« 光の上、光の中 | Main | a treasure  »

Dec 09, 2006

アロマ手箱 机上タイムスリップ

Fudebako-- いつだって、どこだって香り空間は作り出せます。--

大勢の中にいて、そこに溶け込むのも楽しいけれど、
時々オーダーメイドなプライベート空間を作りたい時があります。

例えば・・・、受講中とか図書館とか試験とか。
そういえば、人のたくさんいる場所で「待っている」時もそうです。
視覚的グリッドは、目を閉じること。
聴覚的にはヘッドフォン等で音楽にひたる方法。

嗅覚的スペースなら、目的の香り(鎮静、リフレッシュなど)を嗅ぐだけでも効果があります。

Kif_3188_1

筆箱を木にしたのは、そんなわけがありました。

そうです!

小さな香り空間。

その思惑は期待以上でした。
というのは、
蓋を開けて飛び出す香りは、時間を超えてまでも脳を刺激してくれたようです。

自分ために仕込んだ香りは、
その木製の筆箱の蓋を開けるたびエール送ってくれましたが、
あれから時間が経過して、何気なく開いた蓋から、閉ざされ木の箱の中でまろやかさを帯びた香りが、
あの時の一生懸命な自分を、少し遠くから眺められる気分にさせてくれたのは
ちょっとした収穫だったかもしれません。

|

« 光の上、光の中 | Main | a treasure  »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

Robinさん、おはようございます。

木箱の蓋を開ける度に、まろやかな香りとともに様々なシーンが・・・
Robinさんが何か想起されている様子が浮かぶようです。

ものを大切にされる方なんですね。

時代の流れに寄り添いながらも、
少し距離を置いて、流行だけに踊らされないで
自分をとりまくものたちと会話するのは、とてもたのしい。

Robinさんの大切な箱から、「木の呼吸」が聞こえてくるようです。

Posted by: yumi | Dec 09, 2006 at 05:43 AM

私の部屋も香ります。
先日オイルをこぼしてしまったのです。
それもまたいい香りを醸し出しています。
ああ、私の部屋に帰ってきたわ~と。

Posted by: takako | Dec 09, 2006 at 09:54 PM

私にとっての香り空間は、やはりお店ですねぇ。
最近は、朝一番に葛根湯を煎じるので(調剤室の換気扇の真下で煎じているのに)お店にしっかり香っています。
柚子のバスフィズを講習した時は、柚子の香りで満たされ・・・
お客様がそれぞれに選ばれた時には、それらの香りがミックスされ・・・
一緒に過ごした時間が残り香となって私を包んでくれます。(*^-^*)

下のドビュッシーの素敵な音楽に、お礼のコメントを入れた筈だったのに、迷子になってしまったようです。
今度は、大丈夫かな?(^-^;

Posted by: 吉岡 | Dec 09, 2006 at 11:54 PM

yumiさん、おはようございます。
木の筆箱を持ったことはなかったのですが、手にした時
ずっと前から持っているような気になりました。

何でも受け入れてくれるって感じで、これがまた
整理整頓下手の私にはとってもよろしかったです。

木のツールを携帯しているなんて・・・、それだけで面白く、
そして木は頼もしいです。

Posted by: Robin | Dec 11, 2006 at 12:54 PM

takakoさん、こぼしちゃったんですかー。
ちょっと瞬間ショックですが、
おかげでお部屋がゴージャスな香りに満たされて
かえってよかったということもありました。

そうでもなければ、こんなに贅沢に使えない精油だったりしますものね。
しばらくは部屋に戻るのかいつもより楽しみだったりします。

Posted by: Robin | Dec 11, 2006 at 12:56 PM

吉岡さん、今日は無事に届きました。ありがとうございます。どこに行っちゃったんでしょう。私もがっかりすることがありますが、いただく側からも残念です。

夢中で何かを作っているときは気づかないのですが、
いったん部屋を出て戻ってくるといい香りがして、自分が一番癒されたりしますねー。
吉岡さんの薬局にはいっただけで風邪がふっとびそうです。
行ってみたい・・・。
 近頃は、吉岡薬局の真似をして、お茶を入れる時にシナモン等を入れてちょっと煮るのがブームです。
シナモンの香りがしっかりとお茶に出て、部屋の外までシナモンの甘い香りが漂います。

Posted by: Robin | Dec 11, 2006 at 01:17 PM

オイルを身の回りの物にそっとしのばせる・・・
私も時々やっては(^-^)ニッコリしています。

それを使うときの感動はいつも素晴らしいものです。
ちょっとしたことにも、工夫して使えるアロマは、
やっぱり私の必需品です♪

Posted by: Kaori | Dec 11, 2006 at 11:52 PM

kaoriさん、コメントありがとうございます。
さりげなく、ふっと香らせることが出来る技を持ててよかったと思います。
お財布も実はその一つ。
お支払いした後、良い香りがしたのでしばらくとっておいた・・・という話は嬉しかったことの一つです。
貯金に貢献しちゃったかしら。(笑)
自分だとお財布を開けるのが好きになってしまってまずいんですけど。

Posted by: Robin | Dec 12, 2006 at 03:16 PM

>自分だとお財布を開けるのが好きになってしまってまずいんですけど。

うふふ!確かにそうですねっ。真似しようかな、と思ったけれど、
私は「開けるのが好き♪」になりそうだからやめておこう(^o^;)

Posted by: Kaori | Dec 13, 2006 at 08:23 AM

kaoriさん、トップノートだけで創るのはいかが?
開けたら香りが飛んじゃいます!!

Posted by: Robin | Dec 13, 2006 at 08:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 光の上、光の中 | Main | a treasure  »