« ニッポンワンダーランド | Main | 活け花としての薔薇 »

Oct 29, 2010

秋の空

Akisora1

お気に入りの麦わら帽子や、
kittaの軽い服を素肌に来たり、麻の肌触りを
いつもの夏より長く楽しめた年ではありました。

常夏がやってきたと想えば楽しいかも、と言いながら、
実は、四季のある国で生きてきた自分であることに気付かされた夏でもありました。

日本人の感情の細やかさがどこから来たものなのか。

それは田んぼとお米と四季の移り変わりの中の暮らしの中で培われてきたもの。

虫の声、月の満ち欠け、風の匂い。

かすかなな変化を感じ取り、その音や匂いの中に
様々な語りかけを感じ取る脳細胞は、自然の変化によって作られたものだそうです。

夏とは明らかに違う空をみて、
いつもなら郷愁やメランコリーにひたってみるだけなのですが、
今年の秋は加えて、いつものように巡りくる秋に
ほっとしたり。です。

|

« ニッポンワンダーランド | Main | 活け花としての薔薇 »

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

この写真、すごく素敵ですね~~!
空の青さが素晴らしく美しいです!
この写真の道を自転車で走りたい気分になります。
なぜか「歩き」じゃなくて自転車なんです。
なんでだろう??

Posted by: kayko | Nov 01, 2010 at 06:15 AM

☆kayko さん、ようこそおいでくださいまして。
とてもほっといたしました。

秋の空はほんと青いですね。
自転車いいですね。
風が気持ちよさそうです。
きっとこの道まっすぐ遠くに続くように見えるからかしら。
向こうはね、太平洋です。

Posted by: Robin | Nov 02, 2010 at 01:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ニッポンワンダーランド | Main | 活け花としての薔薇 »