« 月と暮らす料理屋  | Main | 薔薇空間にて »

May 22, 2008

学校の先生

Dsc00671 ついに、学園ドラマにはまってしまいました。
多いですね。
くさいほど熱血先生は、今時受けないんじゃない?と思いましたが、なんのなんの。
すっかり冷めてると思っていた私の心の奥に
まだまだ響く個所があったことに感激。

今シーズンは、野球ものも多いですね。

中学時代好きな人が野球部だったにも関わらず、
「スラッガー」という言葉の意味が昨年やっと解明。
「バッテリー」については、
次に「ブースター」を思い出してしまうくらいおんち。

「ルーキー」については、ようやく
複数のSがつくことで増す深い味わいを堪能出来ているつもり。

それにしても、主役の先生たちの熱血ぶり。
ドラマでは24時間先生をやって、
やっと生徒たちの心をつかんでいくように描かれていますが、
本当に大変なお仕事だと思います。

実はこっそり、自分の教育実習時代を懐かしく思い出しています。

初めて教壇に「先生」として立った時、school
教室のすみまで見えているのに驚いたものです。

生徒の頃は先生の目を盗んでいるつもりでしたが、
あららあ、見えていたんだ。とか。

pencil机上の論理だけではたいくつだった授業形態。
実践に基づくべきだ、などと進めてやりすぎちゃったり。coldsweats01

当時進路決定を控えた17歳の子たちは、未来への夢と不安をいっぱい抱えているようでした。
果敢に立ち向かう子や、周到に歩む子、立ち止まる子。後ろ向きな子。
学生の私もそんなに変わらないくらい夢と不安を抱えてはいたものの、
体当たりで来る子達をたよりない腕で受け止めようなんて。
修行の身でだいそれたことに一生懸命だったと今振り返って思ったりします。

結局、その道は選ばなかったのですが。
よい先生と出会えたらほんとうに幸運です。

学校を出てからでも、いくつになっても
良き師と出会う機会はあるし、
出会いたいと思います。

そして、自分もいつしかそうなっていられたらなあ。

|

« 月と暮らす料理屋  | Main | 薔薇空間にて »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

昔は良く見ました。最近はテレビをあまり見ていないですが。
子供はそんなドラマが好きですね。
自分のと比較するのでしょうか。
いい先生がいるといいですけれども・・・・・。

Posted by: takako | May 23, 2008 at 11:16 AM

Robinさんのような先生にも出会ってみたかった!!
今となれば、学生の頃もっと先生の人間味に触れてみたかったと思います。
きっと、わかりにくい生徒だった気がします。

野球のことは、Robinさん以上にワカリマセンが。。。(汗)


Posted by: mana | May 24, 2008 at 06:45 PM

学園ドラマに限らずこちらには「熱血」ものってないような気がします。
こちらの人って結構、イージーな感じですから(笑)
「熱血」とか「情熱」って日本人特有なのかな・・・

でもそういう中に深い人間味を感じますますよね。
というのもうやっぱり私が日本人だからかな?

Robinさんは先生としてとても貴重な体験をされたのですね。
きっとその体験が今のRobinさんの一部として生きているのでしょうね。

Posted by: kayko | May 25, 2008 at 04:21 AM

>まだまだ響く個所があったことに感激。

なるほど・・
そう聞くとこちらまで温かく響きます。
最近のドラマってたまーに見る機会があると
ジーンとさせる心のフローに、素直さを感じます。

テンプレート一新ですね。
明るくてやさしくて繊細で素敵。
ほっとします。

Posted by: naomi | May 25, 2008 at 02:27 PM

☆takakoさん、私も久々です。
単純明快で現実的ではないにしろ、そこがいいです。
ひょっとして、そんなもんかもしれない。。と、変にポジティブになれて。ただ、先生はやりにくかろうとも思ったりしますが。

Posted by: Robin | May 26, 2008 at 10:47 PM

☆manaさん、わかりにくい子って、自分で思いこんでたんだあ。というような感じでした。あの場所に立ったとき。
生徒で発表や司会で立った教壇とは別の次元のような気がします。
・・・って。感じたことを思い出しただけですので、
現実は大変だと思います。

Posted by: Robin | May 26, 2008 at 10:51 PM

☆kaykoさん、地場が人を創るのでしょうか。
南に行くほどエネルギッシュですから、イギリスよりは
いくらか熱くなりやすいとか。
四季の穏やかな変化が丁度いい熱加減と深みを作り出すとか。

体験そのものが貴重だったのでした。
「さあ!あの太陽に向かってダッシュ!」
runsunwave 
ってやりたくなっちゃうような。
振り向いたら当然、冷たい風が吹いてるんでしょうけどねえ。 bleah

Posted by: Robin | May 26, 2008 at 10:57 PM

☆naomiさん、くさいセリフにも打たれてしまう自分が、
けっこう好きです。
マラソンのゴールシーンだけでも泣けちゃうことがあります。
ぴゅあなのか、センチなのか。

>明るくてやさしくて繊細で素敵。
shineありがとうございます。shine
嬉しいのでコピペさせていただきました。
薔薇まっさかりの季節ですね。

Posted by: Robin | May 26, 2008 at 11:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 月と暮らす料理屋  | Main | 薔薇空間にて »