« 富士山が東京から見える日 | Main | パーツとしてのアロマ »

Jan 31, 2006

洗剤の香り

まいった・・・。近頃の洗剤の香りのすばらしさよ・・・。

パッケージにまで「香り」が残るとうたっている。いったいどんな人が企画してどんな会議でこの香りが良いということで製品化して大量に世に送り出しのだろう。 毎年上位に輝く「送られて嬉しいお中元」 が洗剤セット。

アロマブームに乗じて「ハーブの香り」とついているものが増えたけどハーブの香りに親しんでいればあれは作られたハーブの香りだということはすぐにわかる。ほんのり香ってわかるくらいなら目をつぶろう。選ぶのは自由だから。合成がいけないという感性が必要とも言わない。

ただ、自然であることを選ぶ理由は何かを思い出すことがなくなっていくのはこういう「匂い」をも「香り」と受け入れる感性なのだろうな。

ストイックである必要はないのかもしれないとちょっと歩み寄ったとたん、一日中軽い頭痛を感じなくてはならないはめになってしまった。

だからといってすぐに石鹸洗剤にしましょうといってもなかなかスイッチできないのは冷たい冬の水に溶けにくい性質とすすぎにくい性質のせい。汚れは石鹸で手洗いが一番落ちる。

むだな漂白は不要。と実感しているけど、自動に慣らされた時間の中ではよっぽどでなければ移行しにくい。

私もかつてそうだったし、はっきり言って今だって手軽な誘惑には弱い。だからよりナチュラルなのに手軽な仕上げを求めるならこの洗剤だな。あるとしたら大豆の香り。なので香りがなくて寂しければラベンダーやレモンなど好きな精油でアロマなお洗濯時間を醸し出せる。

私も確かにこんな洗剤ならお中元にお歳暮に嬉しいけど。

冷たい水にも溶けやすい粉石けんサンダーアイボリー 3kg手作りの洗剤!サンダーレッドから出た、冷たい水用!!

アロマ関係のblogを見て‘ナチュラル`を考えよう

banner_02

いつもポチ♪ありがとうございます。

|

« 富士山が東京から見える日 | Main | パーツとしてのアロマ »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58481/8432770

Listed below are links to weblogs that reference 洗剤の香り:

« 富士山が東京から見える日 | Main | パーツとしてのアロマ »