« April 2008 | Main | June 2008 »

May 28, 2008

薔薇空間にて

 5月にはいってなお更、
昨年見た薔薇図譜のオリジナルが思い出されていた。Rudutename_2


お許しをいただいて、大きくて古いページをそっと、そっと
息を潜めてめくった。

まさしく
めくるめく薔薇。薔薇。薔薇。
最後に大きく重みのある表紙を閉じながら、

深くため息が出たのを思い出す。

おりしも薔薇のシーズン。あちこちの薔薇園は満開だろうな。
早起きして訪ねるつもりで楽しみにしている薔薇園があるが、
まだ蕾が固いようで、5月にはいってからは時期をねらっていた。

この日!と決めた日は朝から雨。

でもおかげでBunkamuraザミュージアムの薔薇空間を堪能してきた。


会場の入口を入って左に進む。
それから壁に沿ってルデューテの説明を一通り見ながら、
視線をさらに右へ向ける。

・・・・・・・昨年一枚一枚そっとめくったページ。
テーブルに置かれた図譜としての薔薇。
植物の有り様を知る為に書かれた一ページとはいえ、絵画としてうっとり眺めるに充分だった。

それが、なんと一枚ずつ額に縁取られ、
目の前の空間にずらりと並んで拡がっている。

おおおおおおおお!

本のページをめくっただけにそれは圧巻。

Continue reading "薔薇空間にて"

| | Comments (10)

May 22, 2008

学校の先生

Dsc00671 ついに、学園ドラマにはまってしまいました。
多いですね。
くさいほど熱血先生は、今時受けないんじゃない?と思いましたが、なんのなんの。
すっかり冷めてると思っていた私の心の奥に
まだまだ響く個所があったことに感激。

今シーズンは、野球ものも多いですね。

中学時代好きな人が野球部だったにも関わらず、
「スラッガー」という言葉の意味が昨年やっと解明。
「バッテリー」については、
次に「ブースター」を思い出してしまうくらいおんち。

「ルーキー」については、ようやく
複数のSがつくことで増す深い味わいを堪能出来ているつもり。

それにしても、主役の先生たちの熱血ぶり。
ドラマでは24時間先生をやって、
やっと生徒たちの心をつかんでいくように描かれていますが、
本当に大変なお仕事だと思います。

Continue reading "学校の先生"

| | Comments (8)

May 15, 2008

月と暮らす料理屋 

  ・・・その店を見つけるには、少しばかり直感力が必要かもしれない。

Ima_3

東京から成田に向かう途中、ハイウェイを降りて
九十九里へと南下するその途中にその店はある。

「暖簾」とか「屋号」とか、
あるいは「看板」さへもみつからない。
手がかりは「今ぜき」というシンプルな文字と佇まい。


とにかく「食」だろうということを期待しながら、
白い麻の暖簾を分けて戸をあけてみる。

初めて通りがかりでこの店を見つけられたら、
運の良さと感度の良さを喜んでもいいのではないだろうか。
この世に偶然は無いということで。

*************************************************

Oden_2
写真はおでんです。
一見、普通?

いえ、
ここで「普通」と言ってやりすごしてしまったら
あまりにも惜しい。

だから、ちょっとごたくを並べさせてもらいたい。

店主の説明にいちいち感動していると
「昔はあたりまえですから。」

あまらりにさらりとおっしゃる。

そりゃそうだ・・
けど・・。

だけど今はこれは「究極」である。

出汁はもちろん、、
練り物、ちくわ、鳥肉、野菜、調味料のひとつひとつが、
すべて正しい素材で出来ている。

そうだ、正しい!のだ。

まず遠方から取寄せたりしない。
地元で採れたものたち。

そして練り物は、それらの素材を使って
店主がすり鉢で練りあげて調理する。
大豆から豆腐をつくり、
揚げる油も、鶏肉も醤油も卵も野菜達もすべて
作った人の顔と心意気を知っている。

それにしても、
昔は素晴らしいものが日常の食卓に上がっていたものだ。
正しさの尺度なんて説明するほうが邪道だ。

ここで食べているとそんな気さへしてくる。
だいいち、
ここのメニューに「おでん」はない

メニューは参考に過ぎない。・・・・
と私は思っている。

店で料理を頼む為の作法か、
料理を待つ間の軽い読み物?
いや、素人のことらが料理を頼む為の手がかり?
遊び心に慣れない輩のためとか。

bottlefullmoon

時々、

Continue reading "月と暮らす料理屋 "

|

May 09, 2008

カモミール

Chamomile3

新茶の季節。

ハーブティーもフレッシュが美味しい季節。
摘み取ったばかりの葉をポットにいれて
いただく香りはやっぱり格別。
中でも欠かさずにいられたら
と思うのはカモミール。

収穫気分の時は
摘み取った花が重なりあって
小さな籠にふわふわいっぱいになっていく様と、
ほのかな土の香りと緑の風がまざった甘い調和に
心がほぐされてしまいます。

カモミールを摘みに庭に出る喜び。

なぜか未だにその思いを叶えられずにいます。
青いりんごと喩えられるその香りのカモミールになってくれません。
今年は種を期待して株を三つばかり植えておきました。

私のところの土と環境を覚えてほしくて。

ティーはピーターラビットのお母さんがお腹を壊したピーターに飲ませるお茶で有名。Kif_0959
これとフェンネルをあわせるとお腹がはっているときにはいいです。
飲むだけではなく、リンスにしたりローションにしたり。
ウォッカにつけてその香りも長く楽しみます。
ラベンダーやローズマリーの葉とあわせてそのままの香りを部屋に
漂わせたり。

Continue reading "カモミール"

| | Comments (8)

May 01, 2008

骨が軽石状態のカルシウム不足

Chamomile
こういう症状は骨がスカスカになり、まるで軽石のようになっているために
起こる。
「おっとっと・・」
とつまずいた拍子にも潰れる。
「さて!」などと立ち上がった瞬間にもつぶれる。

おばあちゃんが小さくなるのは
骨をつくるより壊す方が多くなっていくため。
それは密度も粗くなっている。

 プチ骨折を続けながら少しずつ腰が曲がり、少しずつ潰れて小さくなっていく。

激しく湾曲した背骨に内臓を圧迫され、
実際片方の肺がほとんど機能できなくなり呼吸器が必用になったとか、
胃まで押しつぶされて食べることがままならなくなってしまった親御さんの話とか。

曲がってしまった背中にギブスやコルセットは出来ない。

折れた!という実感があるまで
骨粗鬆症はわからないという。

Continue reading "骨が軽石状態のカルシウム不足"

| | Comments (8)

« April 2008 | Main | June 2008 »