« July 2006 | Main | September 2006 »

Aug 30, 2006

夏終焉のオーケストラ

Akisora 夏だけは、8月31日までという気がします。

どんなに暑くても9月は夏に別れを告げなくてはいけない。

新学期が9月からだからかなぁ?

8月終わり近い夕暮れ、ふと見上げると、湧き上がる入道雲はもうそこにはなくて、空高くうろこ雲だ。

まだミンミンゼミの声に夏の幻を追いかけていていも、ツクツクボウシが終焉を告げる。

それから念を押すように、夜も更ける頃にはまだかすかなコオロギの声。

熱かったなぁ、今年も。

Continue reading "夏終焉のオーケストラ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 22, 2006

パセリ 三兄弟!?

Kif_2706 虫も喰わないような野菜はまずいってことだ。

うーーーんと昔、虫を見て騒ぐ私に父がそう云った。

そうだろうか・・・・。だって、手元で有機で大事に育ている紫蘇はきれいだけど、ここにある紫蘇は穴だらけ。よく見るとバッタがいっぱいいるじゃない。

仕方ない・・・、バッタの食べ残りを摘んで薬味にする。

でも、考えてみたら、紫蘇にとってはバッタより私の方が天敵。ごっそり持って行くんだから。ね。

パセリもここに来た時にあったら便利だしと植えておいたら、キアゲハにクチコミで拡がってしまった。
初めて一匹見つけた時は嬉しかったので日記に書いた。

けど・・・・。
ナンダヨーーーー。おまえら・・・・。私のパセリ。これでパセリ水も出来ない。楽しみにしてたんだぞ。

側をヒラヒラと蝶が舞う。君達の全員が空を飛べるとは限らない・・・かもしれない。

いいよ・・・。今年はパセリあげるよ。みんな薬まかれちゃうから、もう食べられるパセリも少なかろう。
きっと蝶になれよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 18, 2006

痛みにクレイ 水精油の使い方

動物達は怪我や不調にクレイを使う。Yellowcray 

科学はありがたい。何の何が何に効く。
デジタルデータが示すのでなにしろ即効感が強い。

・・・気がする

これは大事!

でも、常用は禁物です。改善の他には、体力によっては患部から遠い場所で支障をきたしてしまったり、痛み止めに含まれる成分が鎮痛以上に筋肉を弱らせてしまったりしたというデータだってあります。

たとえば、風邪でもないのにやたら咳きこんだりしたら、もしかして足首とか肩に何かシップしてませんかと疑ってみるのも。

ものすごく大雑把ですが、

「市販の湿布薬なら痛みを麻痺させて楽にしてくれるけど、クレイは「悪いもの」を吸収して、洗い流してだんだんよくなるよ。」、
昔スキーで負傷した手首のあたりの古傷が、別のスポーツで目覚めたらしい。
クレイをローズマリー、ラベンダー、ペパーミントの水精油でペースト状にし、ガーゼで湿布する。

ね、ひんやりとして気持ちいい。でしょ?

朝にはパリパリになった泥を洗い流す。悪いところをみんな持っていってくれたような気になります。こういう治し方は即効力とは違い、一気に痛みがしなくなるというよりは、
体に向けて「ここを早く復活させようぜ!
」と働きかけている感じ。

クレイパックをするとき、水精油はとても便利なので宣伝します。
患部に直接触れるとき精油だと刺激が心配、でもハイドロゾルだけでは物足りない。

精油成分と水溶成分の両方あるから面倒だけど薬はいやだし・・という人には特によいよなぁとまた、思うのでした。

banner_02

いつもポチありがとうね。ほんと励みになります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 09, 2006

あせもにクレイとセントジョンズワート

Asemo 暑い夏を嬉しく感じるほど、雨が長かった・・・。

ここ一週間は熱帯夜。
でも、できるだけエアコンにたよらないようにしています。

真夏に凍えながら長袖を羽織ったりするおかしな夏を過ごすうち、いつのまにか汗をかくことがなくなっていました。

エアコンをオンにすることが当たり前な日常の異常をやめてから、ようやく夏のゆるやかな風を感じ、心地良いという感触が呼び戻されて来たこの頃。

Continue reading "あせもにクレイとセントジョンズワート"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 04, 2006

片手で本を読むとき

Thumthing エ!?これ便利かも。

本を読むのは机のある場所とは限らない。

なくてもいいけど、あったら便利。
親指と小指でページを抑えていると、やがて小指が痛くなってくる。

-----なんかいいのないかなーと思っていたときの話やけど・・。

Bookpinch

出来るだけ手は自由に、あるいは楽して本読む。書きながら読む。打ちながら読む。食べながら読む。作りながら読む。歩きながら読む(危険!)

携帯で読める時代とはいえ、PCから離れる時くらいは、電磁派から離れてアナログな文字が良い。第一スクロールから手が離せなくなるではないか。

パラリとページをめくる労力をまだ惜しまずにいられるのは、
たぶんスクロールでは得られないワクワク感があるから。

グワシのようにして片手で本を読むのか

350円のグッヅを使って読むのかは

自由だーー!

でも・・・抑える暇も無いほどの早さで読むスピードのつけた方が速いで・・。

Continue reading "片手で本を読むとき"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »