« 叶い結び | Main | 香焚き染める庭にて »

Sep 20, 2007

「パパ」がきらいな理由

Summercloud 女の子なら、多かれ少なかれ、
父親を疎ましく感じる時期が一時期あるかもしれない。

もちろん、ないかもしれない。

中学時代に理解し難いほど父親への反発を公言していた友人は未だに印象深く覚えているけど、
私とて思い出せば例外でもない。

今は大好きな父であっても、
確かにそうでない時期はあった。

思い出せば微笑ましい。

しかし、それが種を保存する為の、重要な生理現象ということを聞き
生命に仕組まれているシステムはまたまた驚異だ。

適齢期や、出産前の女性は父親の匂いを嫌がり、
良い匂いと感じる男性の体臭は、DNA上、自分ともっとも遠いものだそうだ。

先日ネイチャーという科学雑誌で発表された内容を垣間見ると、
体臭をどう感じるかは、体臭を発する側でなく、
嗅ぎ取る側の遺伝子の違いによるということらしい。

汗をかいた男性の匂いを「尿のように」感じる人から「バニラ」のように感じる人。
あるいは無臭という人。

これはある匂いの受容体遺伝子のわずかな違いが
男性の汗により高濃度に含まれるテストステロンの分解時に
生成される物質アンドロステノンを
どう感知するかによるものだとか。

人間ではあまり知られていないホルモンだか、豚にとっては
雌をさそう重要な役割をはたしているもの。

父をきらった娘も、
結婚して子供を産むと今度は父親と同じ匂いを求めるようになるという。
より遠い遺伝子の相手と結ばれることで子孫を残し、
次は守るために父親的なものを求めるともいえる、そんな解説が確かあった。

でも、父親と同じ遺伝子をもつ体臭の男性と結婚する確立は高い
という結果も聞いたことがある。
いずれしにして、パートナーを選ぶ時、
嗅覚は重要な役割を果たしているということには、やはり感動。

|

« 叶い結び | Main | 香焚き染める庭にて »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

私は、このことをTV番組で知りました。
生命の営みの不思議 合理性とは言え
父親としては、つらい話しですよね(^-^;

Posted by: 吉岡 | Sep 20, 2007 at 10:10 PM

☆吉岡さん、まあそういう時期か・・・とパパたちにはやり過ごす必要があるかもしれませんねー。
こういうわけで、ほんとはみんなパパ大好きですから!という安心もあります。

Posted by: Robin | Sep 20, 2007 at 11:29 PM

アフリカのある部族は、
その人の体臭が決め手で結婚する・・・
と聞いたことがあります。
そういえば、知人でも
「においが嫌だ」と言って(体臭は殆どしないのに)
ある人を避けていましたね~。
嗅覚ってスゴイ!

Posted by: Kaori | Sep 21, 2007 at 07:53 AM

とても興味深い話題ですね。
閾値下の香りに影響されているなんて
考えると、恋愛が頭ではコントロールできない
要素があるのも納得です。
父親を嫌いになる思春期の理由。
嗅覚という説とても納得できますよね。
面白い!

Posted by: tomomi | Sep 21, 2007 at 10:25 AM

面白いですね。

>父をきらった娘も、結婚して子供を産むと今度は父親と同じ匂いを求めるようになる

父を嫌う時期って、もしかして大人と子供のはざ間…、実は大人になりたくないからかも…ってちょっと思いました。

Posted by: naomi | Sep 21, 2007 at 03:41 PM

嗅ぎとる遺伝子側の問題。
脳で嗅ぐからそうなのでしょうか。
私は今にして、反抗期のようで
父が嫌いです。
電話が大好きな父は、もう、電話魔ですから。

うるさいってばって、言っています。

Posted by: takako | Sep 21, 2007 at 11:13 PM

☆kaoriさん、原始的判断材料ですが、体臭はすべてを語るのかしら。部族の存続に関わるということで想像以上に真剣なのでしょうねえ。
それに匂い=雰囲気という意味で使うことも。

 それとも、その方は敏感な嗅覚の持ち主。とか。

Posted by: Robin | Sep 21, 2007 at 11:31 PM

☆tomomiさん、「閾値」下のコントロール、ドキリとしました。
あの物語を思い出しませんか。
嗅覚の不思議ワールド。
ほんとに面白いといいますか、なんといいますか。

Posted by: Robin | Sep 21, 2007 at 11:38 PM

☆naomiさん、そうか!思春期のピーターパン症候群の嗅覚が、大人の匂いとしてまず父親を否定していたのかもしれませんね。
そういう場合は女の子は母親の匂い?
男の子はあまり聞きませんがどうなのでしょうか。
うーん、複雑になってきました。

種の保存と言う意味で、一人の男性の汗や体臭を複数の未婚女性が違った感想を持つという部分が興味深いところです。

Posted by: Robin | Sep 21, 2007 at 11:45 PM

☆takakoさん、電話なお父様って、なんだかかわいいです♪私の父は話下手ですので、会話がなりたつのに一苦労。
電話は、匂いが届きませんし、父親の匂いも年齢と共にかわっています。
ただ、
昔、煙草と体臭と混ざっているその匂いを好きだと思わなかったのですが、今それを見つけると和む自分に驚きました。

Posted by: Robin | Sep 21, 2007 at 11:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 叶い結び | Main | 香焚き染める庭にて »