« January 2010 | Main | March 2010 »

Feb 24, 2010

空気に香りをつける

201002231246131 空気に香りをつける方法。

エアーフレッシュナーやルームコロン。
アロマスチーム、アロマポット、アロマキャンドル。
お香を炊く。
花を活ける。
付香したものを置く。などなど。

火を使うものは注意が必要。

・・とすると、

リラクゼーションと言いながら、片隅に解放することのできない意識を置いたままなんて、
逆に不完全燃焼。

アロマキャンドルの光のゆらぎと香りはバスルームが幻想的。

Continue reading "空気に香りをつける"

| | Comments (0)

Feb 19, 2010

タイムトラベルアロマ

アロマセラピーといえばラベンダー。Title

ラベンダーといえばアロマセラピーといってもいいくらい、万能なほどの効能が並ぶ。
何しろ、最初に作ったラベンダーとティートリーのバームには「万能軟膏」とネーミングされていたくらい。

やさしい植物の香りに加えて、実質的にも
火傷や虫さされ、手荒れ等に威力を発揮した万能軟膏は、
期待していなかった手作りイメージを一新、
その信頼度はメンソレータムをしのぐ勢いだった。

強心、強脾、沈静、鎮痛、血圧降下、解毒、
細胞成長促進、消炎、消毒、胆汁分泌促進、鎮痙、
デオドラント、瘢痕形成、癒傷、etc........

漢字二文字で簡潔にしてしまうとあっさりしているけれど、
言葉にすればもっともっとありがたみが沸いてくるはず。

これだけ癒されれば万能だろう。
なんといっても、香りがよくて優しい。(そこがたよりなくて濃度を上げては逆効果)

Continue reading "タイムトラベルアロマ"

| | Comments (2)

Feb 17, 2010

クリスタル、共鳴

Srcrystal_2

おかえり。
というワンショットです。

束の間、意識の外に零れ落ちてしまいました。

久々、ペンデュラムをゆらしてみることに・・・・。

石のことは石に聞こうというノリもありました。

が、

Continue reading "クリスタル、共鳴"

| | Comments (0)

Feb 11, 2010

せっけんつるり

Kif_4064

せっけんとのおつきあい。
せっけんつるり。いしけんがかり。
紙せっけん。

body shampoo

出来上がるまでの時間・・・
約4週間、あるいは6週間。
冬はお肌のビタミン入り。
オレンジはカロチンの色だけど、はちみつ色にもオレンジ色にも見える。
オレンジやはちみつは実際に入れてもこんな色はつかなけれど、
カロチーノプレミアムというオイルを使うと
相乗効果で、イメージをかきたててくれる。

このイメージって、
実質的な作用よりよほどよい感じをもたらしてくれると思っている。

できたては、
精油でつけた良い香りを放っているのだけれど、
熟成しながら、少しずつそれは落ち着き、柔かくなっていく。

いや・・・、ほとんど遠くなってしまうこともある。

そうやって、解禁の日を待ちながら楽しめるものもある。

Continue reading "せっけんつるり"

| | Comments (4)

Feb 10, 2010

青い臭いトマト (as「腐らないトマトが教えてくれたもの2」)

先日「腐らないトマト」・・・と書いた。

Kif_4038

意味不明だったかな。

軽く興味を感じてもらえたら嬉しい。そして何をイメージされただろう。

かつての私には意味がわからなかった。そんなものはなかった。

プラスチックか、地球外生命体?

今からみると当時の野菜への興味や感謝はおそまつなものだったと思う。

冬の食卓に輪切りやくし切りのトマトを色どりにとよく出していた。
夏ほどは安くないけど、それは冬だから仕方ない程度。
野菜に旬があることさへ忘れかけていた。

Continue reading "青い臭いトマト (as「腐らないトマトが教えてくれたもの2」)"

| | Comments (2)

Feb 06, 2010

太陽を抽出 ティンクチャー

Tink_2

ハーブ酒熟成。ハーブチンキです。
夏の仕事が生きてくる季節。

セントジョンズワートは夏至のころ摘むのが一番いい(St.Jonenの日)
というのでこの名があるとのことですが、

ハーブの収穫全体にいえると思います。
香りがよいということは、薬効も期待してしまいます。

冬の間大地に封じ込められていた力が、
太陽という陽性が上にあがるに連れて引き上げられる春から夏。sun
真上に来るころエネルギーもピーク・・・・ということでしょう。

摘み取った草を風通しのよい場所につるし、
できるだけ早く乾燥させてウォッカあるいは焼酎等に漬け込みます。

水分で抽出できない成分はアルコールに浸出させます。
ひと月くらいで使えますが、さらに時間をかけてアルコール分が抜けていくと
よりマイルドなティンクチャーに。

新月の日に摘み取り、
満月に漬け込み、
旧暦を横目で気にしながら、(おっと土用は避けようか)・・・など、

shineコハク色の液体を透かしてみながら、
・・・これはこれは世にも素晴らしい液体が出来たわ・・・。

実に妖し気な魔女モードにはいるひとときが、また楽しheart04なわけです。

ユキノシタ、ローズマリー、

Continue reading "太陽を抽出 ティンクチャー"

| | Comments (4)

Feb 04, 2010

腐らないトマトが教えてくれたもの 1

Kif_4049

葡萄でパンをつくる。

天然酵母って何?

酵母にわざわざ「天然」をつける意味は何か。

できるだけ人口でないものをいただくようにしたいと思っている。

Continue reading "腐らないトマトが教えてくれたもの 1"

| | Comments (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »