« 環境オセロ  | Main | 創った人におまけ・・ »

Oct 27, 2007

たましいという言葉を使って話ていた

Ame_2 雨の日に雨のインストュルメンタル♪
ユキシュンスケさんの 雨
(聴いてみる方はworksの雨をダウンロードです。)

初めて聴いたのは雨ではなく、
あえて言葉にするなら「星」

ある日、ウィンドウショッピングしていたらめずらしく心地よくなって、
しばらく見るふりして、長居してしまった。
誰の曲か知りたくなった。

    ♪電子音に反応する。。。か。。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

「虫の声さへ聴こえない、静かな静かな月夜、M45_2

古びた小屋の中では、いつものように、

おじいさんが星をつくっていました。」

こんなフレーズで始まる童話。

童話は著者の「命」を境にして前半と後半で出来上がっている。

あきらめたはずの人生の扉が再び開かれた後、ある日突然後半が出来上がったのだそうだ。

「僕にお菓子をくれたサナイさんという人がいっていたよ。昔、・・・・・(省略)」

「彼らはどやったら痛いのか、痛くないのか、わかるんだ。
だから誰も傷つかないように生きることが出来るんだ」

私が心地よくなった音楽とは
お菓子を食べた子供が美しい言葉を話すようになるという、
この童話から生まれたイマジネーションだった。

五感プラスαに語りかける手段は、こんなお話に実感を加える。

文字からのイメージに音が重なり、3Dへと一気に加速した。

---童話に登場する旅先で出会った人々は
「たましいということばを使って話をしていた。」
と少年が話す。

 文字と音。

嗅覚を加えるならどんな香りがしただろう・・・・きっと緑と土と木と花と水・・
それらがクリアであたたかい空気という香りになったのだろう。
静かな星の香りが落ちてきただろう。

それはどの香り?

そして、童話に出てくるお菓子は、
作者によって奈良県で実際に作られている。
素朴なのになぜか忘れがたいお菓子。

|

« 環境オセロ  | Main | 創った人におまけ・・ »

cafe的アロマ」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

雨、聴いてみました。

音も、香りも、言葉も、
そこにたちあらわれるものを感じるとることで、
何かが伝わるのでしょうね。

それは魂のささやき?

童話、読んでみたいです。
「お菓子」もいただいてみたい。

Posted by: mana | Oct 27, 2007 at 08:06 PM

きいてみました!すっっごく良いですね。
CDあれば欲しいです。
レイハラカミさんを彷彿させるな~とか
色々おもいつつ、レビューをみたら
私にとって特別な存在のFishmansを発見。

Robinさんのアンテナは私にとって
いつも発見と刺激があって楽しいです♪

Posted by: tomomi | Oct 28, 2007 at 11:22 AM

実際の雨の音も好きです。
ざーざー降る時も、しとしと降る時も。

自然の音は、偉大ですね。

Posted by: takako | Oct 28, 2007 at 10:55 PM

☆manaさん、言葉だけでなく、他の情報も一緒だと3Dな空想空間が拡がるみたいですね。
音楽からはいって、その由来を知るという経路でしたが、それもまたワクワクさせてくれるものがありました。

 なぜこの音なのか。。。

あるいはこの音がなかったら、私はこの童話を理解しようとしたか、なんて考えるのも一緒に。
一人一人の受け取りかたが面白いんじゃないでしょうか。
童話といっても、大人の童話でもあります。

Posted by: Robin | Oct 29, 2007 at 12:07 AM

☆tomomiさん、ほっとしました。
有機的なものにこだわるタイプが多いはずのところで、無機的な音を紹介するのって、どうだろう・・・と思ったりして。

でも、まあ、素直に反応のしたのですし。

宇宙の音を再現するとこういう音なのかも。
暗闇の色、聞いてみたいのに限定!聴かれました?

そして特別な存在とは!気になりました。だって、
宇宙 日本 世田谷 って発想が大好きです。
ユキシュンスケさん、お願いすると自分で心を込めて作ります!
ってことみたい。
雨はもちろんですが、童話のイメージで創った曲を是非聴いてみて欲しいです。
 私は星が次々次々振ってくる、あの賑やかな静けさを思い出しました。

Posted by: Robin | Oct 29, 2007 at 12:17 AM

☆takakoさん、雨の音って落ち着きます。寂しい気分の時は逆に包んでくれるような気さへします。

夕立のすごい音も、実は好き。
絶対安全という前提ですが。

結局、外出する予定を全部中止して気になっていることひとつ片付けられました。たまには休日の雨は歓迎。

Posted by: Robin | Oct 29, 2007 at 12:22 AM

イメージが
童話になり
音楽になり
素朴なお菓子になり

そのお菓子を食べると
美しい言葉を話す。

なんたるメルヘン!

Posted by: 吉岡 | Oct 29, 2007 at 08:36 PM

☆吉岡さん、!?
もしかしたら、この童話をご存知なのでしょうか。

このメルヘンがメルヘンに終っていないところを
お伝えしたかったのです。

Posted by: Robin | Oct 29, 2007 at 11:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 環境オセロ  | Main | 創った人におまけ・・ »