« 花火はやっぱり真下からだと思う | Main | 一握りのオリーブ »

Aug 11, 2008

梅干しを作ってしまう理由

熱中症やら、猛暑日やらとものすごい暑さを強調する報道ですが、
報道とは逆に、いやにへっちゃらなのです。
休日はクーラー無しでも過ごせます。
食欲もかなりあります。

暑さに鈍感になってしまったのだろうか。

梅を干すのは梅雨明けの土用。
最高の晴天とサラサラの空気が三日続く日。
この見極めが、けっこう難しかったりする。
朝ド☆ピーカンでも、Umebosi1
たちまち、掻き曇ったり、
遠くのにわか雨に水の匂いを感じたり。
西の空に目をやりながら、
私にとって梅干しの最後の工程まで軽い緊張感。
Umebosi2

特に今年の梅には念を入れて
「太陽エネルギーを充填させる」という意識で干した。

弱った身体、
毒素のたまった体。
萎えそうな心。

陰という概念を塩や重しや時間によって
陽に転じる。


日本の海の塩と真夏の陽射しガンガンに吸収した
梅干しを手に入れたければ、
作るしかない。

*:’^^^’’:*:’^^^’:*:’^^^’:*:’^^^’:*:’^^^:*:’^^^:*

近頃、身体の調節機能が鈍くなっているから
昔はあまり聞かなかった「熱中症」もニュースになるほど。

数年前、夏でも汗をかかなくなった自分にはたと気付き、
怖い気がした覚えがある。
真夏陽射しを「温かい」とさへ感じるほど冷えていたわりに、
節約温度では、身体に熱がこもっていてもたってもいられなかった。

今は、身体中から出る汗をふきながら、
そっとカーテンをゆらす風に、涼を感じることが出来るまでに復活。

*:’^^^’’:*:’^^^’:*:’^^^’:*:’^^^’:*:’^^^:*:’^^^:*

水分摂取が重要だが、
ジョッキに注いだ麦茶をがぶ飲みする前に、
小匙一杯弱の梅酢をいれて飲むと
かなり有効。

梅干しつくりは、梅酢を手に入れる理由でもある。

|

« 花火はやっぱり真下からだと思う | Main | 一握りのオリーブ »

cafe的アロマ」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

酸っぱい気持ちが伝わってきます。
焼酎も、梅干を入れたやつが大好きです。なんとなく
酔わないような気がします。
そんなことはないでしょうけれども。

美味しそうですよね。
昔はどんなに暑くても熱中症はなかったですね、確かに。
体も弱っているのでしょうか。

Posted by: takako | Aug 16, 2008 at 08:28 PM

☆takakoさん、梅干が、かなりすごい食べ物だと、
意識などせず普通に食べていたから、
日本人は日本の夏に強かった(と思うのですが。)んだわと思ったりしました。
 意識しないとヘタに減塩梅の干してないのを歓ぶ風潮に流されてしまうこの頃ですね。
私も焼酎は梅入りお湯割り♪です。
 

Posted by: Robin | Aug 17, 2008 at 08:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 花火はやっぱり真下からだと思う | Main | 一握りのオリーブ »