« 痛みを想像できる脳に | Main | 合成オンパレード »

Nov 26, 2006

オイルセラピー ひまし油

Kif_3184 アロマトリートメントの際、大切な役割を担うオイル。

多くの日本人にとって、油を体に塗るのはサンタンオイルくらいでした。天麩羅の時に鍋に油をたっぷり注いぐのには慣れていても、
全身にオイルを塗ることに抵抗を感じる人はまだ多いようです。

インドのアーユルヴェーダでは、なんと目を洗います。
ネートラといって以前に体験。感想をこちらに書きました。

キャリアオイルという呼び方は、
アロマトリートメントする際の精油成分の経皮吸収を促す為にオイルに稀釈するところからです。

植物性オイルは種から採る成分ですが、それは次世代が発芽するために必要な、
太陽から作られ蓄えられたエネルギー成分。
それをいただいて人間の健康に使わせてもらってるわけですが、太陽エネルギーの賜物というと
それだけで力が湧く気分です。

Kif_3185_1 

さて、アロマセラピーのトリートメントでは粘性が強いためにあまり使われないヒマシ油。
カスター油ともいいますが、この蜂蜜のようにとろりとしたひまし油は、
フランネル等に染み込ませて肝臓のあたりに温湿布すると非常によい効果があります。

しかし、年輩の方には下剤としてのイメージが強く、さらになかなか油を体につけるのをいやがったり、温めながら寝るというのを面倒がって出来ない人の為に、即席ひまし油湿布用軟膏を作ってみました。
精油はその方の症状に合わせてブレンド。

他にはマカデミアナッツオイル、体温で溶けるココアバターも入れてあります。

カサカサのかかとやハンドクリームはもちろんでしたが、
お腹にたっぷり塗って時計周りにマッサージをした後、できるだけホカホカにして寝ます。

はい、そうです、便秘対策。
実験結果、三日目にゆるやかなお通じ。
強力な場合、亜麻仁油をスプーン一杯飲みます。

実は「キリストの御手」という異名をとるひまし油のヒーリング効果は様々な報告があり、
痛み止め、排泄の促進、「イボタコが消えた」とか「間接の痛みが消えた」「筋腫が消えた」等々。
オイルのもつ驚くべき作用に、びっくりしながらグルグル軟膏をかき混ぜていました。

ひまし油湿布のやり方 がイラストで説明されています。ご興味ある方はどうぞ。
ハーブリープさんのブログからお借りしました。

|

« 痛みを想像できる脳に | Main | 合成オンパレード »

ハンドメイドケア」カテゴリの記事

Comments

人間はオイルで喜ぶ体なのだそうですよ。
だから、お肉が美味しく感じられるらしいです。
面白いですね。
進化の過程らしいです。

Posted by: takako | Nov 26, 2006 at 09:42 PM

とても偶然なのですが
土曜日(25日)に、この療法に使いたいとおっしゃって
「ひまし油」を買いに来られたお客様がおられます。
最初は、マッサージに使うと言われたので
「マッサージに使うには、重すぎるオイルですけど・・・?」
と不審に思ったのですが、良くお話しを聞いてみると
このハーブリーブさんのブログのようなことを説明されました。
局方品のひまし油ですが抽出法について「冷却圧搾」の文字が無いということで、購入されなかったのですが。。。
お客様から勉強させていただく事は多いですね。
もっと積極的に教えていただけば良かった!

Posted by: 吉岡 | Nov 27, 2006 at 11:53 AM

takakoさん、「オイルを喜ぶ体」というのですねー。気持ち良いですものねー。感触的なものではなく?効能的なものでそういうのですか?
お肉が美味しく感じられなくなったら進化のスピードが落ちているということ?
ステーキのヘッドの部分とか、ばら肉とか好きですが、
とっても興味のある表現です。
takakoさん、いつもサラッと私のつぼに触れて行かれます。また考えちゃう。

Posted by: Robin | Nov 27, 2006 at 08:24 PM

吉岡さん、いろんな方がいて本当に人に会うだけでもたくさんのことを
教えてもらえる気がします。
実は採取法のことも言及していたのですが油好きの私にはそれだけで話しがそれてしまいそうになりました。
吉岡さんが作られるひまし油のシャンプーを気に入るだけのわけが、ひまし油にはあるんですねー。
魔法のオイル、いろいろ試して驚きたいと思っています。

Posted by: Robin | Nov 27, 2006 at 08:37 PM

Robinさん、はじめまして。
いつも、読ませていただいていましたが、初コメントです♪
ちょうど、先日アーユルヴェーダのセミナーにいってきて
ひまし油の話題が出たんです。
私自身はひまし油をつかったことないのですが、
そんな効果があるなんて!
写真もとても美しい・・・白いうずまきが。
また遊びに来ます。応援ぽちっ。

Posted by: tomomi | Nov 29, 2006 at 01:35 PM

tomomiさん、発コメントと応援ポチ、ありがとうございます。
ひまし油の凄さを知らなかったことにショックを受けるほど、凄いオイルってことです。だからって使いすぎてはいけないのもオイルです。
3日使ったら4日休むんですって。
どうぞ、遊びにいらしてくださいませ。

Posted by: Robin | Nov 29, 2006 at 09:33 PM

Robinさん、こんにちわ。
束の間の休息です。書き込みページを探していました・・・

ひまし油のお話。嬉しくなりました。
ケーシーの哲学、貫かれた原理が好きです。
まず、いらない毒素を捨て、循環を良くし、同化させるために
酵素や、補酵素、エネルギーを活性化させ
睡眠と休息をしっかり確保しましょう・・・と単純に理解しています。
こんな当たり前のことを今の時代は、
声を大にして訴えなければならない状況に遭遇することがありますよね。

お話は飛びますが鮟鱇鍋の会(3月に皆で一緒にいただく同級生の会)の今夜は、忘年会に出かけます。仕事が一段落してほっとしています。

Posted by: yumi | Dec 16, 2006 at 05:22 PM

yumiさん、こちらにもコメントありがとうございます。
鮟鱇鍋、いかがでした?特別に食べ物の名前をつけて食べる会っていいですね。私は鍋よりその前に出される肝が好きです。
イベント目白押しの季節ですね。太りそう。

排泄の重要性を感じます。
現代の生活は食べ物も情報も物質も摂取過多、排泄不良です。

ケイシーの答えの中に「あなたが有効だと思えばすればいい。」というのがありました。なるほど。プラシーヴォ、重要な要素です。

Posted by: Robin | Dec 17, 2006 at 02:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 痛みを想像できる脳に | Main | 合成オンパレード »