« オイルセラピー ひまし油 | Main | ミロバラン 蝉の訶梨勒-せみのかりろく »

Nov 27, 2006

合成オンパレード

今話題の椿オイルは日本人にとてもよくあうオイルです。
それに真っ赤な花弁に白と黄色の大きなオシベがポイントの、
風情ある侘助やシャネルでおなじみのカメリア咲きの椿も大好き。

Kif_0238ところで、「椿オイルと配合」ときくだけでとっても髪によさそうです。
でも、「植物由来」とうたわれる市販のシャンプーでも、
よおく目を凝らして、小さな文字をいくつか追うだけで、
それらのほとんどは合成であることに落胆することはしょっちゅう。

たとえわかっていても、コマーシャルの魔力は絶大だと、
脱帽しそうになることなども又又しょっちゅうです。

。...。...。...。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。...。...。...。...。

界面活性剤は、水と油を結びつける仲人で、
油脂汚れを水に馴染ませて落としたり、
水と油を乳化させ、皮膚に浸透しやくすることに大きく貢献します。

石鹸もこの界面活性剤は化学反応によって生成されますが、
石油由来の合成界面活性剤に比べると作用は、はるかに優しく、
微生物にとって分解可能なことでは、環境にも負担が少ないといえるでしょう。

皮膚にはもともとバリアーなるものがはられており、
外界からの異物の侵入を防ぐ役目を果たしています。
ところが水分や、肌に栄養しようとする物質分子が大きいと、はじかれてしまい内部に行き渡らせることが出来ないために、乳化剤を使用して関門を通り抜けさせることで皮膚の奥へと浸透させて、
お肌を若く美しく保ちましょう!というのがクリームや乳液。

Kameria11 しかし、実はこのことを過信するあまりに、
過剰な栄養がかえって肌組織を傷めたり、自らコントロールする能力を弱めてしまうことになることも考えられます。

本来は、「食べる」ことによって消化器官を通って分解されて、
肝臓を経て内側より運ばれてくるたんぱく物質を
界面活性剤等の力を借りて、ダイレクトに皮膚から補給することは、
皮膚の自浄作用や保湿システム、バリヤー機能を低下させてしまい、
循環システムを狂わせトラブルの原因になったりしていることがあるといいます。
クリームの使用を止めることで改善する例もよく耳にします。

合成によるシャンプー、リンス、トリートメント、ヘアダイ、スプレー等々。

--------頭皮は体の中でも、最も多くの毛穴が集まっている場所。

ここから吸収された合成物質が、体外へ排泄されず、
体のどこかにじわじわと溜まっていくというのです。

そして、それは、いずれなんらかのトラブルを引き起こすことになりますが、
女性の場合は多くは子宮に集められ、その結果、
「近頃の羊水は合成シャンプーの匂いがする。」という助産婦さんの話などは、
聞かれたことがあるかも知れません。

どんなに選択枝が増えようとも、選ぶのは自分。
しかしその結果は女性であるならば、次の世代へと引き継がれる可能性はより大です。

「日本の女性に、ごめんなさい。」 合成シャンプーの典型.

記事より抜粋

「シャンプー、コンディショナー、トリートメントの成分をすべてチェックしてみたら、合成界面活性剤は、TSUBAKI シャンプー(全29成分)は9~10種類、TSUBAKI コンディショナー(全25成分)は4種類、TSUBAKI トリートメント(全30成分)は5種類だった。そのほか合成ポリマー、防腐剤、防カビ剤、酸化防止剤、紫外線吸収剤、法定色素、香料、他の毒性物質も チェックした。

普通に備わっている身体の力を、
健康な人までがいつのまにか忘れているみたいですね。

|

« オイルセラピー ひまし油 | Main | ミロバラン 蝉の訶梨勒-せみのかりろく »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

私の大叔母は、長年の染髪が原因による再生不良性貧血で亡くなりました。髪の毛穴から吸収されることの恐ろしさを実感した出来事でした。

世の中、物騒な成分が結構ありますよね。漫然と使用してはキケンですねぇ。(u_u*)

Posted by: Kaori | Nov 27, 2006 at 11:38 PM

おはようございます。

生命を繋ぐためのマイナスの美学、アポトーシス。
プログラム化された細胞死のことをいいます。

与えすぎず・・・は大切ですよね。

Robinさん、いつも応援しています。いってきま~す!

Posted by: yumi | Nov 28, 2006 at 07:43 AM

kaoriさん、コメントありがとうございます。
シャンプーの恐ろしさをコンコンと聞かされたのは、私も子宮癌と診断され、その後奇跡の生還をされた元美容師の方からでした。

自分の使用している量は微々たるものだという個々の勝手な尺度が落とし穴ですね。
 

Posted by: Robin | Nov 28, 2006 at 11:06 PM

yumiさん、行ってらっしゃ~い。というか、おかえりなさ~い。かもしれませんね。
擬人化して覚えた免役システムのお話!
なぜか感動的でお話として聞くのが好きな分野。単なる擬人化とはいえ、意味深いものがあります。
深まる秋の風情にもプログラムされていたんですね。

からだは知るほどに脅威です。

Posted by: Robin | Nov 29, 2006 at 12:06 AM

危険ですよね~
といいながら普通のシャンプーを使って反省しました。
そうよね・・・・・・。
勉強になりますわ。
自分を大事にするということは、地球を大事にするということですよね。

Posted by: takako | Nov 30, 2006 at 07:47 AM

takakoさん、石鹸の方が髪が良くなるのには、あきれました。
なあんだー。って。
自分を大事にする=地球を大事にする
は、近頃、誤解する方が多い様で心配。

地球を大事にすることは
自分と自分の大切なものを大事にすること。

こっちかな~。という気もします。

Posted by: Robin | Nov 30, 2006 at 10:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オイルセラピー ひまし油 | Main | ミロバラン 蝉の訶梨勒-せみのかりろく »