« アロマという食育 | Main | avec la marmotte ♪ »

Apr 26, 2007

春の保香食

Yaebu普通は八重桜が咲いたら、春も安定するのだ!

だから種蒔きしたり、植え替えしたりで忙しい。はず。
GWに出かけるか、気合をいれて土いじりをするか、という選択にせまられるくらい。
なのに、芽が出たかと思ったら、また寒い。

まあ、おかげでちょっとゆっくり出来るかな。

ほったらかしのがんばらない園芸で、バジルは昨秋種が毀れるまで待った甲斐があり、低温気味の中も発芽してくれた様子。

フェンネルは宿根なので、既に青々ふさふさしてきてる♪。
何よりもお引越しがきらいな子ですし。

浮腫みや膨満、便秘など、エストロゲン様のはたらきをしてくれる成分のもあり、精油と共に身体の中に取り入れるには、常備しておきたいので。お魚料理にも庭にいってちょっといただいて鍋にポンといれられますしね。
真っ赤なカーネンションに添えてもきれいなのです。
一度植えると毎年出てくるところは、たまらなく有り難いです。
フェンネルシードが欲しければ肥料もたっぷりあげるとプクプクの種をつけてくれます。

百合の花も華麗なイメージ、清楚なイメージですが、春になってドカンと新芽が土の中から出てくる。
しかも倍になってる?♪

それから、夏もぎたてのきゅうりをピクルスにするとき、新鮮なディルシードの香りは食欲を増します。
一度植えなかったので買ってきたのですが青い穂を入れると香りがいいように思ったので、やっぱり
種も蒔いておいたのですが、発芽しなかったときのために苗も購入。

そうそう、実はほったらかしのチューリップがありまして、
それがけっこうきれいに毎年咲いてくれるのでいじらしくなります、
ムスカリクリスマスローズスノーフレークスイセンが終わりかけの頃、彩りを添えてくれます。

。...。...。...。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。...。...。...。...。

春の保存食は香り保存の為。

もし八重桜に薔薇のような香しさがあったら、そこらじゅうがアロマティックでしょうか。

花と葉を塩漬けにしました。

八重桜の木は、なべて宝のなる木に見える1週間。
クマリンのおかげで、漬けることで香りを放ちはじめるモイストポプリ。
先日蓋を開けてみたら、桜餅より、あんぱんを思い出しました。

小豆あんを天然酵母で焼いたパンのこおばしい香りに包んで、お臍に桜の花の塩漬けをちょいと押し込んで。。。
あ、ウエストがきつかったんだ。Strawberryjam_m_image

 そうそう春といえば苺の香りもそうだけど、ことこと煮るのも、毎年なのに懐かしい。

|

« アロマという食育 | Main | avec la marmotte ♪ »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

お庭に、八重桜が植えられているのですね。
その他にも、たくさんのお花たち♪
Robinさんのおうちへ、お花見に行きたいです。
アロマティックな保香食も、いただけるでしょうか?
で、私が持参できるものは・・・
ゆっくり考えましょ♪(*^-^*)

Posted by: 吉岡 | Apr 26, 2007 at 07:21 PM

昨日は病院のベランダの手入れをしました。
お花を植えようと思っています。
朝顔も植えないと・・・・・・。
八重桜はラナンキュラスみたいですね。
色も綺麗ですし。
花は素晴らしいわ。

Posted by: takako | Apr 27, 2007 at 07:27 AM

吉岡さ-ん、八重桜はいたるところで見るにつけ、よそのお庭に見るにつけ漬けたくなります。
大勢で来年桜茶パーティでもするならですが。
ワシントンが叱られる場面だけ脳裏によぎってしまう。
 苺ジャムとピクルスと桜のお茶と桜餅かなあ。
吉岡さんに教わりたいものたくさんありますよー。


*実は訊くための下書きがたまってしまいました。
「訊く」ことの難しさを思っています。
当然ですが、身振り手振りや表情、あの・・そのはNGですし。

Posted by: Robin | Apr 27, 2007 at 08:31 AM

☆takakoさん、香りで心地よく過ごせる病院創りを素晴らしいと感じています。
takakoさんの側で育ってゆく方々も羨ましいくらい。
お花や植物は気を補充してくれます。

朝顔!夏の朝に欠かせませんね。
ひまわりもあれば夏の基本が揃いますか。
今朝もやけに寒いので、「涼しい」ことに頭がまわりませんでした。

Posted by: Robin | Apr 27, 2007 at 08:39 AM

わあ~すごい!
八重桜をご自分で塩漬けにされたのですね。
Robinさんみたいな、豊かな生活に憧れま~す。
手作りの桜の塩漬けで
手作りのあんパンも食べたいな~♪


Posted by: tomomi | Apr 27, 2007 at 09:25 PM

☆tomomiさん、昔、母が桜を漬けていて翌年に桜餅の香りになったことに驚きました。そのことがいつも鮮明に思い出され、再現したくなったんです。

私も憧れの暮し方のちょっと真似ごとだけでもしながら、いつか・・・・。

Posted by: Robin | Apr 27, 2007 at 11:05 PM

Robinさん

なるほどあの生のほのかな桜の香りって
塩漬けにすることで、いわゆる「桜の香り」
に変化するですね~どうしてなのかな・・・
素敵なお母様ですね!

Posted by: tomomi | Apr 28, 2007 at 12:57 PM

☆tomomiさん、桜に含まれているクマリンはふだんは細胞の中に秘められておりますが、乾燥させてお茶にしたり、塩漬けにすることで細胞壁がこわれると、外に出てきて香りとして感知できる・・・ってことらしいです。

葉っぱをお茶にすることは思いつかなかったかなあ。
空気のきれいなところの葉ならやってみようかな。

 tomomiさんのお母様が素敵だなあとイメージさせてもらっておりました。
私は母とはよくけんかもしますが、
あえて書き留めてみると、クリエイティブな母ですな。
ありがとうございます。♪
伝えてあげるとすごく喜ぶでしょう。

Posted by: Robin | Apr 28, 2007 at 05:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アロマという食育 | Main | avec la marmotte ♪ »