« レモンの威力 レモンを嫌うもの | Main | 今夏のmyドリンククラブ »

Aug 25, 2007

神は充分に与えたもうた・・・

          「私は充分なだけ与えた 」

神はこう云われたそうだ。 Tomatoyong_4

聖書か、

経典か、

神との対話か。はたまた、また聞きか。

言葉の意味を解するのに時間がかかるほど、
世の中は「不公平」や「格差」
という言葉で溢れている。
いったい何が充分だとういうのだろうか。

たぶんそれは分かち合えば、
あるいは循環という法則のもとにいればという
神からすれば当然の前提があるのだろう。

飼うことになっためだかとて、エサを水面にばらまけば
勢いよく喰らいつくもの、
いつまでも水の底をあさって小さいもの。
それは自然界の掟かもしれない。

でも、人は違う。
頂点にいる理由がある。

。...。...。...。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。...。...。...。...。

昨夜みた「神がくれた食材」は、乾いた大地に生えるサボテンをめぐる話。

乾いた大地を三日間。今は知られなくなったその植物を
探しに行く、サン族の男。
家族を飢えからす救うために。という設定。
しかし、昔拡がる大地だったそこには
いつのまにか鉄条が貼られ、個人の所有となっていた。

サン族に土地を所有する観念はない。

さらに歩き、ついに見つけたその植物の
必要な分しか持ち帰らない。
場所がわかれば、また採りに来れるから。

空腹を満たし、乾きをいやし、
争いさへもおさまったという。それは唄によって伝えられていた。
この不思議な成分が今注目されている。

政府により定住をよぎなくされた彼らは、
もう長いこと狩をして、自然と共に生きてきた。
欧米の文化や文明と貨幣制度の中にひきずりこまれて、
飢えや乾きからくる争いや、
病の恐怖を避ける術も知っていたのに、
すっかり忘れそうになっている。

物々交換や祭りや狩や薬草によって培われた彼らの生き方に
めがねや帽子やズボンや靴はいかにも窮屈そうだ。

サン族だけではない。
何か違う方向に向かっている。たとえば日本人だってそうだろう。

数日ぶりに手にした一枚のコインでKif_3564
枯れは一袋のとうもろこしの粉と
子供に4個の飴を買うことが出来た。

。...。...。...。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。...。...。...。...。

 私はこのドキュメンタリーに、久々感動していたのだ!
必要な分しかとらない、神様がくれた食物への感謝を、
こんな酷い状況の中でも忘れず、
ささやかに手に入れた幸せを抱えている彼らと、
それから、改めて怒りも覚えていたのだ。
素直に心は動いていたのに!!

その直後には----------。

ダイエット食としてのフーディアを謳うスパムがボックスに落ち、
フーディアのキーワードはダイエットサプリでいっぱい。

あきれた飽食の世の中だ。
大地に鉄条を張りめぐらせ、
彼らを飢えさせているのは私たちじゃないか!

|

« レモンの威力 レモンを嫌うもの | Main | 今夏のmyドリンククラブ »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

Robinさん、ブログを発見してくださってありがとうございました。嬉しかったです(*^-^*)

私も昨日、このプログラムを見ていました。
改めて、食と世界の現実について思わずにはいられませんでした。
いつからこんなに食を粗雑に扱うようになってしまったのでしょう。

娘は学校で「エコクッキング」を習ってきていて、
ゴミがでない調理方法を教えてくれました。
普段から、心がけていきたいです。

Posted by: Kaori | Aug 25, 2007 at 10:23 PM

Robinさん
  
どなたが仰っておられましたね。
欲望を満たそうとすることは
幸せから遠ざかること・・・だって。

Posted by: yumi | Aug 26, 2007 at 09:18 AM

とても考えさせられるテーマですね。
満たされると感じることが出来るのは自分の心次第ですね。
物があふれているし、情報もあふれている現代。
知性と感受性と創造力がキーポイントかなと
思い、自らを反省もしました。

Posted by: tomomi* | Aug 26, 2007 at 09:42 PM

知性はあるのでしょうか。
あれば、もっと大事にするものがあるはずだと、
もっと、知らなければならないことが多いはずだと
思っています。

満たされているかどうか?
考えます。

Posted by: takako | Aug 27, 2007 at 07:38 AM

☆kaoriさん、なんだか寂しいものでしたー。不思議~。
だから探しちゃったのでした。
でもたくさんの新しい人々が訪ねてこられることが楽しみですね♪

娘さんのエコクッキングでキッチンは百万馬力ってとこですね。
今日の一品何かしら♪

Posted by: Robin | Aug 27, 2007 at 09:35 PM

☆yumiさん!!
 「欲望」と「幸せ」は反対の場所にあるということなんですね。

この位置をしっかりと心に留めておこうと思います。
幸せとは・・・
それがわからなければ、欲望の位置も明確にならないという気がいたします。実に深いですね。
今回も重要な一言
ありがとうございます。


Posted by: Robin | Aug 27, 2007 at 10:08 PM

☆tmomoiさん、知性と感受性と創造力 だから、「香り」!というふうに思います。
食べること1つに思いを馳せても、想像、命、感謝。

サプリ、合成、期限などデジタルな情報が渦巻く海を人として泳ぎきるには、感じる力をつけることも鍵でしょうね。

Posted by: Robin | Aug 27, 2007 at 10:16 PM

☆takakoさん、満たされていますかと問いに、
Yesと口に出来るかということなのでしょうね。
出来なければ「感謝」という言葉など、
まだ腑におちて身になっていない・・・・。

takakoさんがいつかブログで、
「明日死ぬとしたらあなたは何をしますか」という自らの問いに
「私はいつものようにします」と書かれていたことがあり、非常に印象的でした。
なんてことない昨日と同じな瞬間に、ふと思い出します。

Posted by: Robin | Aug 27, 2007 at 10:23 PM

先日、アロマ環境協会の地区部会で
講師の宮川明子先生(鍼灸師&整体師)が
昔と現代と 豊か(?)になるほど
ヒトはストレスを多く感じるようになってきていると、お話しされました。
満たされていると満足しているようで
実は、それが少しでも欠けると不自由さに耐えられない
わがままな存在に成り果てているのでしょうねぇ。。。

Posted by: 吉岡 | Aug 27, 2007 at 10:53 PM

☆吉岡さん、地区部会が面白そうなのですよね。
うーーーーん!と悩みます。九州かあとか。まあ飛行機に乗ってしまえば、すぐといえばすぐなのです。(爆)

おかしいですよね。たとえば、
クーラーのお蔭で快適な夏の陰には、気付かなかった弊害が存在し、体は五感で涼む方法などに反応できなくなってしまうようです。
リモコンでオン。
気に入らなければリセット。

Posted by: Robin | Aug 28, 2007 at 10:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レモンの威力 レモンを嫌うもの | Main | 今夏のmyドリンククラブ »