« August 2006 | Main | October 2006 »

Sep 30, 2006

香水

Perfume

「香水」を読むとかつての香りの素材に彷彿とさせられます。
化学によって分子レベルで合成したものを、
組み立てて作り出せるの現代とは違い、18世紀の香水つくりは
創造力と想像力の芸術。

花や根や木の露をあわせてブレンドするだけではなく、猫の肛門とか
鹿の陰嚢とかからほんのちょっぴりだけ使おうと思ったきっかけがすごいじゃないかと思うのです。

現代だとジャスミンの鎮静成分と糞便の匂いが同じだと確認できるのdすが、それを嗅覚で使っていたと思うとびっくりです。

未熟な私の場合、香水が面白いのは出来た時に失敗だーと思ったとしても、
しばらく置いておくとオヤ!?と思う香りに変わっていること。で、
哀しいことにそういう時にかぎってレシピがわからなくなってしまったりしていること。

banner_02

応援ポチ<(_ _)>ありがとう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sep 29, 2006

昆虫記 「カモフラージュ」

Kif_2925 昆虫図鑑さんによるとヨモギエダシャクっていう蛾の幼虫らしいです。

シャクトリのように移動していたのに
近づくとピンと立って他の枝そっくり。
これはシソの枝ですが、
見てなかったら、握っちゃうじゃないかぁ!

グニャッってならったらガッカリダヨー!

生きる智恵ですかねー。ムシたちも。

Continue reading "昆虫記 「カモフラージュ」"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 27, 2006

昆虫記 「正真正銘ウェッブ・サイト!」

Jorokumo Photowebsiteとかwww.のウェッブはクモの糸。

昨日は巣をはらないクモ。
巣を張るクモの糸は本当に見事ですが、かかった獲物はぐるぐる巻きにしておかれてあります。
ロードオブザリングの一場面を思い出すと、自分が蝶の気分にでもなってぞっとします。

でも、クモにしてみれ死活問題。

あたれば大忙しだけど、待つのが人生。いや蜘蛛生。
せっかく張った芸術を一撃で壊す人間の傲慢さは共存のためということで、許せ!
ここはやめて!というかわりにあきらめてもらうしかないのです。

ここは!私の通り道!

Continue reading "昆虫記 「正真正銘ウェッブ・サイト!」"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 25, 2006

昆虫記 主-ヌシ-

Bigkumo 久々に訪れた場所にすっごいおっきいクモが・・・。

手をいっぱい広げたくらいあります。
きっとゴキも食べてくれるに違いない!!!!!
そう思うとね、頼もしくはあるけど、

ちょっとね。腰が抜けそう。
でも

でも、このくらいになると話が通じるに違いない。と本気で思うしかない。

banner_02

虫はちょっとねー・・・。って躊躇しますよね。ポチ。ごめん。

Continue reading "昆虫記 主-ヌシ-"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 23, 2006

昆虫記 読書の秋!?

  Kamashadow

昼間、窓にはりついてじっとしていたカマキリ氏。

おっとこんなことろで夜はお勉強中かな?

生まれたばかりのカマキリって知ってる?

ちっちゃくて白っぽい。
いっちょまえなカマキリ。でも赤ちゃん。

Continue reading "昆虫記 読書の秋!?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

昆虫記 プロポーズはおんぶ 

Kif_2916 オンブバッタ

年は非常に遭遇したバッタ。
昨年は車にまよいこんだバッタを大事に連れ帰るほど珍しかったのに。

特に庭のシソの葉とレモンバームはバッタたちのパラダイスだったようです。
・・まったく、私がバッタの食べ残しを食べるはめになるなんて。

いい匂いの青くて柔らかい草が好きなのでしょう。

おんぶしているバッタは、親子じゃなくて、いわゆる婚約中かプロポーズ中。
またいつ会えるかわからないのでメスの背中にのってその時を待っているのだそうです。

小さい方がオスなのです。

そして、栄養源にされるのかなあ。

banner_02

←参加しています。応援お願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 19, 2006

【マンダラ】を塗る 

曼荼羅塗り絵をしました。

塗り絵が好きなわけではなく、セミナーを優先的に聞く権利を得るのがきっかけでしたのに、塗り始めてわかる、不思議な曼荼羅の世界。

講師の正木 昇先生の意図で、講座は曼荼羅を塗る体験をして聞いて欲しいという企画の一環とのこと。

塗ってみると、確かにその意図に沿うように、一番最初にどの色をどこに置いてゆくかという悩みから始まり、隣り合わせの色の組み合わせ、順番、相対等々。いつしか引き込まれてゆく行程に、いつしか夢中になっていたようです。

もしかして、夢中とは、一種の瞑想のことだったのかも。Kif_2847_1

いったいどんな絵に仕上がるか。

まるで自分の中を覗き見る・・。マンダラ塗り絵には自己の内面を浮き出させる効果もあるということでした。

実際に何十人ものマンダラの塗り絵を見せていただきましたが、一つのパターンに対してもどれ一つとして同じものはなく、繰り広げられる世界は千差万別。それが人それぞれが持つ個性であり、その絵を集めればまた一つのマンダラができることでしょう。

よく「ジコチュウ」という言葉で、自分中心であることを非難するように使われますが、これらのマンダラを見ていると、人は或る意味、自分が自分の真中にいて当然なんだという感じもします。

例えば週に一度、同じパターンを半年間塗り続けると、自分の内面の変遷を見る術としても使えます。

色をあわせていく作業が、いつしか宇宙観などというものに馳せていることに気が付いたりすると、
国や民族によって違う色彩や形や表現ですが、遠い遠い昔、現代よりもずっと創造性に富み、研ぎ澄まされた感性を持ち、今よりもずっと少ないであろう言葉と科学の知識で見たことのない宇宙を説明すると、このような神々の世界が繰り広げられたのでしょうか。

テレビで、科学で宇宙を見てしまったら、「宇宙」が指し示す世界はかえって闇の色に限定されてしまうのかもしれません。

そういえば、「宇宙の本当の色は黄色」・・だとか、何かのサイエンスニュースで見たな・・・・。

  

banner_02

←あなたの言葉が励みになりました。参加しています。

Continue reading "【マンダラ】を塗る "

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 16, 2006

ミイラ作りに学ぶ。血が出た!ら何を使うか・・

Kif_2906 あ”

と思った時は後のまつりでした。早く食べたくて、気がせいて、つい切れない包丁をそのまま、釣果のおすそ分けにいただいたメバルをさばいている時、それはおこったのでした。

さてさて、けっこうばっさり。痛みはほとんどないのですが、しかしはお約束とおり溢れ出てくる・・・・・。夕食の時間は迫る。

止血。殺菌消毒。組織の再生を促進する。何がいいだろう。

たいていの精油には殺菌作用がありますが、一押しの殺菌隊をあげるとしたら、ティートリーついでユーカリー、ジュニパー、ローズマリー、タイム、クローブ、ペパーミント、ベンゾイン等々。しかし、沁みそうでもあります。ラベンダーかなぁ。いやいや、もっとビシッと効いて欲しいような。
ただ、まずは
止血の必要性。早く傷口が閉じて欲しいこと。Kif_2873匂いがきつくないこと。

☆ミルラは古代エジプトでミイラ作りに使われた植物。ギリシャの兵士はこれを蜜蝋で軟膏にして戦地へ向かったといいます。何より深い鎮静作用もあり、傷を治すことから珍重され、儀式にも使われ、
有名な話はイエスキリストの誕生の際三賢者が贈り物として携えた中の一品として伝えられていること。--------そこでミルラ。

私が使ったのはレジノイドというタイプ。水蒸気蒸留法もありますが、レジノイドは溶剤抽出法で採取されたものです。溶剤の残留性を気にされることもあるレジノイドは、血の色のようで粘性があり、一件効きそう。
実際、かなりよい調子で、ただいま痛みも無くみるみる治癒に向かっております。


ミルラは砂漠の樹からとれる樹脂。
じゅくじゅく水虫とかゼーゼーいう咳やじゅるじゅるした鼻水など、水分過多な症状を緩和したい時に。

匂いは土っぽく重いのでペパーミントやユーカリを合わせた蜜蝋軟膏を作っておくと良いかもしれません。
下痢にはおおさじ一杯のオイルに1滴いれてお腹を時計周りにマッサージでしょう。

banner_02

こちらはもっと為になる日本全国アロマな話。

Continue reading "ミイラ作りに学ぶ。血が出た!ら何を使うか・・"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 09, 2006

水精油は真空低温蒸留

水精油って何ですか?

_003

芳香蒸留水じゃないの?

精油を水にこまかぁくして混ぜたもの?

・・・・・・・・・・・・・よくわからないから、ま、いいや。

水精油(ハイドロエッセンシャル)を使ってみて、その手軽さ、香りの良さをどう伝えようかと考えています。

  • アロマを使いたいけど扱いがわからない初心者の方。
  • アロマが好きだけど子供がいるので・・と誤解している人
  • 薬に疑問。でも精油はお年よりには強すぎるのではと懸念している人
  • アロマ歴はけっこうあるけど、最近管理が面倒だと感じ始めている人
  • 精油のホリスティック性に気付き始めた人

ご存知のように香りは熱で変化してしまいます。そう考えると蒸留という過程は香り成分に幾分の変質をもたらしていますし、精油は水溶性と油溶性のうちの一つなので
全体論という考え方からもちょっとずれてしまいます。

香りには嗜好性があります。いくら水精油のライラックやヒヤシンスは、
まさしく花のしずくのようです。
ミントは3杯に薄めて目を洗うととてもすっきりします。

しかも
ハイドロソルでは水溶性成分のみですが、ハイドロエッセンシャルになると精油成分も
含まれているので、まさに植物の力だと感じます。

でも、じゃあどこで入手すればよいか。そう思っていましたらこんなニュースでてましたのでご紹介しておきます。

健康・美容ビジネスニュース 【健康ビジネスEXPO】: 天然ハーブを真空低温蒸留した水精油.

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Sep 06, 2006

幻のチーズケーキ

Cheese 幻のチーズケーキというのがあって、もう何ヶ月も前から注文にトライするのですが、買うことが出来ません。

お店に行っても買えなチーズケーキって、
いったいどんな味なのか?!誰が買っているのか!?

食べた方、美味しかったですか?

気になって気になって、売り込み作戦だと知りながら、体験するまではトライしようとか、人々の熱が冷めるのを待とうとか、
食いしん坊にとって
         待つことはソースのようなもの。とかと思っていました。

お店の方へ・・・食いしん坊の限界はけっこうすぐです。だから、三回トライして外れた人は優先してくださいませ。

お蔭様で、ついに自分で焼いてしまった。
しかも、今年母が摘んで送ってくれたブルベリーなど入れて。

そうです。今度いつ焼くかわからない、正真正銘「幻」のチーズケーキ

ちなみにネット限定の幻のチーズケーキはここからみれます。でも今注文するのは 9/30発送分。
既に売れきれですが。
・・・・・あ、私のチャンスがまた減ってしまうので、気にしないでください。

自分で焼いたお菓子のメリットはたくさん食べられること。
自分で焼くのとトライして手に入れるのとどのくらいの満足感の差があるのか。
それも知りたい要因となって「幻」へのモチベーションが又高まってしまいそうです。

banner_02

ポチッの一つで今日も元気になりまする。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 02, 2006

バジルの力

   Basileharvest_1 Basileseed

9月になって、一気に気温がさがりました。

カレンダーをめくったとたんに、やっぱり秋らしい風が吹くので、毎年そのことだけは印象的。
夕べ、洗いものをする水の冷たさに「秋だなあ」と思っていたら、開いた窓からひんやりした風にちょっと胸がキュン。

なんて感傷にフケっていると老けてしまう!と焦る歳でもあります。

そうそう!!!秋はなんてったて収穫の秋!食の秋!

  バジルシード    バジルシードダイエット  バジルデザートレシピ バジルペ-スト

と私もずいぶんバジルに執着しているものだとあきれますが、あのバジル もついに種を収穫する季節になりました。Basileseed_2 あたたかければ冬も越しますが日本ではたいていここで終わり。来年の為に採っておきます。

美味しい葉っぱを食べるためにも、良い種を採るためにも、バジルの栄養はしっかり!

この一つ一つの小さな種の一個が又何百倍もの種を作り出すバジルになるのですが、
命ってすごいもんだ。とバジルの香りに元気をもらった上に
いろんなことを教わるのでした。

Continue reading "バジルの力"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »