« February 2007 | Main | April 2007 »

Mar 29, 2007

さくら♪ さくら♪  フゼアな風

Yozakura桜は咲き出すと早い。

開花宣言から五分咲きくらいまでは、まあ落ち着いていられるけど、朝、福島に住む人に「五分咲きくらいねー」などと伝えていたのに、

夕方には「○○は満開だって」という噂。
その夜もらった「夜桜見に行こうか」というメールを、私は早、桜の下で受け取っていた。
ご。ごめんなさい・・・・。

とにかく桜は早い上、天気は意地悪なのだ。
桜が咲くと必ず雨が降ったり、風が強く吹きぬけたり。

今夜みたいな月夜の桜をずっと見れるかどうかわからない。

Continue reading "さくら♪ さくら♪  フゼアな風"

| | Comments (8)

Mar 19, 2007

ジャスワンドと黒髪

Rins_1 ジャスワンド

髪に使う時だけ、ハイビスカスをそう呼び、
悦に入る。

今日は薔薇の香り。
石鹸はプチグレン。

ヘアコンディショナー
ジャスワンド

Banner2bigポチ☆応援ありがとうございます。

Continue reading "ジャスワンドと黒髪"

| | Comments (8)

Mar 15, 2007

菩提樹の効能

Herbtea今日のHerb tea

 ☆菩提樹.。゚☆カモミール.゚☆ラベンダー

どれも「ホォ」がでるハーブです。(ほっと一息のホ
「菩提樹」はシューベルトの子守り唄にも登場。
釈迦が悟りを開いたあの菩提樹とは種類が違うそうです。

いずれにしても、静かに心落ち着かせてくれるようなイメージ。
フラボノイド配糖体、サポニン、粘液質などの主成分は、

心身の疲労、緊張、ストレス性高血圧や不眠、浮腫み、水分滞留に効果的です。

ほんのり甘いようで、さわやかな味。

リンデンはドイツ語ですが、英語ではライム。別名ライムフラワーともいっています。
すっきりさせる利尿作用もあり、浮腫み解消のハーブでもありますが、
その場合は白木質のリンデンウッドがよく、
香りと鎮静ならリンデンフラワー。さくらんぼのような青い小さい粒が飛び出していて、
とってもかわいいです♪あれは実なのかな。

カモミールは緊張やストレスでお腹の調子が悪いとき、
子供から老人まで使われるハーブで有名。
甘いリンゴのような香りでリラックスし、やがてお腹も落ち着くことでしょう。

風邪のひきはじめなら、リンデン、カモミールにタイムを入れるとリラックスでよく眠れる上、
お腹の調子も整い、免役賦活力アップ。
つい先日、私もとってもお世話になったハーブでした。

不思議なもので、普段はきつい香りで飲めないと思っていたのに、
風邪ひきの時のタイムのお茶は、とても美味しかったんです。
身体が一番知っているのかもしれません。

食欲不振にはラベンダーの代わりにペパーミントを。

浮腫みの解消でリンデンを飲むなら、リンデンウッドをプラスしてください。
フラワーよりもウッドの方にこの作用が強いそうです。
さらに、ジュニパーベリーも加えると尚効果的。



ダイエット効果も期待するなら、

Continue reading "菩提樹の効能"

| | Comments (6)

Mar 12, 2007

プリマベーラ

Cnversationxx 
その後のクリスマスローズたち。Musurobini

何年も前に植えてままのムスカリも、
こぼれ種があっちこっちにとんで、思いがけないところで出会います。

タイムやローズマリーは暖冬を涼しい顔で乗り切り、ナスタチウムはうってつけの涼しさなのか、早くも葉影で花が咲き。 Nasta

春は体調も、心の状態も不安定。
気温は三寒四温といわれて、
冬に溜め込んだものを捨て、夏へ備えてゆくのですねー。

たとえば春は芽吹いたもの積極的に食べるように。
フキノトウ、たらの芽、わらび、筍、蕗、ツクシ、などなど。
そしていずれもほろ苦いです。

旬の物を食べることは、
美味しいからだけではなく、
バランスを整えてがんばっている体を応援します。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

Banner2bigポチっと応援ありがとうございます。

| | Comments (8)

Mar 09, 2007

春風邪をひいたら・・・

Ranan かわいい!

薔薇のように見えるのはラナンキュラス。
初めてこの名前を教わったときには、恐竜みたいな名前!と思いました。
ラナンもカエルといういう意味だとかで、あまりピンときませんが、とっても好きな花。

長い茎と幾重にも重なるセンティフォリアのようなふんわりした花弁。
摘み取っては左手に握る束にボリューム感があるのにトゲがない薔薇みたいでもあります。
部屋に明るいお花の色を添えて元気をもらおうと、花瓶に差してみました。

Continue reading "春風邪をひいたら・・・"

| | Comments (8)

Mar 06, 2007

Aroma Candles of Bee's Wax

                          Tenka
ふふ♪うっかりhoney candleなんて入れてしまうほど、蜂蜜色の蝋燭です。
それも言うならBee's Waxですよね。

先日わけていただいた蜂の巣を溶かして漉して蜜蝋にし、素敵なキャドルが出来ました。
溶かしていると、逃げ送れた?ハッチが出てきたりで「ヒェ!」という場面もありましたが、
かなりの不純物を取り除くと、なんときれいな色。
(不純物といってもミツバチが運んできた、
あるいは分泌したプロポリスやら花粉やらでしょう。
蜜蜂さんには失礼な言い方でしたね。)

Candleプーさんのイメージそのものです。きれいな黄色です。
ハニーのイメージは蜜蝋の色なのですね。
巣を取り集めるところから見ていて、改めて感嘆。

自然から摂れる色は、とっても優しいきれいな色です。

Continue reading "Aroma Candles of Bee's Wax"

| | Comments (13)

Mar 02, 2007

沈丁花の香り

月下香、ジャスミン、月下美人、イランイラン等々。

月明かりで開くと云われる花の香りは妖艶で甘く、刹那的なほど濃いとKif_3351思いますが、
早春の花の香りも又、ひときわ香しく一帯を香らせているものが多いように思います。

身近なものでは水仙や梅、そして今は沈丁花。
秋の金木犀に対して春は沈丁花でしょうか。
どちらの香りも、私にはそれぞれの季節のノスタルジーが
強く呼び起こされます。

Apolondaphne_1 

沈香と丁子の名を持ち、学名はDaphne odora
ダフネは女神の名前ですから、香り高い女神というのはふさわしいと想うのですが、
月桂樹になった女神の名前なので、なら月桂樹にこの学名がよかったのに。
なんて、ちょっと想ってしまいました。ちなみ月桂樹の学名は
Laurus nobilis

沈香とのつながりに触れておきますと、元の木は同じジンチョウゲ科。
こちらは単に木が香るのではなく、微生物の仕事が関わり、
その香りを発するまでのプロセスが非常に長いので珍重されます。

温めて聞くのですが、それだけで芸術にさへなるほど。

Continue reading "沈丁花の香り"

| | Comments (12)

« February 2007 | Main | April 2007 »