« 喫香カフェ ワイルドストロベリー | Main | カレイなる漢の石鹸 加齢臭 »

May 22, 2007

Redoute バラ図譜の原画

                                        Lea

私が語るだけ、やぼ・・・・・。

                  Rudutename_2                          

薔薇は愛情を注いだだけ咲いてもくれる。
気をぬくとあっという間に病気になったり。
ものすごくわがままで、寂しがりでグルメな花。

それでも、いや、
だからこそ人は薔薇に魅了される。

ほころび始めた硬い緑の蕾に、色が指してきて、朝が来るたび、その色が拡がってゆくのを見守るのは、手がかかっただけにひとしおの喜び。

他の花もどれもかわいくて愛しくとも、
「薔薇は薔薇、やっぱり薔薇。」

しかも香しい。

ルデュテのバラ図譜、第一版の原画です。
植物図鑑の古書の原書や植物図など何冊かめくって、感嘆してはいたはずですが、

圧巻でした。
時代を超えて未だ多くの人を魅了しつづけるわけです。
第二、第三版の素晴らしい原画と共に見ることができました。
同じルデュテが画いたものではありますが、大きさもさることながら、
まったく違う、光の量とでもいうのでしょうか。
息を呑んでしまいました。

デジタルによる複製画像の現代技術の素晴らしさはダ・ビンチでも実感しましたが、
やはり原画、こんなの見てしまったら、逆に絵葉書で充分楽しむか。

欲しいといえば譲ってくれるそうです。
欲しい----------------------!!!!!!!!と心で叫びました。
まだフランスのとある民家にあと〇冊あるそうです。

Icon_rose01 Reduteについては yumiさんのcafeにリンクさせていただきます。
薔薇に触れればRedouteのページに。

|

« 喫香カフェ ワイルドストロベリー | Main | カレイなる漢の石鹸 加齢臭 »

herbと花」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。
  
Redute♪
Robinさんもお好きでいらっしゃるのですね!
香りは喜びや安らぎ、そして官能を
もたらしてくれますが絵も同じですね。
  
繊細なハンドワークに魅かれ
若い頃、何度も試みましたが無理でした。
  
開花期の薔薇は水をきらせないので
留守の間、世話をしてくださる方には
足を向けては寝られません。(笑)
  
今日は地元の大学の日ですので
ゆっくり薔薇と戯れました♪
ご紹介、とても嬉しいです。

Posted by: yumi | May 23, 2007 at 08:02 AM

こんばんは♪
原画!!まだみたことがないですが
きっと素晴らしいのでしょうね。
観てみたいなあ・・・
絵葉書でさえ、緻密さに圧倒されるので
原画となったらどんななのかしら?
Robinさんの心の高鳴りがここまで
伝わってきました☆


Posted by: tomomi | May 23, 2007 at 11:44 PM

☆yumiさん、本当は涙があふれてしまい、びっくりしました。

やっぱりyumiさん♪
トライされたのですね。
ちょうど咲いていた薔薇を一輪切って飾りましたが、刻々と変わる花の絶頂を、記憶に絡め取る才能が必要なことを感じました。
・・・留守の間、気がきでなくなります。
お世話してくだる方には本当に感謝ですね。

Posted by: Robin | May 24, 2007 at 12:18 AM

☆tomomiさん、私の感動が伝わって嬉しいです。ルデュテの薔薇図鑑お持ちでしたよね。もう!是非機会があれば第一版をご堪能ください。私が買っていればいつでも見てもらえるのですがー。私もまたあったら馳せ参じたいと思っています。必見です。

Posted by: Robin | May 24, 2007 at 12:27 AM

ローズ・・・・誰もが憧れの花ですものね。
多くの品種も今はあり、どれもこれも素敵です。
香りも姿もよいなんて、贅沢な花です。
薔薇を育てるのは難しいといいます。
私の知り合いはバラ園のように育てていて
それはそれは美しいです。

Posted by: takako | May 24, 2007 at 07:50 AM

モニター越しに見てもやはり圧巻!
ため息がこぼれてしまう位の美しさと緻密さですね。
原画、欲しいですね~~っ♪

Posted by: Kaori | May 25, 2007 at 11:30 PM

ケースの中で開かれたページでさえ!
紙面から浮き出てしまいそうな美しさですね♪
ばら祭が終わって 
さらに薔薇が近くに感じられるようになりましたよ(*^-^*)

Posted by: 吉岡 | May 26, 2007 at 11:00 AM

☆takakoさん、お返事が遅くなりました。
お友達のバラ園、羨ましい~ですね。そばに色とりどりの薔薇が毎日咲いていたら、素敵だなあと思います。
きっとその日のために大変な世話も苦じゃないのでしょうね。

Posted by: Robin | May 27, 2007 at 09:06 PM

☆kaoriさん、ため息の前に息を呑んでしまいました。
それから涙が出ちゃいました。
同じ原本第二版もありましたが、私には別物に思えました。

Posted by: Robin | May 27, 2007 at 09:08 PM

☆吉岡さん、薔薇祭り盛況でしたねー。吉岡さんを通して福山の薔薇のことを知り、そのことが伝わってくるようでした。
福山の薔薇でアロマに親しまれる方も増えたような感じがします。素晴らしい貢献ですねー♪

人を心を和ませます。
梅雨より、薔薇の季節というイメージの方が強くなってきました。
センティフォリア、私も育てたくなりました。

Posted by: Robin | May 27, 2007 at 09:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 喫香カフェ ワイルドストロベリー | Main | カレイなる漢の石鹸 加齢臭 »