« February 2009 | Main | April 2009 »

Mar 18, 2009

発酵アロマ

Kousakiterada  寺田本家 お蔵フェスタです。
日本!ってこうなんだと、改めてわくわくしてくるような場でした。

。...。...。...。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。...。...。...。...。

発酵と腐敗・・・

似て非なるもの。

お味噌を仕込んだり、漬物を作ったり、堆肥を作ったり、
とぎ汁を発酵させた液体などは洗濯もや大掃除には既になくてはならないものになっています。

目に見えない小さな生き物のおかげがいっぱいあります。

ぷくぷくと元気に活動している酵母から立ち上がる匂いは
美味しいパンそのものです。

発酵している葡萄はワインやシャンパンの香りでなじんでいます。

日本では米や大豆を発酵させます。
米はまず糀にして、味噌や醤油や酒になります。

水と、人と微生物と、それから穏やかな時間の協奏曲。
これだけで出来あがるのですから、即席に慣れてしまった感覚には
いっそう驚きであり、感動です。

米にかびをつけるなんて、そんなこと最初に誰が見つけたんだろう、って思います。



ほんとの発酵をみてみたいと思いました。おりしもお祭りだという酒蔵に行ってきました。

人の手でできることをやて、あとは蔵にすみついている微生物にお願いするだけのHakko_2
とても謙虚で素晴らしい日本人の知恵と姿勢で仕上がったその味と香りにびっくりしました。

それだけでなく、「和」できているその場の居心地のよさ。


今ではほとんどされなくなった工程もあえて手仕事にし、あとは蔵に住み着いている微生物にお任せだそうです。
さらに昔の酒作りの際に行われていた唄も唄うのだそうです。

だから、
いえ、それでこそ
「酒は百薬の長」たるのだと腑に落ちました。
中でも「むすひ」という玄米のお酒には
神秘さへ感じます。

微細な生物には微細な波動もひどく影響します。

モーツァルトを聞かせるとよく発酵るすとかいいますけど、
音痴だと「味噌がくさる」って昔からいうのは、
ひょっとして本当かもしれません。

Continue reading "発酵アロマ"

| | Comments (0)

Mar 12, 2009

ぶらり、プチエネルギー充填

ぽかん・・と空いてしまったある日の午後。

bud春だし、boutique銀座にでも繰り出すか!」

玄関を出たとき、いや改札を抜けるときは確かにそんな感じだったのですが、

ふと思うところあって途中下車。
コースがずれ始めてゆきました。


「今日はおからのチョコレートケーキありますよ。
なんだかとってもしっとりしてて美味しいんです。」
なんて言葉にあっさりつかまり、
結局少しの間ここでのんびりすることにしてしまいました。

まあ、気ままなおでかけだし。。。。

Gaiacafe私だけのためにhappy02挽いてくれるというその珈琲で、
日がな午後ティー(コーヒーcafe)。

うってつけなきまま感。

愛情いっぱいのレシピに埋れてプチな癒しブレイクしてしまったら、
簡単にしちゃおうと思っていたその日の夕食に、
気の聞いた一品でも作ってみたくならない方がどうかしてるかも。


.。・.°..銀座あたりで春のお買い物をという意気込みは
結局みんな
土の馨りいっぱいの野菜とか粉とかアサクラパスタへとむいておりました。

しかもやたら重いものばかり。
バックに潜ませてあったエコバックは
今日も大いに役に立ってしまいました。とさ。restaurant

| | Comments (0)

Mar 08, 2009

体内で香る成分

Kinome_2Kif_3366_2Kif_2337Kif_2252

少し前、漢方の切り口をテーマにしたアロマセラピーのセミナーに参加した際、
「体内で香る成分」という言葉はやはり私の中に印象深く残ってしまいました。


植物の香りは花だけでなく、根には根の、葉には葉の、
蕾や、満開、そして枯れてゆく花でさへもそれぞれの香りを放つことにも
意味があることを知ればますます感動的。

Kif_2333
特にその植物の生きている時、
芽吹いている香り、開花している香り、
実を結んでいる香り、
その時その時に力の限りを注いでいのちをまっとうしいる香りなのです。

その生命力が溢れているときほど、香しく強く香らせることができるのも
世の習いというわけでしょうか。

匂いが衰えるとどうなるかというと、
その植物の生命を脅かすことになる様々な外的によって淘汰されてしまう、という感じがあります。

だから、精油の精はほんとうに精力の精であり、いのちのエッセンスだという気がします。

そのいのちのエッセンス。
外界で匂うだけでも
人間の微弱な嗅覚ごときで嗅ぎ取れる数はしれているとはわかっているものの、

消化酵素などで分解されてから作用するという成分のことを、
「体内に取り込まれてから香を放つ成分」という表現が、とてもアロマチックですし、
匂いの意味の奥深さに感嘆させられたのでした。

つまり、エッセンシャルオイルを基材に稀釈して塗布したり、
吸入によって呼吸や嗅覚から取り入れる作用に加えて、
植物全体を煎じたり、粉状にしたりして経口で成分をとりこむ漢方の有用性。
アロマセラピストたちに向かってのこの表現はとってもピンポン♪でした。

私的には「ホリスティック」という意味で、
ハーブや漢方の香りの摂り方はより理にかなっているように感じます。

Banner_br_sakurabird_2   

| | Comments (2)

« February 2009 | Main | April 2009 »