« [幻のピッツァ]  | Main | 漢方的ブレンドアロマ »

Nov 21, 2010

花神によるムスビ

Photo_2 

渡辺紅昌(わたなべこうしょう)氏による、「花神」-かしん-
表紙です。

行かれた方はおわかりと思いますが、年一回開かれる草月流の展示は
内容の充実度は、
私のようなものが言及するまでもなく、エネルギッシュですばらしいものですが、

さらにその数に圧倒されます。

ただ一輪の花、一枝、それだけでも空間の気を変えてしまうほどの
花のオーラですが、活かされた芸術の気が
数百と並ぶのです。

普段絶対観ることのできない素晴らし作品を一同に鑑賞させていただける
またのない機会とはいえ、
鑑賞する側にもそれなりの、気力が要求される思いです。

テーマは「花遊ぶ」
三百以上もある素晴らしい景色のから、
あえてたった一つ、ここにおいておきたくなった、
いえ、

まずは自分で時々鑑賞したくなったのが、先日ご紹介した薔薇の活け花でした

それが、花の命がある間だけの芸術であり、
その輝きさへも刻一刻変わる刹那的artを堪能するには邪道とはいえ。

活け花は3D空間を演出するartだと思いますが、

香りをともない、さらに映った花も活けてしまう活け花は、まさに5D。

ところが、さらにサプライズはこんなささやかなブログに書かせていただいた
感想が、お弟子さんの目にとまったことでした。

全国の活け花を愛する方の中で、花を活けることを学ばれる方々の、
そして中でもあまたある流派の中から、
この花を活けられた渡辺紅昌氏に師事されていることと、
星屑ほどあるブログのさらに、
こんなとるに足らない一日の出来事が出会うことは、
私にはまさに、神技的に思えます。

先日いただいた示音さんのお知らせが嬉しくて、
また改めて眺めてみる花の神。

神様の気まぐれなこんな花遊びに感激です。

|

« [幻のピッツァ]  | Main | 漢方的ブレンドアロマ »

aromaticdays」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

Comments

生け花は5D。
確かにその通り、的確な表現だなと思いました。
実は過日の記事を拝見してから、本棚にしまっていた「花神」を取り出し眺めていたのです。私も実物を目にした作品が多く載せられているのですが、その時感じた迫力や感動と違うなと少し思いまして..もちろん、写真家さんの腕は素晴らしく、ただ眺めたりポストカードとして飾る分には十分美しいと思うのです。ですが、おっしゃるとおり”刹那的art”であり、香りや時刻(日の傾き)でも変わる――まさに5Dartですね。

花神さまの巡り合わせに感謝して。

Posted by: 示音 | Nov 22, 2010 at 03:49 PM

☆示音さん、お返事遅くなりました。

改めて花神を鑑賞されていらしたのですね。

その時の感動をもう一度味わいたいと思っても、
かなわないとわかっていても、
ついつい切りとってみたくなるものですね。

撮った画像を眺めて満悦したり、
がっかりしたり。
ただ、その時の思いをありありと思いだせるツールとしてはけっこう機能してくれるように思います。
せめてもの思いです。

花神・・素敵な呼び名ですね。

Posted by: Robin | Nov 24, 2010 at 10:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« [幻のピッツァ]  | Main | 漢方的ブレンドアロマ »