« 処方された薬草の香り | Main | 庭にローズヒップ ♪ »

Aug 19, 2010

風の服

草や花をお茶にして飲んだり、肌につけたり、Kittaland
浸ったり、

香りのエッセンスで楽しんだり、時には、身体のだるさをとってもらったり。

花を愛でたり、結実を楽しみ 収穫することで十分にしあわせをいただいている。

それから「色」。

水に広がる植物の色を見るたび手に入れたくなるのだけれど、つかもうとすると消えてしまう。
そんな感じ。

サプライズティーの青と赤。
梅をつけるときにも、つかまえたい「赤」の衝動に出会う。
いや「紫」かもしれない。

石鹸につけたい色は、
植物の色の場合はなかなかそうもいかないし、
同じ植物の色でも、酸で定着させるか、
アルカリかで違うを表情を見せる。変幻自在といえばそうだし、
簡単に捕まえられない。

夢見るだけで素人の私には、植物の色は

まさしく「夢」のようだ。

だから、kittaの服に出会ったとき、
この服が生まれる場所を見てみたいと思った。

きっとみんなそう思ったに違いない。

着ていて、不思議だ。
シンプルすぎるほどシンプルなのに、自由なんだから。

一度出会って心を捕らえて離れない色がある。

心に留まったら今度会えるかどうかの保障はないそうだ。
その色に仕上がるかは、
太陽と風と水による。

自然が作り出しものに感謝を込めて、人が、
kittaが人に必要なものに創り上げる。

そんな感じ。

なんだろう・・・。

kittaはめちゃめちゃシンプルなだけかもしれないけど、
kittaに惹かれる自分の感性を思うとき、なんだかやらかくて心地いい。

Kittaatrie

|

« 処方された薬草の香り | Main | 庭にローズヒップ ♪ »

zakka」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 処方された薬草の香り | Main | 庭にローズヒップ ♪ »