« タイムトラベルアロマ | Main | バニラ ホリスティックスウィート »

Feb 24, 2010

空気に香りをつける

201002231246131 空気に香りをつける方法。

エアーフレッシュナーやルームコロン。
アロマスチーム、アロマポット、アロマキャンドル。
お香を炊く。
花を活ける。
付香したものを置く。などなど。

火を使うものは注意が必要。

・・とすると、

リラクゼーションと言いながら、片隅に解放することのできない意識を置いたままなんて、
逆に不完全燃焼。

アロマキャンドルの光のゆらぎと香りはバスルームが幻想的。

 アロマをきかせてハーブせけんをつくる。
端っこを、
チェストにいれておくこともある。
ハーブを飾って香りとして置いておくという使い方もある。

いずれにしても、
空気が動いて、ふ。。と香るのがいい。

何気なく立ち寄ったお店がとても良い香りの時。

ディスプレイに見入るふりをして、芳香浴をしていることが、実はある。

気になって尋ねても、ただ、「ハーブティを飲んでいたからかもしれませんね」ということもある。
ハーブがお湯で温められて香るので、小さな空間なら一石二鳥なアロマ。

これをお店に置くようになってから、
よく尋ねられるんですよ。

というとってもお話上手な説明に、ひとつそばに置いてみたくなった。
ソイワックス。
これはたくことができないが、
大きなものはキャンドルとして香りと光を楽しめる。
                                                                                                                             

|

« タイムトラベルアロマ | Main | バニラ ホリスティックスウィート »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« タイムトラベルアロマ | Main | バニラ ホリスティックスウィート »