« 昆虫記 「カモフラージュ」 | Main | アロマピクルス »

Sep 30, 2006

香水

Perfume

「香水」を読むとかつての香りの素材に彷彿とさせられます。
化学によって分子レベルで合成したものを、
組み立てて作り出せるの現代とは違い、18世紀の香水つくりは
創造力と想像力の芸術。

花や根や木の露をあわせてブレンドするだけではなく、猫の肛門とか
鹿の陰嚢とかからほんのちょっぴりだけ使おうと思ったきっかけがすごいじゃないかと思うのです。

現代だとジャスミンの鎮静成分と糞便の匂いが同じだと確認できるのdすが、それを嗅覚で使っていたと思うとびっくりです。

未熟な私の場合、香水が面白いのは出来た時に失敗だーと思ったとしても、
しばらく置いておくとオヤ!?と思う香りに変わっていること。で、
哀しいことにそういう時にかぎってレシピがわからなくなってしまったりしていること。

banner_02

応援ポチ<(_ _)>ありがとう。

|

« 昆虫記 「カモフラージュ」 | Main | アロマピクルス »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

香りの妙は素晴らしいですよね。
レシピを忘れないようにしたいものです。

香水に動物性のものを使うのが良かったのかも。
少し楽しむために調合する秋の夜長もいいです。
満月の夜にでも。

Posted by: takako | Oct 01, 2006 at 04:08 PM

あ・・、そういえばもうすぐ仲秋の名月。くゆらす香を調香するのもいいですね。

Posted by: Robin | Oct 05, 2006 at 08:56 AM

お薦めのアロマのお店を見つけたので紹介しますね!
イン ザ ビューティ と言うネット販売のお店です。海外から直輸入しているので、とにかく安いです。品質検査もしており安心です。ぜひネットでご覧になって下さい!!

Posted by: rie | Oct 06, 2006 at 06:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58481/12020641

Listed below are links to weblogs that reference 香水:

« 昆虫記 「カモフラージュ」 | Main | アロマピクルス »