« オレンジデンチ    冬の心とお肌ケア  | Main | 節分にあたり  太陰太陽暦って »

Feb 02, 2007

ナルキッソス

Narci_1
人の肌には、最も寒く感じる今ごろに咲く水仙の別名は、
雪の中で咲くという意味であろう「雪中花」
白い和紙に筆で書いたら、
        なんて清楚で美しい字面。

学名は、うつむき加減に咲くその姿から、水に映る自分の姿に憧れ続けて果てた、ギリシア神話のナルキッソスに由来。

だから花言葉は自尊心、自己愛、うぬぼれ、気高さ。

ブーケの香しき芳香はさまざまな花の香りのアコード。
さらにその花の一輪から放たれるフレグランスはまた、一つ一つの物質のハーモニー。

「少し早めに春をお楽しみください」
 野菜や卵に添えて新聞紙にくるまれ横たわっていた水仙の束。
      蓋を開けるとそれまでに閉じ込められていた芳香が蝶のように舞い上がり、音楽のように広がる。♪
どんな芳香剤や香水も、生きた花の芳香にはかなわない。

ジャスミンのようでもありながら、ジャスミンや百合ほど濃厚ではなく、
ベルガモットやプチグレン系のフレッシュさとはいわないけれど、どこか風のようでもある。
含まれる成分にはシナモンやクローブと同じものも持っている。
それが水仙の気高い香りに深みを持たせいているとでもいえるのかな。


スイセンの香りは、濃厚なのに繊細で溶剤でしかとることが出来ないのはジャスミンと同じ。

香料にアブソリュートという名前がつくと、香しい香りをそのまま手にしようとする人々の切望を感じ、
だからこそ、今、香りとして季節や場所問わず得ることが出来る幸せを感じる。


スイセンにはジャスミンが合うというけれど、
活きた花では同時に存在できない組み合わせ。でも香りなら可能なブーケ。

☆:..o。・。...☆:..o。・。...☆:..o。・。...☆:..o。・。...☆

水仙の活けた姿は、まっすぐで、土の上で咲いているよりずっと凛として見える。

摘むときは途中から切るのではなく、「抜く」。すると長持ちすると教わった。
結局調整するために切ってしまうけど。

庭に何を植えたらいいか聞かれたら、チューリップやラナンキュラスやアネモネが咲くまで待てない人には、
クロッカスとそれから水仙を勧めるだろう。
そのまま置いておけるなら、毎年咲いては、いち早く凍てついた季節に励ましてくれる。Crokkas
何よりその芳香を部屋に持ち込めば、心が溶ける。

ちょうど水仙が終る頃花開く、沈丁花の蕾が赤く膨らみ始めている。
                   もうすぐ街のあちこちに植えられたその香りでいったいが満たされる。

|

« オレンジデンチ    冬の心とお肌ケア  | Main | 節分にあたり  太陰太陽暦って »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

水仙はとても可憐で大好きなので、初めてギリシア神話を聞いたときはショックでした。(苦笑)
曾祖母の田舎でよく育てていて、この時期に行くと必ずプレゼントしてくれました。


春が咲く(という感じがします)季節はもうすぐですね♪

Posted by: Kaori | Feb 02, 2007 at 07:18 PM

自己中心的なものとはまた違うのでしょうね。
自己愛?
確か2月12日はこの花の日です。
365日の花カレンダーがあって、毎日花が決まっています。
面白いです。
私の誕生日は、スイカズラでした。

Posted by: takako | Feb 02, 2007 at 10:01 PM

☆kaoriさん、いつもありがとうございます。
嬉しいプレゼントですね。香しさが加わると、思い出が立体的になりませよね。春が咲く、そうそう♪まさしくプリマベーラですね

Posted by: Robin | Feb 02, 2007 at 11:59 PM

☆takakoさん、「自惚れ」とも違うのでしょうかねー。字はそのものですけど。日によって花が決められているのですか。面白いですねー。確か聖人というのもありました。
私はなんだろう・・・。

Posted by: Robin | Feb 03, 2007 at 12:06 AM

落葉樹の下で、葉っぱを見つけると
あっ、秋が来た・・・と。

その葉っぱの間から、柄が伸びて花をつけるのが不思議な感じ。

日当たりのいい場所では4~5日も早く開花して、春を呼びますね。
日陰の水仙に、神話のNarcissusを重ねて見てしまいます。

Posted by: yumi | Feb 03, 2007 at 07:20 AM

☆yumiさん、そうですね。開花だけではなく、発芽から季節を伝えてくれています。
そうですか、ナルキッソスは日陰・・・・。

Posted by: Robin | Feb 03, 2007 at 08:09 AM

水仙の横顔のお写真がきれい~!!
Robinさんの写真はいつも素敵ですね。
水仙って清楚で色っぽいそんなお花に感じます。
香りも素晴らしいですよね。
写真から香りがしてこないのが、もどかしいです(笑)

Posted by: tomomi | Feb 03, 2007 at 12:20 PM

☆tomomiさん、いつもありがとうございます。
tomomiさんにそう言っていただけると照れますが・・非常に嬉しいです!

スイセンの香りいいですよねー。天然のルームフレグランスにはgoodではないでしょうか。

Posted by: Robin | Feb 04, 2007 at 11:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オレンジデンチ    冬の心とお肌ケア  | Main | 節分にあたり  太陰太陽暦って »