« January 2008 | Main | April 2008 »

Feb 13, 2008

ボディセンサー

ハンドクリームで手荒れをなんとかしのいだ冬も、
もうすぐ終わる。

雪が降っても、春の雪。
翌朝の照り返しの量が違う。

ポタ・・ ポタ・・溶けてゆく雫の音。

季節感の少ない場所だから、
季節に敏感ってこと、ないだろうか。

季節が無いと嘆くより、
   そう思う方がいい。
季節に無いものも、出来るだけ食べない。

鍋の様子を見ている私の隣でナスを切っていた彼女が
「この茄子固い!」と
残念そうに言った。

これからとりかかる料理がまずかったら、
自分のせいであるかのように言うものだから、
「うん、今の季節のものじゃないからね」と
極力、どうってことなく、普通のことのようにその場を流した。

今の茄子もトマトもきゅうりも、きれいだけど
まるでプラスチックみたいだと感じる。

「あ。そうなんだ。今はいつでもあるからそんなことも
知らなかった・・・」

あらら。。。
よけいにショックだったような。

Continue reading "ボディセンサー"

| | Comments (16)

Feb 07, 2008

冬のスウィートクリーム

Cream

水分とオイルを乳化させるクリームをほとんど使わない。
アンチ・エマルジョン

潤っているうちにオイルでなじませる。
冬でもそれだけ充分な肌にはなってきた。

時間はかかったけど、おそるべし皮膚の蘇生力というのか、
自己防衛力というのか。

しかし・・・。

冬の皮膚は水分を欲している。
だから、水分を含んでいるクリームは、
オイリーな軟膏より、スーッとなじんで気持ち良い。
そして、なんといっても携帯に便利ですし、
ハンドケアはべたついていると、次の作業に差し障りますし。

オイルと水分の二層に別れた小壜をバッグにしのばせていて、
そう感じてしまいました。

だから、クリーム作りました。必用にかられて。

Continue reading "冬のスウィートクリーム"

| | Comments (12)

Feb 04, 2008

進化、進行形

20071201141834_2

    先日、友人がギャラリーで作品を展示するというので訪ねた。
カレー屋さんに隣接しているというので、
----ではお昼でも
というくらいの軽い気持ち。
ところが予約しなくては入れないという。
正直ずいぶんはずれでもあり、
 カレーでそこまで?と思いつつ、とりあえず電話して席を確保はしておいた。

電車マップを片手に出かけた。

地図を見ると
駅からちょっと歩く。
一本道ではない。Tel
つい、ショートカットを探してしまいたくなる、そんな位置。

微妙な距離が興味をそそる。
 --------なぜ。そんなに人が行くのか?

ふと、小学校の道草を思い出す。
          「秘密の近道探し」

途中、信号を渡ると古道具屋さんがあった。
つい立ち止まる。
 かつて活きづいていた、道具たち。
ふと息を吹き込みたくなるような、そんな思いにかられるんだろうな。
いや宇宙戦艦ヤマトもそんなようなものだわ。 
  なんて、無駄な思考をめぐらしつつ・・・

たどりついたのが、
下町の古い民家と工場をみごとに改築したカフェ。
レトロな雰囲気がかもし出され、柔らかな陽射しがぬくもりを感じる。
道草の途中に立ち寄る友達の家。・・・って感じ?

それだけではなく、そのカレー。スパイスの風味がとけあったカレー。
正直、日本のカレーをイメージしてしまっただけに、そのギャップは言うまでもなく、
スパイスの香り高きカレーはとっても美味しかった。
デザートは自家製のスウィーツ。やさしい甘さがにくいほど気がきいていてこれまた美味しい。

「友人の家で本格カレーをごちそうになり、つい昼下がりまでなごんでしまいました。」
そんな感じ。

予約しないといっぱいだという理由がわかりました。

---ということで、久しぶりに食べにいこうかなと思いきや、
先日からインドへ修行に行かれたとのことで、再開は3月1日とか。

また腕をあげて帰っていらっしゃるのね。

かえって、楽しみが倍増させられます。ちょうど週末。行ってみようかしら。

。...。...。...。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。...。...。...。...。

近所に夏になると二ヶ月くらいお店を閉めてドイツへパン修行に行くパン屋さんがあります。
閉じたままのシャッターに張り紙一枚。最初はびっくりでした。

二ヶ月も休みですが、そのうち、帰りを楽しみに待つようになっているのに気づきます。
秋になって開店すると、人がいっぱい。街にいいパン屋さんが出来ると嬉しいから、
きっとみんな温かい目で応援しているに違いない。

そういえば、
パンを焼く野菜の酵母をつくるために、週三日休むパン屋さんがありました。
ゆっくりゆっくり発酵する微生物にあわせて待つのが、またいい感じです。
その三日分のパンを金曜日に確保しておけばいいのですから。

Continue reading "進化、進行形"

| | Comments (6)

« January 2008 | Main | April 2008 »