« 春は緑①、抹茶ライフ | Main | マインドデフラグ »

Mar 18, 2010

花粉症のアロマ2010

Sinjuku_haru

さっそくですが、
久々にアロマレシピなど。

ベチバー
クローブ
ミルラ
フランキンセンス
ペパーミント

これを、
鼻の下にもっていき、片方ずつ鼻で深呼吸。

名前忘れてしまいましたが、よく海から上がったあと
鼻づまりを楽にするために使っていたアイテムの
アロマバージョンです。
が、
こちらの方がダンゼンflairに感じます。

使い方のこつは、
ゆっくりと鼻孔の壁に成分を塗るように吸うこと。
くれぐれもゆっくりとです。

20分くらいすると、鼻つまりやムズムズ・ズルズルは楽になります。
私の場合は、治った!と錯覚できるほどに、かなり落ち着きます。

[sweat02香り玉、あるいはムエットを入れた5mlのガラス瓶に精油を滴下。
少し置いて香りをなじませてから使います
Kafunshoaroma 
使いながらもなじんでゆきますが]


花粉アロマといえば、ティートリー、ユーカリ、ラベンサラ、ペパーミント、ラベンダー、カモミールなどがレギュラー。

ただ、このラインナップに、
もう少し花粉症への愛がほしくて(笑)、
今回は、視点を変えてみたところピンポンでした。

・免疫力アップも必須ですが、
内側からアプローチしようという「ティートリー内服」というのもありますが、
こちらは胃の弱い人や、
お医者さまの指示無く、個人での使用は注意が必要。

・マスクに香りを付けて・・という使い方、
マスク着用にはよく活用しますが、
持続や効きめを求めるあまりつい濃くしがちではないですか?
特に精油でアロマセラピーをするときには、
肌に触れている部分ですし、
鼻にダイレクトにくるのでアルコールなどを使ったスプレーなどは
刺激が強すぎないよう濃度に気をつけます。
あるいは、水精油という便利なアロマがあります。

アロママスクをつくるなら、「香」もおすすめです。
精油成分を含む植物丸ごとの香りは、柔かく温かいし、
このマスクをして寝ると翌朝が違いました。

よかったブレンドの一例を。

  山奈  丁子  龍脳

Rankbansoap

アロマのトレンド

 

※参考:
(上記5mlに香り玉でノーズスムーサーとして使う場合)

ベチバー 3滴  
ミルラ   2滴
フランキンセンス 2滴
クローブ  1滴
ペパーミント 3滴
sign01ペパーミントは3滴まで。
   クローブは1滴まで。
   吸いすぎない。
   気分が悪くなったらしばらく使用しないでください。

|

« 春は緑①、抹茶ライフ | Main | マインドデフラグ »

aromaticdays」カテゴリの記事

ハンドメイドケア」カテゴリの記事

Comments

そっかぁ!温中去湿、免疫賦活・・などでしょうか?
芯から働いてくれそうですね。
貴重なレシピをありがとうございます☆
山奈は、砕いて調合しましたか?
鼻呼吸とともに、さっそく試してみますね!

Posted by: mahaal | Mar 21, 2010 at 10:59 PM

☆あらら
mhaalさんも花粉症ですか?
これね、ちょっと感動ものですよ。
20分くらいして落ち着いてくるところも「芯から」働いてくれてるって感じですよね。
香はねブレンドしてから叩きます。
ストールなどに附香するのもいいです。

Posted by: Robin | Mar 22, 2010 at 10:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 春は緑①、抹茶ライフ | Main | マインドデフラグ »