« 庭のチュベローズ | Main | 梅干しを作ってしまう理由 »

Aug 08, 2008

花火はやっぱり真下からだと思う

  Hanabi1_2

夏!真っ盛り、花火ラッシュ。
我が家も、恒例の花火見物でした。

毎年毎夏、
花火を見上げては、
来年こそは!と翌年の花火の宴を企画しているのに、
それから一年もたって、

しかもカウントダウンは土用のうだる暑さと炎天下に身体を慣らすのに
消耗してしまい、、
脳裏をよぎるのは冷たい飲み物のことばかり。

昨年はつい人ごみのイメージに負けて、遠くからマイペースで眺めることを選んだものの、
やっぱり花火は、真下から見上げる方がいいと学習するのにNaiagara
役立ったようなものだった。

上からみても、横からみてもまあるく拡がるのは日本の花火だそうだ。
花火を上から見物しようという輩の飛行船が
ふんわりふんわりと遊覧していくのが見える。

冷えたシャンパンで上からというのもおつだろうな。

否。

太鼓の皮に乗ったかのような
ドーンという地の底から突き上げられ、
肚をゆさぶる音の醍醐味、

夜空にパアっと丸く拡がり、
パラパラと舞い落ちる光のスローモーション。

現と幻の境目を見るような、光と音のギャップ。

フィナーレで息つく間もなく上がっては弾け、
拡がる音と光の繚乱を体感することこそ、
真下の花火の醍醐味。
     
いよいよ、夏本番!って感じ。

|

« 庭のチュベローズ | Main | 梅干しを作ってしまう理由 »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

今年は一度も花火を見ていません。
大きな花火をどかんと見たいものです。

素敵な花火。

真下がいいのはわかります。
気持ちがいいですね。

Posted by: takako | Aug 09, 2008 at 09:54 AM

☆takakoさん、この日一日、
なんとなく昼間落ち着かず過ごしてしまいます。
暑くて人ごみを想像するとだるい年もありますが、
この音と光でそれもふっとぶみたいです。

Posted by: Robin | Aug 10, 2008 at 11:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 庭のチュベローズ | Main | 梅干しを作ってしまう理由 »