« さくら♪ さくら♪  フゼアな風 | Main | 香性を知る 東洋芳香術入門体験 »

Apr 03, 2007

パニックまで癒すハーブ

レモンバームLemonbalm

ハーブ という名前に香りと効能や用途がつけば、
なにやらありがたく感じてしまいます。

だから、いざ育てるなると、土は何がいいの?水遣りのタイミングは?
肥料の種類は?どのくらい?害虫対策は?と悩みます。

何しろ鑑賞というよりは使えてなんぼの草ですから、
農薬はかけずに育てたいとは、やがて強く思うようになります。
だから、ミルクとか酢とか唐辛子とか。
有機的なもので虫対策も考えはじめます。これはとっても良いきっかけになっていると思います。

店先の野菜については、農薬散布回数や化学肥料の施肥等が明記されるものが多くなりました。
安心といえば安心ですが、それだけ以前は危険だったのだと再認識も出来ます。

さてさて、お茶にしようとか料理に使おうとかと育て始めたハーブ。
ある日いっせいに発生してしまったアブラムシ。

八重桜が咲いたらその季節でもあります。
退治するために農薬を薄めて噴霧するか、
気にせず手でしごいて食べてしまうか。

自由だあ!!

そう。自由です。

そもそもほとんどのハーブは雑草みたいなもの。本来はけっこう強いものです。
その葉が害虫や病気にみまわれること自体にも意味はあると考えます。
それほど丈夫なハーブは
知らない人にとっては雑草。

---昨年の晩秋。

雑草と間違えられて引き抜かれてしまったのがレモンバームでした。涙。
美味しい葉っぱはバッタのご馳走になったりして乗り越えた夏だったのに。

そして春。
なんと、こぼれ種から小さな苗を発見!嬉しい瞬間。

メリッサです。知らない人には雑草と間違えられてしまったほどですが、
この精油はローズと同じくらい高価。模造品も多く出回っているそうですが
それほど価値ある効能を発揮するからでしょう。


アロマテラピーとしては鎮静作用で、レモンの名前をつけられちゃっていますが
レモンとは別もの。

心臓や神経系統、子宮を穏やか強壮し、
うつ状態やパニック、ヒステリーショック状態にまでその性能を発揮。
賢者の石を持っていたという中世の医者であり錬金術師 パラケルススは
メリッサのことを「命のエリキシル」と呼んで薬剤を調合したそう。

参考:
奇跡の医書 Kif_3426_2

ブレンドに使用する際には、その強さのためバランスが非常に重要になる香りでもあります。

ハーブに戻りますが、名前のとおりレモンの様な酸味。
カモミールやネトルにブレンドして
花粉症緩和のハーブティーなど。
               春の力。 カサブランカも出てきた!→

|

« さくら♪ さくら♪  フゼアな風 | Main | 香性を知る 東洋芳香術入門体験 »

aromaticdays」カテゴリの記事

視点」カテゴリの記事

Comments

メリッサ、抜かれちゃったなんて、残念でしたね。
でもでも、見事復活!良かったですね。

ミルクで虫予防、結構効きますね♪
もうアブラムシのシーズンですねぇ・・・。
去年の12月もすごかったのに、もうシーズンだなんて(泣)。

メリッサ、そろそろ買いたいのですが、
ローズも必要なので、お財布事情が気になって手が出ていません(汗)。

Posted by: Kaori | Apr 04, 2007 at 06:44 PM

☆kaoriさん、ショック☆彡でしたが、その強さを知っていたので期待していました。でもたった1つなので大事♪

うーん、欲しいときはどうして全部重なるのでしょうね。
kaoriさんはメリッサを上手に使われているような気がしています。

 。o○o。...。荻窪でアフタヌーンティー。.。o○o。..。
        http://aaroma.exblog.jp/
          赤ちゃんも一緒に受けられるサロンです。
          【news】5月は美脚キャンペーン!

Posted by: Robin | Apr 04, 2007 at 09:53 PM

Robinさん

メリッサの香りって、はまってしまうときがあります♪
パニック障害の方がメリッサの精油をお守りがわりにいつも携帯していました。
かなりの鎮静力ですよね。
あまり植物に詳しくないので、ここにふらりとくると、いつも植物のお写真が拝見できて嬉しいです。植物の力強さをいつも感じることができるから!

Posted by: tomomi | Apr 05, 2007 at 07:08 PM

☆tomomiさん、
立ち寄ってくださってとっても嬉しいです♪

私は名前から入ってしまい、マイブランド名にしてしまったくらいです。
香りよりその威力にあきれたのが最初でした。
この鎮静力影響力をどう感じるか、
もしや何かのバロメーターになるかもしれないという気がいいたします。

Posted by: Robin | Apr 05, 2007 at 08:39 PM

私も、レモンバームの香りは大好きです。
精油のメリッサとなると お値段 高いですものね。
せっせとハーブを育てていますよ。
とても丈夫な反面 油断してると一挙に消えてしまったり。。。
こぼれ種から可愛らしく発芽してくれたのですね♪
我が家の鉢にも ここのところ 元気に育ち始めました。

トップのラベンダーの写真 素敵ですね♪~

Posted by: 吉岡 | Apr 06, 2007 at 05:10 PM

☆吉岡さんのところでもレモンバーム登場してましたよね。
確かバッタ君と。
こぼれ種を待っているずぼら園芸ですが、
これがけっこう強いので楽します。
でも今回は抜かれたのでたった一つです。
一粒種。。。。過保護にならないよう見守らなくちゃ。

Posted by: Robin | Apr 08, 2007 at 05:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« さくら♪ さくら♪  フゼアな風 | Main | 香性を知る 東洋芳香術入門体験 »