« Tulsi Del Sol | Main | レモンの威力 レモンを嫌うもの »

Aug 19, 2007

待つ時間とカフェドール

Jelly_2 

40度近くを乗り切ると、
28度は、なんと涼しく感じることか。
ほっと一息も今日限りとか。

8月もあと10日ほど。
とはいえ、夏の終わりを予感するのはまだ寂しくもあり。
冷たく冷やしたゼリーを食べる楽しみを
まだキープしたままだし。

                  ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

  • Cafedortext_2そんな土曜の午後。
    指定された四ツ谷のお店の扉を開ける。

    こんなお菓子が食べたかった。。。

    というお菓子が並んでいた。

    どんなにシックに作っても、
    昭和の雰囲気をリアルに漂わせるのに、
    時間に勝るものはなかろうと感じた。

    --私が子供の頃の大人たちは、
    こんな気分でお茶を飲んでいたのだろうか。---



    待つ間の目を楽しませてくれるお菓子たち。

    「こだわり」という言葉は既に手垢がついている気さへして、
    そんな肩の凝るものではなく、美味しいから使っているのだろう、と
    こちらも気をはらない。

    斬新さや繊細さ、洗練もいまやスタンダードだから、
    心のこもったものはよけいに心のセンサーにはひっかかる。                           

    ちょこっとおやつにつまみたいお菓子は、
    粉ばしく焼ける粉と卵と蜂蜜、あるいはバターのかおり。
    それだけで、癒されてしまうくらい。まあ、それだけではすむはずもなく。

    織部の鉢や麦藁の碗などが並べられている、
    一見ミスマッチが、少し早めについたタイムラグを楽しませてくれた。
    見た目よりはるかに軽い大鉢。手に入れたい衝動にかられながら、棚に置く。
    懐かしいデザインの扇風機。
    冷えすぎるクーラーのうんざりしていると、やわらかい風は心地よい。

    エンガディナーのホール!

    たっぷりの壜入りの蜂蜜の色を並べて眺めるのが好きな私には
    カウンターの上に並べられている1キロ入りの蜂蜜やジャムは
    見ているだけでも飽きない。

    やがてコーヒーのかおりがたつ。

    待つ時間をひととおり楽しんで、
    ちゃんとお話を伺えるか、ノートを広げ、まだ空白のページに圧倒されそうになりながら
    キーワードを並べてみたり。

    さて
    80年代~90年代頃のアロマ事情。
    今ではすっかり市民権を得ている名称だけれど
    ラベンダーさへまだマイナーな時代からの変動はすさまじい。
    早ミレニアムも7年すぎた。
    増殖するアロマ人の一人として、いったい何ができるのか。興味はつきない。
    今日はそんなことも探りたい。

    約束の時間まで、あと五分。。。。

  • 四ツ谷 カフェ・ドール 3355-6874 四ツ谷口から徒歩3分くらい。

|

« Tulsi Del Sol | Main | レモンの威力 レモンを嫌うもの »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

アロマの可能性、今後の展望、つきないですね。
どんなことを探るのか、大変興味があります。

ヒントは、こんな街の中にあるのかもしれませんね。

Posted by: takako | Aug 19, 2007 at 11:05 AM

☆takakoさん、本当に尽きない状態になってしまいましたよ。アロマなお話は結局ワクワク♪になります。
takakoさんのアロマがどんどん拡がっているのを見ているだけでも♪です。

→看護師長さんのtakakoさんのアロマな毎日http://blog.goo.ne.jp/lunatakako/
から、ご自身のもう1つのブログ
「緩和ケア病棟を開くまでの道のり~アロマとともに」
も是非。
良い香りの漂う病棟つくりまでの道のりが綴られています。

Posted by: Robin | Aug 19, 2007 at 10:23 PM

ゆらめく波の次には
ドッキンとする 美味しそうな写真♪
本当にハートが痛くなるほどでしたよ
私って変かしら?(*^-^*)

Posted by: 吉岡 | Aug 19, 2007 at 10:48 PM

☆吉岡さん♪本当ですか?ほんと?ほんと?
嬉しい♪o。..○o。.o○o。..。...。...。
ちゃんと見ていてくださって、
いつもありがとうございます。
 思うことをまとめられなくて、画に託したりです。
自分なりですが。(*^v^*)

Posted by: Robin | Aug 20, 2007 at 08:51 PM

エンガディナーのホール!!
とコーヒー、うん、なんともいい組み合わせですね♪
90年代ならまだしも、
80年代の日本のアロマ事情。
私には未知の世界なので、
そんな方にお話し伺いたいものです。
待つ時間を経てどんな時間を過ごされたのでしょうか。
素敵なカフェですね、行って見たいです。

Posted by: tomomi | Aug 21, 2007 at 11:17 AM

80年代のアロマ・・・私は存在すら知らなかった頃です。
そんなお話もぜひ、伺いたいです。

四ツ谷にあるカフェなんですね。行きやすい場所なので、今度チェックします♪

Posted by: Kaori | Aug 21, 2007 at 07:47 PM

☆tomomiさん、厳密には後半ですね。
85年頃初めて紹介されることになるのですから。
お話の中にさりげなく登場するお名前も今ではすっかり・・・という感じもありました。広める運動のその先に私たちがいるんですねー。

Posted by: Robin | Aug 21, 2007 at 08:43 PM

☆kaoriさん、80年前半は本当にまだ届いていませんね。
ポプリの香りにうっとりするくらいでしたでしょうか。
そこにつけるオイルということで、テラピーまでは・・・。
普及活動にエネルギーを注いでくださった方々の最初の頃はアロマという言葉を説明するところからだったようです。

四ツ谷口からコージーコーナーの脇をはいってちょっと歩きます。セブンイレブンの前でした。
焼きたてのアップルパイがあれば是非。なんだかね、懐かしいといいますか、軽くタイムトリップも。

Posted by: Robin | Aug 21, 2007 at 08:49 PM

Robinさん

エンガディナーのホール!
懐かしい♪
カソリックの友人が昔、金曜日に必ず焼いていました。
キャラメルソースが絡むクルミたっぷりの・・・
 
ここは、エンガディナーの素朴感とピッタリの感じ!
カラフルなお写真もキュート♪

Posted by: yumi | Sep 10, 2007 at 06:20 PM

☆yumiさん、こちらまでにコメントくださって、とっても嬉しかったです♪
エンガディナーを毎週金曜に焼く習慣というのがあったのですね。うーーん!取り入れたいですね。

もしかして、前世ハイジだったかもしれません。
チーズやバターやクルミが大好きですから。

そういえばスイスにいらっしゃってたのでしたねー。
本当に素敵なお写真とお話。
楽しませていただいています。

Posted by: Robin | Sep 10, 2007 at 11:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Tulsi Del Sol | Main | レモンの威力 レモンを嫌うもの »