« 節分にあたり  太陰太陽暦って | Main | デトックス体験 »

Feb 06, 2007

化学物質detox の為の オートファジ- ON!

Carrotjuice2   気をつけるくらいが丁度良いか、
あるいは足りない。

普通に暮らしていることは、化学物質の海を泳ぐようなもの。とか。

人の体は有害なものを解毒するシステムを持っていても、追いつかないほど現代の暮しにはケミカルな海。

代謝できなかった物質は体にたまり、コップに注がれていく水がいつか溢れ出してしまう現象のように発症するのが「化学物質過敏症」だと考えられています。
普通に人が感じない微量でも、満杯に達している人には生死にかかわるほどなのです。

代謝されなかったほとんどの化学物質は、脂肪組織に溜め込まれます。
脂肪組織といっても皮下脂肪だけではありません。

またいったん体に入り込むと、たいていが水に溶けにくいため、汗や尿などで排泄しにくい上、体に残った化学物質の作用で視床下部の機能低下、体温も低くなり、さらに代謝しにくい状況を起こし、汗や排便などもが滞りやすい状態に陥るなど、益々悪循環を起こしがちになります。
コップの水が溢れる要因です。

そこで、「デトックス(解毒)」を定期的に行うことがコップを溢れさせないための予防として有効だということです。

 サウナなどで体を芯まで温めることで内臓の働きを活性。
血流をよくし、肝臓機能アップ。
発汗を促して解毒・排泄を活発にします。

さらに有効なのが 「断食」
これは結果的に痩せたとしても、痩せるためのものではなく、不要なものを排泄させ、体を更新する方法です。

オートファジーは近年その重要性が解明されてきたものの一つ。
その最も重要な役割である栄養確保とは、溜め込んだ脂肪細胞を分解しエネルギーに変えていく、いかにも「蛸が自分の脚を喰う」ことが起きているのですが、
この時、オートファジーは老廃物や有害な異物から分解していくということなのです。

「素晴らしい!!」 からだシステム!!

オートファジーの自食作用は飢餓状態がおこることにより発動。
たとえば、生まれたばかりの赤ちゃんは出生して母乳を与えられるまで、このシステムを全開にしているのだそうです。

 断食によるdetoxは、意図して飢餓状態に持ち込むことにより、オートファジーの自食作用をONにし、溜まった老廃物を分解し代謝させて排泄します。

但し、断食は食を断ってから復活する時点が非常に重要。
           個人で行うのは危険ですので、必ず指導のもとに行います。


 アロマで解毒、浄化、排泄を促すなら、それらをサポートするアロマ、ハーブを使ってオイルトリートメントし、リンパの流れをよくします。
    ジュニパー シナモン フェンネル ジンジャーの他、
肝臓の働きを促進するアロマ又はハーブとしてローズマリー、

又脂肪の分解、消化を助けるなら、カルダモン フェンネルなどなど。Cupfennelkif_0964

排泄をよくするためには便秘にならないよう食事に気をつけて血流をさらさらにしておくことも重要。
なにより、化学物質を出来るだけ取り入れない意識を持つことは、現代社会において不可欠としかいえません。

   何事も
       いらないもは溜め込まない!でいきましょう。


 

|

« 節分にあたり  太陰太陽暦って | Main | デトックス体験 »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

断食のデトックスをすると、その人の食生活によって便の色が変わるってききました。やってみたい・・・!
色々な方法があるようですが、Robinさんのオススメな方法があったら教えてください♪

最近、全くトリートメントを受けていないので、記事を拝見して受けに行きたくなりました。アロマ、気持ちいいですね~(*^-^*)

Posted by: Kaori | Feb 06, 2007 at 10:30 AM

Robinさん
オートファージは非特異的な方が
効率の良い新陳代謝の例ですね。
まさに細胞のクリアランス機能。
タンパク質を合成しながら、一方では分解する。
うんうん、生体の秩序に改めて感動!

Posted by: yumi | Feb 06, 2007 at 08:48 PM

Robinさん
オートファジーのことちょっぴり、お勉強できました。ありがとうございます(ペコリ)
飢餓状態になるとONなんですね。
やはり、人間の体のシステムは緻密ですね。
いつも驚かされます。
断食デトックス、私もRobinさんオススメの方法があれば
ぜひ教えていただけたら、嬉しいです!

Posted by: tomomi | Feb 06, 2007 at 11:36 PM

たまには断食も必要ですね。
体の毒素がでていきます。
腸の検査の時の、下剤を飲むといいんじゃない?
と、私達の職場でいつも話しています。
きっと内臓から綺麗になれる。
いらないものと、必要なもの
ちゃんと分けて取り入れたいものですね。

Posted by: takako | Feb 07, 2007 at 08:31 PM

☆kaoriさん、プチ断食を体験した時、匂いや味に敏感になるのがわかりました。・・・というとえらそうですが、単にお腹すいて敏感だったというこことかもしれませんねー。(笑)
 初めての断食には健康管理をしてもらいながらすると、体のいろいろ発見もあり面白いです。☆彡
 
ほんと。ε-(´。`)アロマトリは気持ちいいです。

Posted by: Robin | Feb 07, 2007 at 09:54 PM

☆yumiさん、オートファジーのことを知った時、「いらないものから使う賢い奴」というような表現で聴いたので非常に感激いたしました。
飢餓状態を感知してから始動するので、体内の大切なものは使わないように。
緻密なシステムだからこそ、安易にONにすべきではないとも思います。

Posted by: Robin | Feb 07, 2007 at 10:00 PM

☆tomomiさん、断食は意思が弱くて独りではまっとうしきれませんが、レモンデトックス二週間はなんとか出来ました。
腸がもごもごしてる感じがあって、軽い空腹感は快感でした。
初回でしたのでたべものに気をくばりながら、またトライしたいと思います。
何よりビタミンCを独りでたっぷりとっているという贅沢が「悪いわね~♪」って感じ。
 この時代に「飢餓状態」を創るなどという表現に不謹慎な気がしていますが、蓄積してしまう毒だしの為にONなのです。よ。

Posted by: Robin | Feb 07, 2007 at 10:05 PM

☆takakoさん、コメントありがとうございます。
takakoさんもたまにされるんですね。

さすが、下剤を有効に使われることもなさるのですね。
実は「腸洗浄をするといいんだけどねー」という言葉をもらってから、
気になっているのですが、踏み切れません。

腸管をきれいにするとお肌もきれいになるんだろうなあ。。。。

Posted by: Robin | Feb 07, 2007 at 10:10 PM

Robinさん
>安易にONにすべきではないとも思います。
さすがRobinさんですね!
オートファジーは、万能ですが
バルクの分解はある意味、危険でもあるので
生体は必要な酵素を袋(リボソーム)に包み込んでいます。
過食の時代ですが、このシステムを上手く利用すれば
さまざまな慢性の疾患の予防にも期待できますね♪

Posted by: yumi | Feb 08, 2007 at 12:53 AM

☆yumiさん、いつも本当に感謝です。
「生体」を健全に保つ為に自然に備わっていることは、
一見ナチュラルな解毒法な気がしてしまいます。
しかしながら生体のバランスは偉大で緻密。

>生体は必要な酵素を袋(リボソーム)に包み込んでいます。
「本当に必要になったらこの袋を開けなさい」というメッセージが聞こえるようでした。

Posted by: Robin | Feb 09, 2007 at 08:19 AM

こんばんは!
またまたきちゃいました、今日の応援のぽちっ♪

Posted by: tomomi | Feb 10, 2007 at 12:53 AM

tomomiさん!私にはものすごく力づいたことを全部お伝えできないくらい、大きなポチ☆彡です。ありがとうございます。

Posted by: Robin | Feb 10, 2007 at 08:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 節分にあたり  太陰太陽暦って | Main | デトックス体験 »