« 花神によるムスビ | Main | 新年へ »

Nov 25, 2010

漢方的ブレンドアロマ

Aromakose

香りは成分を分析して効能や効果などを使いわけると
リラクゼーション以外に期待できることがたくさんあります。

この日は「香性」に基づいてブレンドし、
その香りや影響を確かめるという集まり。

ささやかですが、来春行われるコンペに
どんなテーマで創作するかということも話し合われました。

「香性」とは、字が表わすとおり「香りの性質」ですが、
アロマセラピーでの成分による化学的分類の他に、
中医学の陰陽、五行等により分類した香りの性質。
さらに中医学的に沿って細かく分けられたバイタルサイン
に対応するその植物の特質をもいいます。

そしてその中から導き出した香りを、
よりバランスよく組み合わせながら、
バイタルサインを改善、
緩和に役立つブレンドへと仕上げてゆきます。

たとえば、
ただ「風邪」や「インフルエンザ」「便秘」というふうに
病名などによる対応とは違い、
全体の中で崩れたバランスを整えていくので、
人それぞれがアンバランスによって感じている主訴と
付随する状態と
香性を照らしあわせながらの創香になります。

各々が表や症状を書きだしたり、香性を確かめているうちに
ふ。。。とどこからかいい香りが。

       あ、いい香り。

      Cocolog_oekaki_2010_11_25_09_06

思わず手をとめてそのブレンドを見せてもらったり、
レシピを分けてもらったり。

一人で創るより、
集まって試行錯誤をしているとたくさんの発見があります。

また、香りの多角的見地にたっていると
毎回驚きな香りの体験をさせてもらえるのは、
精油成分としてだけでみないところもあるのだと感じます。

こういう角度でエッセンシャルオイルをあわせていると、
当然 漢方的アロマオイルの扱いになっていくのですが、
出来上がる香りもどこか深くまろやかな感じです。

人気ブログランキングへ

|

« 花神によるムスビ | Main | 新年へ »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 花神によるムスビ | Main | 新年へ »