« 黄葉 銀杏の香り | Main | 年を重ねて得る楽しみ 靴編 »

Dec 15, 2009

てんぐの出入り口 

てんぐの出入り口・・・?Sankakumado

そういわれて、天狗って、何?
改めて思ったのでした。

 よく「てんぐになっている。」というように、放漫な態度を比喩して使うことがあります。
鼻が高いところから使われるようですが、
天狗というのは現世において、知識ばかりを追い求め、精神修行を怠った物のなれの果てだとか。

膨大な知識を持ちながら、仏教界では六道の餓鬼道・畜生道にも落ちないかわりに、
人間道にも生まれることができません。つまり
輪廻から外されてしまっているために、
天道に行くことが出来ないのだそうです。

ただ、その知識をだれかに渡してしまえば、輪廻に戻れるというので、てんぐは色々なことを教えてくれるのだそうです。

知っているだけでは、ダメなのだ、ということ。
人間であることは、
素晴らしいこと。といっているのですね。

ベムたちも人間になるために、一生懸命良いことをしようとしてたのでした。

そんなことをも思い出しちゃいました。

「天狗」はこちらを参考にしました。

           

|

« 黄葉 銀杏の香り | Main | 年を重ねて得る楽しみ 靴編 »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 黄葉 銀杏の香り | Main | 年を重ねて得る楽しみ 靴編 »