« 7月7日の月下美人 | Main | 花の中の愛の花 イランイラン »

Jul 14, 2007

二つの世界を繋ぐもの

日没におがら(麻の茎を乾かしたもの)を焚いて霊たちを迎え入れる。

蝋燭に灯りを灯し共に家へ。

迎え盆の準備を始めた部屋からいつもと違う香りが漂い、
なにやら懐かしい。
灯篭の漆と香。
きゅうりの馬と茄子の牛。
来るときは急いで、帰りはゆっくりという意味だそうだ。
花やほうずきやお供え。

お仏壇はにぎやかである。

今日は盆の入り。

三日間お膳を用意する。

実はここ、毎年気になる。

お盆はご先祖の皆様がうちにいらっしゃっているので、
お食事のおもてなし、
此岸でのピクニックなども楽しまれるので、お弁当も用意するという楽しい趣向も。

では、ふだんお供えしているのは誰が食べてるの?
などという軽いつっこみをしながら、
こういうイベントを通して、現在過去未来の横と縦のコミュニケーションを培われてきた。

お盆の香りは、夏休みや祖母を思い出す。
普段なかなか会うことの出来ない人との再会を楽しんでいた大人たちの笑い声。

見えない存在と共に過ごす夏の三日間。
バーチャルな感じのする現実をリアルに楽しむ習慣。

一見こういうものが希薄になってきているようではありながら、
人は前世や守護してくれていると信じるものの存在の実感を
求めずにはいられない。
それはもしかしたら、この世が視覚で認識できるものだけではない
世界だという証ともとれなくはない。

あちらとこちらがあるとしたら。
二つの世界を繋ぐものこそ香り。そして音。
花や香をたむけ、唄い、詠む由縁。すべてがひびきあうもの。

Kif_2916_1

オンブバッタって親子だと思っていた・・・

小さい方がオス。だそうです。
微笑ましい光景ですが、子孫繁栄のこの生態。
油断すると大発生!か!?
と思うとあまり微笑んでもいられないのです。
昨年はレモンバームを先に堪能されてしまったのでした。

|

« 7月7日の月下美人 | Main | 花の中の愛の花 イランイラン »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

今日からお盆ですね。
弟のところにあるお仏壇は、とても賑やかになっていると思います。
連休でお墓参りをしたかったのですが、今年は台風なので難しそうです。

Posted by: Kaori | Jul 14, 2007 at 09:15 AM

台風、凄いですね。お盆には家にいらっしゃるということですし、この連休はじっと通り過ぎるのを待ちます。

Posted by: Robin | Jul 15, 2007 at 10:02 AM

Robinさん、こんばんは。
オンブバッタ、美しい・・・
メスの姿にパーソナルトレーニングの
ブラック・ホールのポーズを思い出します♪
「ハイ!仙骨に意識を集めて!」っていう感じ。(笑)
  
台風は大丈夫でしたか?

Posted by: yumi | Jul 15, 2007 at 07:14 PM

☆yumiさん、名前のままの姿、嬉しくなっちゃいました。

仙骨とブラックホール?
仙骨は重要!ですが・・・
yumiさんの一言、気になりますう!!!

台風はそれてくれたようで、「安堵」の一言です。

Posted by: Robin | Jul 15, 2007 at 10:31 PM

お庭で立派に育っていたセージの葉っぱが
ある日、レースのようになっていました。
見ると、バッタの赤ちゃんがアチラコチラに。。。トホッ

私の育った家庭は、転勤族でお仏壇が無かったし
法事全般に疎いのですが
田舎に行った時でも、きゅうりやなすで馬牛を供える風習はなかったですよ。どの辺りが、境界線なのでしょうねぇ?

Posted by: 吉岡 | Jul 16, 2007 at 11:31 AM

☆吉岡さん、セージはうちでもある日突然枯れたりするのですが、謎!
バッタの赤ちゃん・・・とはいえ侮れませんよね。

茄子ときゅうりの風習は宗派によるのか、
地方によるのかはよくわからないのですが、
地方でも見ましたね。
昔ですが、送り盆の後に浜辺にうちあがっているのを
見たりもしました。
最近の野菜はみなまっすぐなので、そったものを探すのに苦労するほどです。家庭菜園ですとこんな時はすぐですが♪

Posted by: Robin | Jul 16, 2007 at 11:42 PM

実家から離れてしまうと
お盆という意識もすっかり忘れている自分に
どっきりしました。
すっかり都会で働く人に化している私に反省。
タイトルの答えは
音と香り。
なんですね、Robinさんの表現は詩的で
いつも心を動かされます。

Posted by: tomomi | Jul 18, 2007 at 04:22 PM

☆tomomiさん、いつも心配りくださったコメントありがとうございます。
本当に、本当に元気をいただいているんですよ。

お盆が7月というのが、面白いですよね。
まあまだ、風情を楽しめているものの、
自分の代になったら忙しそうです。

Posted by: Robin | Jul 18, 2007 at 09:06 PM

Robinさん
ブラックホールは
ムービングストレッチのポーズ。
  
腹這いになって、脊中を反らす。
仙骨をヒップの間にしまうイメージで
下半身の力をすべて吸い込む感じかな。
腹斜筋や内転筋はけっこうつらいのですが・・・

Posted by: yumi | Jul 24, 2007 at 07:23 AM

☆yumiさん、ブラックホールのコメントありがとうございます。
こちらへのお返事が遅くなってしまいまい申し訳ありません。
これが目にとまればよいのですが。

名前だけで腹筋と背筋がピーンとはって痛気持ち良いポーズですね。
ブラックホールのネーミングの由来は、吸い込むところでしょうか。

ムービングストレッチって、いいですね。
セルフ整体といったところでしょうか。そういうのあったらいいなとは思いましたが、あるのですねえ・・。
チェック。

Posted by: Robin | Jul 27, 2007 at 12:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 7月7日の月下美人 | Main | 花の中の愛の花 イランイラン »