« アロマスマッジング | Main |  お寺のモーツァルト »

Nov 03, 2006

アロマで便秘は治せる?

Benpi_2 「便秘」に悩む人はどれほど多いだろか。
そして、向き合っている人はというとどのくらいでしょうか。

出なくなったらピンクの強い味方。と何度思ったことでしょう。
今でもまだ思います。でもその前に

さて、アロマで便秘はせるのでしょうか。

答えは、全体的にはNOだと思います。
便秘の度合いにもよりますが、ストレスからくる緊張性の場合には、リラクゼーションすることで
排泄を促せますが、慢性はライフスタイルの見直しが絶対に必要。

でも、香りにこだわることは大切なことです。
意識するとしないに関わらず、香ってくるものは鼻から入り、
まわりまわって体に反映しているからです。

たとえば、普段水分をとることが少ない人は、腸が乾燥状態にあることで、
潤いがなくなり便が固くなり出にくくなっていることがあります。

体の中の水分は循環しています。

意識してお茶をいつもより多めに飲み、解毒を促す気持ちで。
その時、香るお茶を作ってみます。

たとえばもし、お腹が張っているようならフェンネルシード。
それから冷えているならお腹に熱が集まりすぎて水分が少なくなっているかもしれません。
シナモンスティックくだいて少し足します。くつろげる時間なら薔薇の香りなど。
排便を促す作用も備わっています。


リンゴの皮やオレンジの皮も香りを添えます。
無農薬の果物を手にいれたら皮を乾燥させて保存も。
鬱な気分ならペパーミントでちょっとさわやかさをプラスしたり。

いつもの飲み物でもちょっと変化を加えてみればけっこう「効く」ことがあります。

まずは手軽にティータイムの利用で気分な便秘対策その1。

|

« アロマスマッジング | Main |  お寺のモーツァルト »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

いつも楽しく拝見させていただいています。
普段は快調なのですが、これから泊まりで出かけますので
今からご紹介のハーブをブレンドします。
  
お話、とてもよくわかります。
ライフスタイルすべてを見直していかないと
身体の状況は良いサイクルに乗っかってくれませんものね。
          


Posted by: yumi | Nov 03, 2006 at 05:24 PM

yumiさま
なってみて初めてその辛さがわかりますのね。
私も快腸派。
・・・だとばかり思っていました。
便秘薬で生きているような人も知っています。が、
「いったい体は何を私に伝えているんだろう。」って考えながら
策を練るのもなかなか面白いです。
現代は便秘薬という切り札があることですし。

Posted by: Robin | Nov 04, 2006 at 02:55 AM

写真の白く見える小さな物は、何だろうと思っていたら
これが、フェンネルシードかな?
こんな風に、自分の体と向き合いながらオリジナルなブレンドを考える・・・ 素敵な時間ですね。シナモン(桂皮)は漢方でも良く使います。体を温めたり、機能を回復してくれたり。味も香りも大好きです。

Posted by: 吉岡 | Nov 04, 2006 at 11:24 AM

私も便秘です。朝が忙しいからでしょうか。
毎日でたいものです。
本当は。
だすものださないと、気分も悪くなりますよね。

休日の前の夜は、翌日すっきりさせます。

Posted by: takako | Nov 05, 2006 at 08:31 PM

吉岡さま、昔、フェンネルだけのお茶をいただいて美味しかったことを思い出しました。しばらく忘れていましたが、また好きになっています。体が欲してる状態なのかもしれません。桂枝芍薬とかの桂枝ですね。漢字が並んでいてなじみにくいと思っていたのですが、一つ一つ知るとなるほど。
漢方のことを知ってハーブをブレンドするのがとっても気になっています。
そういえばお母様に煎じて差し上げてましたよね。漢方のことを知りたいです。

Posted by: Robin | Nov 06, 2006 at 02:12 AM

takakoさま。便秘ってどのくら気にしないでいて、どのくらい気にすればよいのか、そんなこと考えています。みなさん普通に「便秘」っていうのですがどのくらいの度合いで言っているのでしょう。
「週末に出します。」とコントロールされるのもプロ意識ですねー。やはり定期的に薬を使って体の負担を軽くすることは大切なのことなのでしょうね。うーーん。どこで見極めればいいでしょう。

Posted by: Robin | Nov 06, 2006 at 02:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アロマスマッジング | Main |  お寺のモーツァルト »