« September 2007 | Main | November 2007 »

Oct 30, 2007

創った人におまけ・・

「創る」醍醐味の1つに副産物というのをあげたいと思います。

目的以外のおまけです。

石鹸を作ったら出来るのがグリセリン。
植物性、保湿。
精油を作るときに同時に良い香りの水ができました。
肌にやさしいのでいろいろ使えます。

そして結局、また食べ物にいきますが、
梅干を漬けたら梅酢ができあがり、シソは感想させて
ふりかけにしたり、おにぎりにいれたり。

お味噌を作ると底に濃い汁が出来てきます。
これをまたお料理に使ったり。Soapfinish

もったいないっていうのは、無駄など無いという智恵を伝えていると
思います。

生の落花生は大豆のように煮て、にがりを加えると濃厚なピーナッツ豆腐。
そのおからがまた美味しいのはいうまでもなく。
ピーナッツをあきらめた歯の弱い方々には嬉しい一品となります。

そして、これも石鹸手作り派の特権。
石鹸のクズ・・じゃなくて、細かい石鹸たち。

もちろん集めて、ハーブウォーターとあわせて整形したり、
ジェル状にしてスニーカー用に、ポンプいれてハンドソープに、お洗濯に。
まあ、ここまでは石鹸として生まれた石鹸たる使い道。

実はこれを家具ワックスとしても使ってみます。
汚れをふきとり、その後コーティングとためにもう一回。


素朴な「腰かけ」を手作りしたら、それをこのソープで仕上げます。
ソープフィニッシュ。

良し悪しより何より
「こんなものまで出来ちゃった」という個人的自己満足度高めの一品でありました。

♪ここからはいつもの余談よりもっと余談なので。(;´▽`A``

Continue reading "創った人におまけ・・"

| | Comments (14)

Oct 27, 2007

たましいという言葉を使って話ていた

Ame_2 雨の日に雨のインストュルメンタル♪
ユキシュンスケさんの 雨
(聴いてみる方はworksの雨をダウンロードです。)

初めて聴いたのは雨ではなく、
あえて言葉にするなら「星」

ある日、ウィンドウショッピングしていたらめずらしく心地よくなって、
しばらく見るふりして、長居してしまった。
誰の曲か知りたくなった。

    ♪電子音に反応する。。。か。。

Continue reading "たましいという言葉を使って話ていた"

| | Comments (8)

Oct 22, 2007

環境オセロ 

Link これはみなきゃ。 (いのちの食べかた  11月10日より)
タイトル見てそう思いながら、
実は及び腰でもある。華やかな舞台には大仕掛けな裏側がある。

舞台や映画の楽しさ華やかさだけを満喫するのも
作られた苦労や裏話を知ってもっと楽しむのも自由。

でも、飽食の舞台裏は・・・・・。

「食べる」ことは
他の命を奪うことだと実感できたのは、恥ずかしいことにそんなに遠くない最近。
知識ではなく、実感として。

生きているものを殺すこと。
テーブルに並んだご馳走に感謝では到底わからない。

自分が生きるために、殺す。
そのことをよくわかった上でこそ、湧きあがる感謝と自分の命を大切にしようと思う気持ち。

今、あまりにも自分を粗末する人の多いこと。


最近の食品事情を思う時、よく聞く「身土不二」という言葉の意味を反芻していた。
土が命を育んでいることをつい忘れる。

精油をケモタイプで見ることに、実は最初抵抗した。
命あるものを組成で利用する、それは薬剤と同じ人間のエゴなのではと。
でもそれはこの考えにも通じるものがあるということに気付かせてもらった。

命を育んでいるのは水と光と土。
つまり地球だ。

-------------

Continue reading "環境オセロ "

| | Comments (19)

Oct 18, 2007

よく寝ることはよく暮らすこと

   20071017231400

睡眠の悩みを抱える女性が増えている。

秋の遠い夜明けを一人ベッドで、夢も見られず待つのはつらいと思う。
眠らなければと焦れば焦るほど朝に近づき、
ようやくうとうとする頃は、
カーテンの向こうが白々として始まりを告げる鳥の鳴き声。

朦朧とした目覚めに鞭打つように、
朝から濃いコーヒーで脳を興奮状態へとどうにか追い立て
いざ出陣!という気合までつけて、
という悪循環。

専門家による睡眠学セミナーだけでなく、
なんと、この悩みは子供たちにまで及び、
「睡眠教育」まで実施されている。

眠るのが惜しいくらい、楽しい時期であるはず。
起きるのが残念なほど、夢を見るのが楽しみだった。

眠りにつくまでに聴くつもりだったテープが
音を出す前に寝てしまってくやしがったっけ。

睡眠不足ならまだしも、
不眠だなんて、子供の悩みじゃないと思っていた。

眠るための生活指導が必要になっている。
よりよく生きることは、よりよく死ぬこと。
これではもはや長すぎるスパン。

「よりよく眠るために、よりよく暮らす」
そのためのノウハウ。

生きるもの全てに必要な眠りを自然にとれないということは
命のリズムがうまくとれないということ。

Continue reading "よく寝ることはよく暮らすこと"

| | Comments (10)

Oct 12, 2007

光なき月にReset

10/11新月。Clipartwhitedreamfantasy9kiiro

48時間以内なら間に合うという願い事。
しかもピンクのペンを用いる。

というのを前回の新月の時
naomiさんブログ で知った時は遅かりしでした。
できれば8時間以内に書くならば届くエネルギーは
もっと強力なのだそうです。

次の新月は気をつけてなくちゃ。
そう思ったばかりでもう一巡。

もう一日・一日の積み重ねが大きいということを、

逃した大きさで知ることのないようにしたい。

Continue reading "光なき月にReset"

| | Comments (10)

Oct 07, 2007

ハウスキーピングメディテーション

                  Fairy_2   

日本では、まだ植物の芳香成分で治療をしてくれる病院はほとんど無い。
アロマの治療が普通になったら、
待合室がヒーリングルームになるだろうな。

精油は植物の血でもあり、魂みたいなもの。
需要が爆発的に増えて、
地球上の植物を危機に陥らせてしまうかもしれない。
人間にとって重要な植物を大量に安価に生産するため
遺伝子操作の対象になったら意味がない。
結局合成薬を代用することで環境を守ろうなんて悪循環が起こるだろうか。

人間たちは、いったい何をしてきているのだろうか。

植物がいなくなったら、
誰も生きてはゆけない。

何故、病むのだろう。。。。

Continue reading "ハウスキーピングメディテーション"

| | Comments (12)

Oct 01, 2007

23歳というお茶 妖精にコンタクトするお茶

23robin 女性の絶頂って23歳?

中国宮廷で23歳の美しさを保つため
にブレンドされたお茶が密かに飲まれていた。

そのブレンドを再現したというのです。

なんといいましょうか、

ブレンドに年齢そのものをズバっとネーミングした
その大胆さが気に入りました。
のみならず、このラベル。
効能を疑うとか、訝るなんて態度じゃ効かない!と
宣言されているようではないですか。

といいますか、
女性は重ねる年輪と共に艶を増してくところが美しいのだ。
とか抗ってもね、触手が延びなきゃ、女じゃないかなあ。

でも23の響きに含まれるのは伸びやかな可能性。
吸収力。疑うこともなく知り合う人々を友達と呼べる頃♪
人によってのイメージも様々に枝分れするあたりでしょうか。

まあ、詮索はともかく、気になるブレンドは
イギリスの紳士によってまず奥様のために再現されました。

世界中をまわってお茶を味わって来られた奥様のこぼれる笑顔。
ブレンド23は数あるブレンドの中でも味わい重視な方。
じっくりと熟成された上質の茶葉だけで構成されている。

Continue reading "23歳というお茶 妖精にコンタクトするお茶"

| | Comments (13)

« September 2007 | Main | November 2007 »