。おばあちゃんのおかげ。

今は夏みかんの皮とかぽんかんの皮のワックスや農薬のかかっていないものを求めなければなりませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 16, 2005

夏こそヘナで!染める、画く。

妹の髪は長く黒い。そして豊な量はまさに南国的。

Hwaiiに憧れて住人となった時、日焼けしたボディと大きな目、長いまつげ。すらりと伸びた手足は、Hawaiian Girlのようだった。そして髪はいつしか潮風でわずかに栗色を帯びたきれいな色になっていたことを思い出す。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆残念ながら私と似ていない。

そんな彼女の髪にも白髪が目立つようになったなんて、時の流れを感じます。意外にも若くて出てきたのは父に似たのでしょうか。かといって染めるとこはしないようです。いや、単に元気のいい息子たちを追い掛け回して暇がないのかもしれない。

ヘアダイに使われる薬品は昔からよく言われているように、身体にも環境にも好ましくない影響を及ぼすものが多く含まれています。匂いがいくらソフトになったからといって、そのしくみには安易に安心出来かねるものもあるようです。輿のなくなった柔らかい髪が風になびくことを美とする恐ろしさを思ってしまうのも、年と重ねただけのそれなりの経験からもあります。

髪に輿が無くなる。。それが何を意味するのでしょうか。

身体に入った不要なものを女性の身体は子宮に貯めて輩出しようとするという話を聞きました。子宮に関する病気がじわじわと進行する原因の一つだということを、複数の美容師の方が語るのを聞いたこともあります。

今へナ染めがとても広まっているのも実感した人が多いからでしょうか。しかしながら、多くはヘナという名前ばかりで実際は普通の髪染めと大差の無いほど薬品が含まれているといいます。ヘナだけでは黒く染まらないとか、思う色に仕上がりにくい等という欠点をカバーし要望に応じた製品を作ると、どうしても元のもくあみにならざるをえないのかもしれません。

しかしながら、ヘナというハーブのもつ力をしっかりと知って使うことは、とても良い効果を身体にもたらします。インドで使われるヘナ染め。トリートメント効果や頭寒足熱、頭を冷やす作用があるということなど。

7月21日水曜日、「ヘナが気になるけどよくわからない」

ヘナ初心者の方のための髪を自分で染めるコツを伝授してくれる講座があるそうです。

講師は日本でもまだ数少ないアーユルヴェーダのパンチャカルマテクニシャン・アーシャ

ヘナのボディーアートに興味がある人もいいかも。夏は身体に良いtatooで本格的にお洒落に。(あ、これは独断的要望による付け足しなので直接問い合わせてください。)

【初心者の方のためのヘナ講座】

東洋伝承医学研究所(日本アーユルヴェーダ・スクール)
電話:03-3792-2054 e-mail:ayvschool@f04.itscom.net

ちなみに三日後はアーユルヴェーダの「更年期」対応。これも気になる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jul 15, 2005

夏の収穫 にんにく

garlic  にんにくとバジルとトマトとチリペッパーが家で収穫出来たら・・・。

これははまる。にんにくは,はまります。

7月は収穫。間引く際には、にんにくの芽が楽しめますし、新鮮なにんにくって絶品です。

バジルもそろそろ収穫ですから、これで何をしたいかもうおわかりですねーー。

ペーストを作ります。

キッチンがやる気にさせる香りで充満します。

ポテトを作るとちびころが収穫できるのも自作ならでは。素あげにして塩でシンプルに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 14, 2005

かんばんわ♪

kanban 関係ないけどね。カメラ貸したらお礼?にこんなの撮ってきてくれた。

オロナミンCとサラリン錠がないな。

そうか。

お薬の看板っていたるところにあったんだなーと今ごろになってふと思いました。無意識に覚えているものですね。

看板画く人も減っているそうで、お風呂屋さんの富士山と並んで職人というよりアーティストっていうのでしょうか。映画の看板はいつも凄いなと思います。

ポスターってバブル全盛の頃は、やたらに外人モデルだったのが、はじけたとたんに文字とイラストに変わったことがあったのを思い出しました。バーゲン広告真っ盛り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 12, 2005

月下美人 ライブ画像です!

gekkabijinalone

gekkabijin

タイサンボクもそうですが、南国の花は香りが強い。月下美人は刹那的でもあります。今満開のライブ画像。月夜でなければ開けません。が、都会は街灯の明るさで咲いてしまえるようです。半世紀に一度しか咲かないとむかし聞いたことがありまして、海辺のホテルのフロントで「今だけよ」という具合に置いてあったことを思い出しますが、なんのなんの。毎年咲くし、今年はいっぱい咲きました。

今までひとつずつとか二つとかずつ愛でていたので、一夜に7輪は圧巻。

どんなに艶やかに咲いても明日はもう見るも無残になります。

ね、ね。雌しべがぐぐぐーっと前にでているあたり女王様のようですよね。

おしべがわんさと雌しべの足元に集まっているのですが、匂いに誘われて虫が飛んできてくれなきゃ結婚できないのですよ。それも今夜限り。だから強い香りを発して虫を寄せ付けます。早く気付かれないと夜が開けてしまうからです。それにしても何故一夜しか咲かないのでしょうか。そして、

月下美人の実ってどんな味なのでしょう。美人になる魅惑のフルーツかなぁ。gekkabijin

Daring!  I'm here!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jul 10, 2005

水精油 がお勧め!

水精油は精油でもない。

ハイドロソルでもない。

ハイドロエッセンシャルオイル。

精油と違って刺激が少なくて安全性が高い。

故にブレンド後すぐ使えるので、トップノートが新鮮です。アルコールフリーなので肌に優しい。などなど。

不本意ながら界面活性剤などを植物性だと目を瞑って水を油を混ぜるために数的使ったりする必要がない。

くれぐれなる注意書きもうんと少なくてすむのでアロマをケアに使いたい初心者の方にはとても扱いやすいのではないかと思いました。

水精油はもっと突き詰めてお話するとホリスティックケアとエネルギー的な話にたどり着きます。

天然の香りによる調香はどこか微妙で、同じレシピでも製作者によって個性が違う面白さがありますが、ハイドロエッセンシャルはより鮮明のような印象を受けました。Aquaが関係しているのかもしれません。

それにしても香りは本当に深くて魅力溢れる世界です。

今日少年だった香りが、一日たったらハンサムな青年になっていたり。aromaKIF_1042

花を使わないブーケに、次々と花が咲き始めたり。

この奇妙な表現の意味は是非体験していただきものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 09, 2005

脳に馴染む香り

「香水を創って欲しい。」KIF_1081_edited

いろいろとイメージを繰り返す作業は楽しい。

机上の組み立てとは違う思いがけない変化を起こす香りの世界。

今回は手放し気分でフレグランス体験ツアーに出かけました。

複雑な香りのシンフォニーはたくさんのバージョンを体験することが大切。って、私の「師」はそればかりおっしゃいます。数字ではなく経験。

より深くより広く、さらに進むと、いったいどんな音を醸し出すのか、果て知れぬ世界。

分析によって作り出された化学的香りといえども、こんなにもリアルに香っているではないですか、と、いろいろ見聞きしながら一気に広がりが加速する期待感。

香りは、本当に様々な作用をもたらします。

それは今ではすっかり知れわたっているとおり、嗅覚が脳の中枢に最も近く、最もダイレクトに心の中心に影響を及ぼすシステムだからではありますが、第一印象は瞬時。ここがきめて。

そして残り香は忘れられる程度の軽さと鮮やかな映像と共に思い出すほどの深さが欲しい。

いろんな香りに感心しムエットに持ち帰ってやっぱりやっぱり、

自然がくれた香りが脳に馴染みます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 08, 2005

タイサンボク の 包容力

bigflower

ゆふぐれの 泰山木の白花は われのなげきをおほふがごとし  斎藤茂吉

 私がこの花を見つけた時も、哀しい時でした。この花には香りといい、色といい、大きさといい、包容力があるようなのです。日本には無い大きさ、といいますか、樹に咲く花では日本一大きいそうです。そして堅い葉。

本当にびっくりして泣くのをやめたほど。花びら一枚が大人の掌くらいはありました。

 誰かが樹いっぱいに白いハンカチをつけたのだろうか。だったら何故なんだろう・・・。近づいてみて、びっくり。

真っ白で凛として様子とはうらはらな大胆さと、そして風の流れとともに漂う沈丁花かバンマツリに似た香しさ。包まれて、つい今までの嘆きの理由はおろか、そのことさへもすっかり忘れてしまっておりました。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

「泰山木」 タイサンボク というのだそうです。[モクレン科][モクレン属]で確かにモクレンに良く似た花でした。

明治12年アメリカ グラント将軍婦人が来日の際上野公園に植えたそうで、泰山木 は夏の季語だとか。

どおりで名前は聞き覚えがありましたが、見たのは初めてでしたので、なんかもうびっくり。

樹木の花は日本で一番だそうです。

六月の青葉ぬらして降る雨のなかにも匂う大盞木の花     宮原あつ子

*原産地 分布については『自然分布域はフロリダ半島を中心にしたメキシコ湾沿岸の暑い地方で、とくに、ミシシッピー河などの大河の河辺にできた崖や、松しか生えない湿地の周辺などが分布の中心だと書いてありました』 ということでしたが、以下のとおりです。身近な樹木の名前などが気になったときには参考になります。人も花も名前を知るとより親しくなれる気がしますよね。

Osaka12BBB

  タイサンボクについてはまったく初めて見た花でしたので、

大阪百樹さんのサイトを参考にさせていただきました。 ありがとうございます。     

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2005

天然系 シャネルの5番

自然の香りで調香するときはこの上なく楽しい。

友人とああでもない、こうでもないと、空想で香りを組み立て、実際は思い通りにいかなかったり、あるいは思いがけず香しいものになったり。

彼女の創り出す香りは素晴らしい。

複雑な香りでも、極限の数で織り成すことが出来るのは天然の香りのなせる技だというけど。

天然香でシャネルの5番も創ってしまう。鍛え上げた嗅覚で分析して再構築。自然が創り出す5番。

うーーーーーむ。

調香は香りと香りのハーモニー。 いやシンフォニー。そういう域に早くたどりつきたい。

今日は七夕。一年に一度の☆たちの逢瀬。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 05, 2005

Healing

tree

そうか  そうか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 04, 2005

エネルギー補給の径

komici エネルギーが切れてそのままにしていると

キレテしまうよ。

緑のシャワーを浴びにおいで。この径をただ気のすむまで歩いておいで。

おだやかになった頃、家に続く大きな道に出ているだろう。

森の小径。

そこで何かを思い出すんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 02, 2005

人生 

sin

重いタイトルにしてしまいました。すいません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »