« November 2009 | Main | January 2010 »

Dec 27, 2009

年末年始のペパーミント

学名 Mentha × piperita
シソ科

アロマセラピーを活用したいけど、とりあえず何を持っていいかわからない時には、
そしてどれか1つしか買いたくない・・・という時には
ペパーミントかラベンダーのどちらか。

とりわけこの季節はペパーミントの方がいいかもしれません。

夏のペパーミントは爽快さを感じさせてくれる意味でも必須アイテム。

しかし!
北風のこんな季節もかなりお役立ちな香りです。

食材そのものが栄養たっぷりな季節ですから、体はこの時期永年の記憶に沿って養分脂分をとりためようとしますし、社会的にもクリスマス、忘年会、新年会、等々ごちそうモード。

無言の臓器たちは黙々とご主人さまが持ち込んだものを処理しています。
ご主人さまがお休み中にもせっせせっせと働かざるをえない状況ですから、ぐっすり寝た気がしない人も多いはずです。
だんだん朝も起きられなくなってきたり、口の中がすっきりしないとか、口内炎が・・・とか。

Continue reading "年末年始のペパーミント"

| | Comments (0)

Dec 22, 2009

年を重ねて得る楽しみ 靴編

Kutu

お気に入りなら、15年は軽い。

そう言えるということは、年もとったということ。

まだまだ夢と希望と、恋もしていたころに履いた靴が、まだ履ける。
かなりの頻度で登場するし、
旅の時には疲れない靴ということになると、ついその靴を選んでしまう。

だから、履かない靴がずいぶんある。

Continue reading "年を重ねて得る楽しみ 靴編"

| | Comments (0)

Dec 15, 2009

てんぐの出入り口 

てんぐの出入り口・・・?Sankakumado

Continue reading "てんぐの出入り口 "

| | Comments (0)

Dec 04, 2009

黄葉 銀杏の香り

Cafeginko

並木道は金色に燃え上がって、
風が通り抜けるたびに、雪のように銀杏の葉が舞う。

銀杏の香りで道が充満している。

12月の街の、ちょっと遅めの黄葉は冷えるから、ひざかけをもらって、熱いコーヒー。
寒いのに、これがまたおつなのである。

何しろ、今しかないこの一瞬。
窓ガラスを隔てるなんてもったいない。
都会人は、なんと馬鹿ななことをするのだろうと自然に囲まれて暮らす人々には思えるかもしれない。

どんなにリアリティのある絵画も、画像も、空間も
五感を一度に魅せることは出来ないし、出来たとしてもそれは違う。

どの季節も傍らにいてほしい。いや、傍らにいたい。
それが、叶うひと時という錯覚に、しばしひたっていたいのかもしれない。

ここに自然があるということを。

Continue reading "黄葉 銀杏の香り"

| | Comments (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »