« すいかずら | Main | cheer up aroma 梅仕事再開 »

Jun 07, 2010

ボーダレスin 鎌倉

Jomeiji

ちょっと生意気な言い方を許していただけるなら、
鎌倉散策の楽しみは、神社仏閣の他に、
一度にたくさんの建築や庭園を観られることにあると思うのです。

神社仏閣のそれだけでなく、
普通のお宅でも、あるいは邸宅やお屋敷。
その庭先や玄関さきの植栽、あるいは突如出現した廃屋の門でさへ趣深く、
また河川、橋、路地から、今に残る昭和駄菓子やさんの風情に改めて感激したり。

時間軸を行きつ戻りつしながら、点在する隠れ家カフェに胸躍らせたり。

そして、ここは見つけるというにはあまりに有名ですが、
わかっていてもこんなお寺の奥に、まったくの異文化がもう一つ存在するというのが、
また鎌倉らしくもあり、日本の懐の深さを感じたりです。

枯山水のある禅寺のずっと奥に、薔薇やクレマチスの咲くイングリッシュガーデンを持つ洋館があるなんて。

千年の時空を超えた日本文化と参拝続きの足腰と喉を癒すにも、
ちょっとほっとする空間ではあります。

薔薇の季節に間に合う今は、
本当に風にのって薔薇や色とりどりの花や新緑の香り。Garden_3

Table   浄妙寺と石窯ガーデンテラス。

歴史の中を歩いてきて思えたのですが、現代だからこそ、平和だからこそ、あるいは日本だからこんなボーダレスな楽しみが可能なのですね。

それでは今日の最後に、ここに咲いていたルデューテの薔薇のような一輪を 。Isirose

|

« すいかずら | Main | cheer up aroma 梅仕事再開 »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

こんばんは!
今日、鎌倉に行ってきたんですよ^^
紫陽花を愛でに…同じ思いの方々が大勢いました。
奥の庭園では、菖蒲がとても美しかったです。
日本的な美を堪能したあとは、
明月院の脇の坂を登る途中にあるカフェで、
丁寧にいれてくださったおいしいコーヒーを楽しみました。
窓から入る緑風が、とても気持ちよかったです。
鎌倉って素敵ですね。

Robinさんがいらした石窯テラスガーデンも、行ってみたかったところです。
やはり魅力的ですね〜。絵になるわ^^
今度ぜひ訪れてみます。

Posted by: フェンネル | Jun 07, 2010 at 08:44 PM

☆フェンネルさん♪、何かとシンクロしますねー。
あじさいがこれから楽しみな鎌倉です。
お天気も風も今日あたりから崩れそうですから、とてもいい時だったでしょうか。あじさいなら、雨もまたよろしですけどね。
鎌倉に住みたいという人だけで作る会があるのはうなずけてしまいます。
うちにも、鎌倉に住むのが夢だった青年が独り巣立ってゆきましたし~。

Posted by: Robin | Jun 08, 2010 at 10:59 AM

Robinさん

鎌倉の日記を心待ちにしておりましたぁ
しばらく行ってないなぁ。。。

Robinさんは詩人ですね
お寺巡りもいいけれど 私はテラスガーデンが
とても気になります
こんな素敵なお庭で焼き立てパンなんていいですね~~~

普通のお宅の中にも魅力がいっぱいのようでlovely

Posted by: non | Jun 11, 2010 at 06:49 PM

☆nonさん、ふふ、やっぱりnonさんだわ。
そこが気になりましたでしょ。
鎌倉は私も久々。鎌倉在住の友人が一緒でしたのでそれもよかったです。
ついつい京都奈良など遠くに思いを馳せてましたが、
鎌倉から遡るともっと面白いような気がします。
それに、今だからこその、
昔にはまったく思いもしなかった楽しみ方が出来ました。昔の自分に言います。
「あさい、あさい」(笑)

Posted by: Robin | Jun 11, 2010 at 10:57 PM

ブログをメール代わりにしてすいません。
梅ですが、若いうめをお渡ししてしまったようで、追熟する前に、腐りが入ったようです、申し訳有りません。
2,3日で黄ばまない場合は、少々青くても漬けた方がいいです。多少渋みが梅干に残りますが。
もっと丁寧にお教えすればよかったと,後悔しています。
残った梅ですが、もったいないので青い部分を、集め
ミキサー等でペーストにして、火にかけ、梅ペースト
にする手があります。
又、そのペーストに塩20パーセントを加え、練り。
半月程冷蔵庫で寝かし、即席梅びしをを作ったことも
有りましたが、
写真の状態では、もう梅干はあきらめた方がいいです。
言葉が足りず申し訳ありません。

Posted by: エコビレッヂ八百剛 | Jun 16, 2010 at 11:50 AM

☆八百剛さん、さっそくありがとうございます!
かつていただいた梅干しが美味しくてびっくりしたのがそもそも自分でも梅を漬けるようになったきっかけです。
中でも、どんな梅でも活かされていたことに感銘をうけました。
以来こういう時はいつもそのことを思いだしてしまいます。

私が知らないばかりにこの素材たちを無駄にしてるんじゃないかってことが、ふと浮かぶので、今回は伺ってみたくなったのでした。(というか、本当はここから美味しいものがあったりして、という下心ですが。)
それより、いつも丁寧で簡潔な説明に、ワクワクさせいただいてますよ。
ただ、よく私が想像を超える突拍子もない疑問や試行を
「やらかす」らしく、よく周りに迷惑をかけてしまうらしいです。なので、何卒そこはお気になさらずに。

梅よりも、私が未熟!(爆)。
 ですので、またかしこくなれちゃった♪と本人は嬉しい限り。

どっちみちあきらめのGoが出ましたので安心して遊んでみますか。

ただあきらめろ、というアドバイスは巷に転がってますし、私にもできます。
が、そうじゃないところが今日も期待どおりの八百剛さんでした♪。感謝heart04

Posted by: Robin | Jun 16, 2010 at 12:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« すいかずら | Main | cheer up aroma 梅仕事再開 »