« 23歳というお茶 妖精にコンタクトするお茶 | Main | 光なき月にReset »

Oct 07, 2007

ハウスキーピングメディテーション

                  Fairy_2   

日本では、まだ植物の芳香成分で治療をしてくれる病院はほとんど無い。
アロマの治療が普通になったら、
待合室がヒーリングルームになるだろうな。

精油は植物の血でもあり、魂みたいなもの。
需要が爆発的に増えて、
地球上の植物を危機に陥らせてしまうかもしれない。
人間にとって重要な植物を大量に安価に生産するため
遺伝子操作の対象になったら意味がない。
結局合成薬を代用することで環境を守ろうなんて悪循環が起こるだろうか。

人間たちは、いったい何をしてきているのだろうか。

植物がいなくなったら、
誰も生きてはゆけない。

何故、病むのだろう。。。。

秋の冷ややかな風とキンモクセイの香り。
真夏の灼熱の太陽と同じとは思えないぬくもり。

ちょっとメランコリックになるのは、
昼が短くなって、光の量が減ってきているということだろうか、
それとも、キンモクセイが呼び起こすあの多感な季節のせつない記憶のせいだろうか。Kif_2964

こんな時には頑張らないで、そこに浸るか
抜け出す香りの助けを借りて、爽やかに乗り切るか。

苦手なスチームアイロン。
こんな時アロマディフューザーと化す。

夏物のしわくちゃなリネンが、みるみるうちにシャキッとしていく。
1枚仕上がるたびに心のひだも伸びてゆく。
無意識に憂鬱な塊となりかけた筋肉もゆるんでいくようだ。

真の瞑想状態に到達したことはないのだけれど、
アイロンがけは、もしかして瞑想じゃないかな、と思う。

ひたすら皺を伸ばしながら、
あるいは皺を伸ばしていることだけを考えて、
時折シューッという蒸気の音に促されて、
香りの密度をあがった空気を吸い込み、
また皺を伸ばすという作業。

心の皺を伸ばすことは、予防のための大切な作業。
あらゆる病気のほとんどはストレスが根源にあるから。
続けるという感覚さへ取去って、
さりげなく、作業の中に組み込んでしまう。
こういう予防の形がアロマアートなスタンス。

|

« 23歳というお茶 妖精にコンタクトするお茶 | Main | 光なき月にReset »

aromaticdays」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

今年の秋のアロマスチームはどんな香りになさいましたか?(*^-^*)
うーーーん、私はネロリにしてみようかしら。(わぉ!ゴージャス!!)

金木犀が満開ですね~。金木犀も好きですが、萩がとても好きで、苦手な秋を和らげてくれています。

Posted by: Kaori | Oct 08, 2007 at 11:50 AM

こんにちは。
ずっと拝見しています。
素敵なテンプレートに、衣替えですね♪
こちらも自前ですか?

何故、病むのだろう。。。

という問いかけ、そして

心の皺を伸ばすことは、予防のための大切な作業

というフレーズに、うんうんと頷いています。
「心の皺」は、自然によるものだという認識、
そして「皺」がいったら、
普通に、できるだけ抵抗なくアイロンをかけるという日常の連続が、
次々ランクアップした「皺」を登場させるのかも・・・って。

面倒くさがらずに、心地よい時間を生み出すためにも、
無心でアイロンがけを楽しみたいですね!

Posted by: mana | Oct 08, 2007 at 01:24 PM

アイロンがけ・・・
不器用な私にとって
大の苦手な作業です(泣)
いつもRobinさんの、
新鮮な視点によい刺激をいただいてます!

Posted by: tomomi | Oct 08, 2007 at 11:47 PM

☆kaoriさん、今、窓開けると金木犀の香りが外から入ってきて、自然の芳香に至福の気分です。
金木犀の精油を持っているというのに、この時期だけは不要。

朝のアイロンがけでしたので、秋の風情より元気の出るラベンダー。って感じでブレンドしてしました!

余談ですが、いつも萩と荻を迷ってしまってたのを思い出します。

Posted by: Robin | Oct 08, 2007 at 11:48 PM

☆manaさん、初めまして!見ていてくださってありがとうございます。
書き込んでくださってとても嬉しいです。
テンプレートはつたない手作りです。
名月があまりに素敵だったので。
今年は満月と中秋の名月が二日ずれたので得したような、残念なような。でも月の光は音楽のようでした。
面倒なのです。アイロン。でもアロマな楽しみをくっつけてしまうと、もう無いかな♪とたまにTシャツもかけちゃいます。
今の行動にひたすら意識をおいている瞑想方があることを思い出したのでした。

Posted by: Robin | Oct 09, 2007 at 12:01 AM

☆tomomiさん、いろんなアイデアや刺激や楽しい情報をいただいているのは私こそ!です。
ありがとうございます。っていつも楽しませてもらっているので更新楽しみです。

私もアイロン掛け値無しに×です。
こんな楽しみを見つけなければ、私は皺を消しながらもっと強力な皺を作っているようです。投げ出したくなるほど折り紙付きの下手!なのです。(爆)
 ゆっくりと落ち着いて、じわっとかければきれいにかけられることに気付いたのはそう遠くない最近。一生懸命かけたシャツを着ている後姿を見るとものすごい満足感にひたれるほどです。
 

Posted by: Robin | Oct 09, 2007 at 12:11 AM

青々としたローズマリーの中に
可愛らしい天使が顔を覗けてる♪

もう これだけで一日中の元気をいただけます。

それにしても 何度観ても
美しい 煌々とした満月ですね!

Posted by: 吉岡 | Oct 09, 2007 at 12:13 AM

☆吉岡さん、精油の精は妖精の精。といつも思います。植物を摘みとるとき、きっとこんな感じでたくさんの妖精たちに出会っているのでしょうね。

技的にはおもちゃみたいな粋ですが、あの月夜の感動をお伝えできているなら、ここに載せた甲斐があったと、そのことに元気をいただきました。

Posted by: Robin | Oct 09, 2007 at 12:21 AM

何でもお金、お金。。
儲かるものには臭いオヤジがむらがる。。って感じ。
何とか自分の幸せから考えて欲しいと思います。

やるべきことに精神集中するとどうしてこんなに副産物があるのでしょう。見返りが大きいですね。

Posted by: naomi | Oct 09, 2007 at 04:03 AM

☆naomiさん、実はアロマという言葉さへ何か他にないかと思うことがあります。
軽快な口調に、同調いたしました。
そこが男性脳なのかなあ。あ、そうではない男性もたくさんいらっしゃるのでした。こういうのは
おやじ脳ってことで。

集中力、欲しい!!!!!

Posted by: Robin | Oct 10, 2007 at 10:27 PM

アイロンに入れればいいのですね~
アイロンがけが苦手ですが、これなら
楽しみの一つになるかもしれません。

金木犀は、香りますね~
秋の香りがします。

Posted by: takako | Oct 12, 2007 at 12:06 PM

☆takakoさん、アイロンかける時間っていうのも何かゆったりした気分の時間の時です。
私の場合。なにしろ、下手ですから。
そういうわけで、アロマスチームなんて祐著なこと考え出したりです。(笑)

金木犀で毎年タイムトラベルしてます!

Posted by: Robin | Oct 12, 2007 at 07:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 23歳というお茶 妖精にコンタクトするお茶 | Main | 光なき月にReset »