« slow aroma | Main | 叶い結び »

Sep 12, 2007

柚子胡椒 唐辛子編

青ユズと青唐の柚子胡椒は我家には欠かせません。

Illust2

山葵でも七味でもなく。

柚子胡椒は、まずお刺身にあいますね。
特にアジとかイワシの青い魚はさっぱりとしてピリッとしまる感じ。
キリッと冷えた日本酒でいただいているなら、尚のこと。

もちろん鯛のような白身もひきたてる。

鍋やおうどんには七味より好き。

柚子胡椒で野菜炒めもさっぱり、ぴりっと辛いだけでなく、
熟した柚子の香りにくらべて、
つっけんどんな苦味のある香りがKif_2941
ちょっと甘めのおうどんをぐっとひきたてるような気がします。

☆.。.・゚☆.。.:☆

手作りをするのは
佐賀の方からいただいた手作りが最初だったからかも。

唐辛子を蒔くのが?好きな家人のおかげで、
唐辛子の栽培は例年になってしまったのでした。
数百種もあるというので気になって、異なる品種二つだけ育ててみたり。

唐辛子の白い花はかわいくて、
実は生のうちはエナメルのようで鑑賞するのもとってもきれいで楽しい。

ただ、
レパートリーの乏しい最初は使い道に困り、
くだいて料理にするくらいじゃ消費が追いつかないし、
鑑賞用にいけたりクラフトにしても、見るだけではつまらないし。

周囲は辛いのが苦手な人ばかり。
需要と供給のバランスが悪い。

保存用に乾燥したり、ピクルスにしたり、
ラー油にしたり、一味にしたり。
お漬物に、ぬかみそに、ペペロンチーニ etc.


☆..:*・☆..:*・☆

初夏、
緑色の唐辛子を摘んでおき、青い柚子が育つのを待ちます。

ついにそのときがやってきた!
けっこうな量のとがらしを裁くので、カプサイシンがすさまじい。
痛いほどなのです。

うっかり汗を手でぬぐったりしたら、
顔がそれはもうたいへんなことに!!!!。
無意識にいつものしぐさをせぬよう気をつけます。
でも、この作業をやりぬくとこれから一年間、
美味しい食卓がひとつ約束されるのだと思うと、頑張れてしまう。

それにしても、Tougarasi

収穫したての唐辛子はカプサイシンの効き目が素晴らしい!
一個でものすごく効くので
実はHOTごHATTOやぶりの
「うっかり」な言い訳もしゃれにならなかったり。

こうして唐辛子の話をしているだけで、私の頭には唐辛子の画像が浮かび、
脳は既に反応して、
体は脂肪を燃焼しているようです。

そう、暑くなってきました。汗をかいています。
何もないのに。

実は
香りをイメージしただけで、その芳香のもつ作用をおこさせるようになる。とか。

今、私に、まさにそれがおこっている。

このことは、薔薇がなくても、Kif_3557
薔薇の香りをイメージすれば、
薔薇の芳香浴後状態と同様の状態が
脳で起こるということ?


あの時バジルを手放せなかった彼女はこのことを知っているだろうか。

汗がひいてきたところで、
これイメージダイエットにならないかな?
でも
カプサイシンの食欲増進作用もあったのでした。

さらにボケ防止作用と免疫力アップ。
さりげなく上手に活用しない手はない。

画 はwikipediaよりお借りしました。 見ているだけで汗ばむわあ。

唐辛子展
千葉市花の美術館 8月28日(火)~9月24日(月)

|

« slow aroma | Main | 叶い結び »

aromaticdays」カテゴリの記事

cafe的アロマ」カテゴリの記事

ハンドメイドケア」カテゴリの記事

Comments

私は今、カプサイシンのパワーを借りたい時です。
そう・・・ダイエット中!
この夏、色々な言い訳をして(爆)、食いしん坊道楽をしたプレゼントが届いたようです(大泣)。

イメージ、イメージ・・・っと☆

Posted by: Kaori | Sep 13, 2007 at 05:42 PM

私も育てたことがあります。
乾燥させて、ずっと使えますしね。
大好きですよ~ペペロンチーノも。

いちどその手で鼻の下をこすったら
大変だったのでした~
香りの復習って、大事かもしれません。
脳に覚えさせるってことが。

Posted by: takako | Sep 14, 2007 at 07:51 AM

☆kaoriさん!あの暑さの中での食欲とは!
エネルギッシュさが素晴らしいと思います。
アロマセラピーはそういう方にしていただくのが一番と思っている私。
荻窪のパワースポット☆彡(彦麻呂調?(爆))

kaoriさんの日常が蓄えた燃料を
充分消化してしまうのではないかと思います。
それに、「食欲の秋」に突入してしまいましたよ♪

Posted by: Robin | Sep 14, 2007 at 08:30 AM

☆takakoさん、脳と、私の場合は体かもしれません。痛い思いをしました。
目は悲鳴でした。
辛さも慣れるのですね。
好きなのですが、私はけっこう反応するようで、
笑われるほど真っ赤に。それこそ唐辛子のように。
復習するうちに、
なくてもリアルに反応できるのですね。それは便利。
それなら高価なものをたたきこんでおきたいです。(笑)

Posted by: Robin | Sep 14, 2007 at 08:37 AM

イメージダイエット 素晴らしいアイデアですね♪
う~~ん 食欲中枢まで刺激されてしまうとは・・・(--;

私も、辛味は苦手な方なのですが
辛味に隠れた香りを、この夏 ようやく
山椒でしっかり体験いたしました。

Posted by: 吉岡 | Sep 14, 2007 at 09:58 AM

青唐辛子育てたことはないですが
うちでは、おしょうゆにつけるのと
美味しいお塩につけて香りをうつすのとを
大量に作りおき常備してます♪
買って来たのでも、処理していると
かなり手がひりひりしてくるので
セラピストには向かない作業だな~と思いつつ・・・
新鮮なものなら強烈でしょうね!

Posted by: tomomi | Sep 14, 2007 at 11:26 AM

☆吉岡さん、山椒で辛味とは、麻婆豆腐でしょうか。
中華街で美味しい店を見つけました。
とっても辛いのですが、山椒がきいてとっても美味しかったです。

日本の山椒とはまた違った趣。
四川の山椒も日本の山椒も常備です。
(あ・・私、また発汗。)

Posted by: Robin | Sep 14, 2007 at 10:22 PM

☆tomomiさん、青唐醤油、
青唐塩。粋ですね。辛いお塩になるのですか?
とても興味があります。
唐辛子を丸ごと塩に漬けておくのでしょうか。
切って漬けて一緒に使うのでしょうか。
普通に使って、ぴりっと辛味をつける・・・

ごめんなさい。
質問責め。

Posted by: Robin | Sep 14, 2007 at 10:30 PM

手作りって、本当に贅沢だなぁ。。

週末は、昆布と鰹節でお味噌汁をつくります。
その程度で精一杯ですが。。

Posted by: naomi | Sep 16, 2007 at 10:05 PM

☆naomiさん、
お忙しい中覗いてくださる皆様、
かたじけないほど嬉しいです。
そうですよね。美味しいものが「買える」世の中で、
自分の時間を自分ために使うという贅沢が残されている。
なれないと手作りは面倒なので、出来上がったときには
そのことだけで満足してしまえます。

「昆布と鰹節でお味噌汁」
 ぐっと喉に来るフレーズです!

Posted by: Robin | Sep 16, 2007 at 11:21 PM

Robinさん

青唐辛子を丸ごと塩の中に入れてつけこみ
冷凍庫に入れておきます。
使う分だけ出してお塩は洗ってしまい、
青唐辛子を切って、炒め物につかったり
大根おろしにいれたり、味噌にいれたりして
色々につかっています。
美味しいんですよ♪

Posted by: tomomi | Sep 18, 2007 at 10:12 PM

☆tomomiさん、塩に漬けずに冷凍をしていましたが、
塩につけることで、ぐっと味というか、辛さに深みが出るような気がしますね。
お料理の幅が広がりそう!
 私がはじめて食べて感動した青唐は冬のおうどんと鍋でした。ずっと山奥の一軒屋のようなおうどん屋さんで、
お店にはおばあちゃんが一人。というような。
とっても美味しくて、あったまりました。
あの真冬の青唐の輪切り。こうやって保存されていたのだ!
と思いました。
 お返事ありがとうございます。保存の楽しみ一品増えました。

Posted by: Robin | Sep 19, 2007 at 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« slow aroma | Main | 叶い結び »