« 冬のスウィートクリーム | Main | 満地球 »

Feb 13, 2008

ボディセンサー

ハンドクリームで手荒れをなんとかしのいだ冬も、
もうすぐ終わる。

雪が降っても、春の雪。
翌朝の照り返しの量が違う。

ポタ・・ ポタ・・溶けてゆく雫の音。

季節感の少ない場所だから、
季節に敏感ってこと、ないだろうか。

季節が無いと嘆くより、
   そう思う方がいい。
季節に無いものも、出来るだけ食べない。

鍋の様子を見ている私の隣でナスを切っていた彼女が
「この茄子固い!」と
残念そうに言った。

これからとりかかる料理がまずかったら、
自分のせいであるかのように言うものだから、
「うん、今の季節のものじゃないからね」と
極力、どうってことなく、普通のことのようにその場を流した。

今の茄子もトマトもきゅうりも、きれいだけど
まるでプラスチックみたいだと感じる。

「あ。そうなんだ。今はいつでもあるからそんなことも
知らなかった・・・」

あらら。。。
よけいにショックだったような。

cakeクリスマスに苺なんておかしい。
冬にトマトのサラダは寒い。snow
sun茄子はなんといっても夏が旨い!

体が正常に反応するなら、
生のトマトを今食べたいわけもなく、
正直美味しくもなく。

クリスマスの苺ショートは好きなんだけど、
春の苺とは別の果物のようだ。

見る野菜と食べると野菜は別もの。

木蓮の蕾がふくらみだした。
そろそろあちらこちらで芽吹きが始まる。
いっせいに大地から空にむけて気がのぼり、
閉じ込められていたものが発散する季節。

食べたくなるのは、いったい何か。

嗅ぎたい香りは何か。

私は誤作動をおこしていないか
体の声に耳をすましていようと思う。
Fuyugesiki_2

|

« 冬のスウィートクリーム | Main | 満地球 »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

クリームの作り方、丁寧にありがとうございます。
クリームは作ったことないので挑戦してみます。
混ぜる、混ぜるですね!

野菜も果物も旬が美味しいですよね。
それに安い・・・(コレ一番)

Posted by: ハル | Feb 13, 2008 at 10:09 AM

最近の私の思いとぴったり重なりました。
からだの声はそのままこころの声、
これ、大事にしたいよね。
きれいな雪景色です~

今朝こちらは、夕べから降り続いた雪で真っ白でした。
朝出かけるときもしんしんと降っていて、
バスに乗るときには私が雪だるま!!
なんの役にも立っていなかった傘。

Posted by: mana | Feb 13, 2008 at 11:38 AM

いつでも茄子は売っていますね。
季節感はないけど便利になって。
でも、本当に美味しいものは、その季節のものですね。
今日は寒くて、皮膚が痒かったです。

Posted by: takako | Feb 13, 2008 at 10:24 PM

年中いろんな野菜が手に入るだけでなく
短期(集中?)で育てられていますよね?
なので味がどれも薄い・・・。
自分でお野菜を作ったときに味が全く違って
「本当の味」というものを思い出した気がしました。
以前にこちらで読んだ新聞にお野菜の栄養は30年前(だったかな?)
に比べて60%減って書いてありました。
多分日本も同じような状況かな??
それにしてもびっくりですね。

Posted by: kayko | Feb 14, 2008 at 10:45 AM

☆ハルさん、まずトライ♪ですね。
お母さんが作ったクリームは、何はともあれ一番よく効くみたいです。
お野菜もね、作ってみるとなおよくわかりますよ。
どんなお野菜が元気で、美味しいのか。

Posted by: Robin | Feb 15, 2008 at 08:10 AM

☆manaさん、「ぴったり!」というのが嬉しい♪heart04
私もね、実は思っていたテーマがよくかぶっていました。
manaさんの表現や言葉にすごく納得して、
完了。
・・・みたいな。そういう意味でも刺激的です。

傘がやくだたないほどの雪snow
関西はあの日すごかったみたいですねー。

雪の京都。
そうだ、行こうかな。

「冬はつとめて」
清少納言の一節を必ず思い出します。
さむうい冬を好きになるため。ここ大好き。

Posted by: Robin | Feb 15, 2008 at 08:19 AM

☆takakoさん、寒かったですねー。
冬寒いと、ある意味ほっとしたり・・・です。
スキー三昧なころは、温くなると冷や冷やしました。
勝手なものです。

スーパーでは定番野菜ですね。
気休めに産地を見ます。
狭い日本とはいえ。
せめてもの、方便と自己満足。coldsweats01

Posted by: Robin | Feb 15, 2008 at 08:23 AM

☆kaykoさん 最近の農法で育てたお野菜の栄養価については、私もたまに耳します。
詳細に測るまでもなく、味が違うと父は残念そうにいつも言っています。
私は、夏、おやつにかじったあのトマトを探しましたが、
今は壊滅状態だそうです。
昔の種を見つけた人が、
趣味で育てたトマトを一度いただけたことがあったくらい。

より多くのニーズに応えるため、
コストパフォーマンスの良い野菜へ傾倒した結果。

だから、私は出来るだけ元気な野菜を買う消費者の一人になって
せめてほんの少しでも貢献して、
作ってもらいたいと、願うばかりです。

Posted by: Robin | Feb 15, 2008 at 08:53 AM

はじめまして。介護の仕事をしているんですがアロマを学んでボランィテアでお年寄りの役にたてないかなと考えているんですが講座代金が7万弱するので悩んでます。初心者は危険なのできちんと講師から学んだほうがよいですか?突然の訪問ですがお手すきの時にでもコメント頂けたら嬉しい限りです。

Posted by: かおり | Feb 16, 2008 at 12:42 AM

☆かおりさん、アロマティックなお名前。shine
是非、アロマ使いになって、みなさんに喜んでいただけたらといいのになあと思います。

よい香りは心地よいものですね。
それにも理由があったりします。
また、好みや体調等によっても変化します。

「ラベンダー」ひとつ、
成分によって、育った場所によっても感じ方が変わります。
植物の場所によっても違います。
それは学名と言う形でわかるようになっています。
また、芳香成分の抽出の仕方によっても変わります。

趣味的に楽しく使う方法から、
医療に用いられることもあり、国によっては認められているほど「アロマ」は効目を発揮します。

それは、使い方によっては危険ということでもあります。
アロマのお仕事をされる方のみなさん、
実は言葉ひとつに非常に心を配っていらっしゃることが、
アロマセラピーの中味を少しでも知るとよくわかります。

介護に活かせるアロマということですが、
いろいろな活かしかたがあるでしょう。
しかし、自分で楽しむ範疇越えるならば、「きちんと」学ぶべきだと思っています。school

つまり「きちんと講師から学ぶ」ことに賛成です。paper
講師から学ぶことは本で書かれている以上に、
貴重な体験や気をもらい、また同じ志をもつ生徒同志の
情報交換やモチベーションheart01などは
金額にmoneybagはかえられない価値dollarをもたらしくれるはずと信じています。happy01


Posted by: Robin | Feb 16, 2008 at 08:08 AM

Robinさん、お久しぶりです!
一面の雪景色、きれいですね〜。
雪の下で春を待っている土は今年一年また美味しいお野菜を作ってくれるのですね。

ボディーセンサー、春の芽吹き時は特に要注意のわたしです。
山菜などの苦味でセンサー切り替え..なるかしら?

Posted by: mahaal | Feb 17, 2008 at 09:40 AM

☆mahaalさん、おひさしぶりです。
どんよりとした冬の太陽も、幻想的だなあ・・と思ってしまいました。
雪国ではうんざりする空のようですけどsnow
ぐっと凍る冷たさがなければ、美しい春は育まれないなんて
なんだか、勇気でる自然現象ではありませんか!cherryblossom

そうなんですよね。芽吹きの季節。
気がのぼり行く中で
今年こそは春を満喫するぞ!と春を待つ私でもあります。

新緑の雪国に行きませんか?

Posted by: Robin | Feb 17, 2008 at 11:04 AM

香港に13年も住んでると、ていうか私だけかもしれないけど、今どの季節に向かっているのかさえ錯覚することがあるの。春にはこれから寒くなるんだっけ?とか。
忙しいからかしら?ボケかしら?

>今の茄子もトマトもきゅうりも、きれいだけど
>まるでプラスチックみたいだと感じる。
色の悪い、甘さの少ないスイカやトマトをずーっと見ているので日本で果物や野菜を見たり頂いたりするとちょっと怖いくらいです。東京でも、子供のころの野菜は形がそんなによくなかったのよ。

Posted by: naomi | Mar 30, 2008 at 08:02 PM

naomiさん、お久しぶりです。
更新をしばらくしていない間にも季節はどんどん・・・
春爛漫というか、花粉という風物詩に悩まされております。

四季があるっていいですね。
でも研ぎ澄ませていなければ単なる気温の変化でやりすごしてしまいそうです。
子供の頃の記憶のおかげで気づけてるかもしれないのに、
高層マンションの上部で、冬のトマトや空気清浄機、ミネラルウォーターで育った人間はこの楽しみを感知できるのだろうか。ふと、思ってしまうのです。

Posted by: Robin | Apr 02, 2008 at 04:49 PM

お忙しいのでしょうか?

記事の更新は滞っていても
トップの写真は 春爛漫♪~

Posted by: 吉岡 | Apr 10, 2008 at 07:43 PM

☆吉岡さん、何気に楽しんでいるブログの更新やコメントもエネルギーがいるものだなって思っていました。
お休み状態にもかかわらず、
とっても嬉しいコメントありがとうございます。

いよいよ春爛漫も本格的ですね。

Posted by: Robin | Apr 11, 2008 at 11:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 冬のスウィートクリーム | Main | 満地球 »