« February 2011 | Main | April 2011 »

Mar 24, 2011

動の祈り

祈り
地震の翌日から放射能のことは懸念されていました。

不安を紛らわしに、フラッと出かけた自然食品店。

さすがに、私なんかより反応は敏感。

フード付きジャケットに身体を埋め込み、
小春日和の温かな日に似つかわしくない風体での対応が、
かえって私の能天気さを炙り出してくれました。

情報を求め、
久々テレビを意識しましたが、
全てのチャンネルから、娯楽番組が消え、
何度も恐怖の映像を繰り返すばかり。

あれから10日。

良いお天気というのに
なんとなく洗濯物を太陽にあてることを諦めた、
その夜でした。

水が汚染されている。

うがい薬は止めた方がいいなんていったところで、
あまり気にせず、
パワーアップした洗剤を流し、

添加物や加工食品、インスタントや、
ファーストフード、リーズナブルで手っ取り早くすごしてきた現代人。

「直ぐに健康には害があるわけではない」という放射能と、
どのくらい安全性に差があるのでしょうと、

楽観でもしないとやりきれない。

現代生活には危険はまだあります。
密室の電化生活、パソコン、携帯、電磁波に囲まれている。
都市は大きな電子レンジに住んでるようなもの。

より安いものを求める消費者のニーズが
農薬、化成肥料、促成栽培、農作物の工場生産、大規模化をさせ、

一方では、精根込めて耕された土の元気な野菜を都市は求めてきました。

福島を傷つける発電所の電気は、都市の為。

祈りの力で癒せるなら、精いっぱい祈ります。

でも、目を閉じて想い寄せるだけでは、
お腹は満たされない。

佐藤初音さんが、ひたすらおむすびをむすぶだけで人の心が
ほどけたように、それは「動の祈り」というそうです。

小さな小さなこと。
たとえば、いつもと同じように過ごすこと。

まずは、今日1日微笑んですごすように心がけます。

| | Comments (2)

Mar 12, 2011

放射能対策

●色も臭いも無い放射能に、危機感をもってください。

●常々お知らせしておりました事が、現実となってしまいました。

【福島県の原子力発電所で放射能漏れ】

既にニュース等でお聞きになっている通り、放射能漏れが発生。

半径10キロ以内は緊急避難。

    甘いです!

制御室で1000倍…

チェルノブイリの時よりも、ひどい大事件なので連絡します。

チェルノブイリ原発ですら「40年間は草も生えない!」と言われ、痛ましい白血病や甲状腺癌に苦しむ子供達…

…★…

「あい流マクロビ対策」

●「陰性の放射能」には陽性食品を摂取する。

●「梅干し」「味噌」「醤油」「板海苔」「出し昆布」「とろろ昆布を含む海藻」「炒り玄米」「鉄火味噌」…

●日本からチェルノブイリ原発事故の時には、「味噌」「海苔」がたくさん送られました。

●毎日、上記食品を食べつづけてください。

●長崎原爆投下後、被爆中心地でありながら生き長らえた病院はマクロバイオティックの陰陽理論を知り「味噌をナメろ」「醤油をナメろ」と指示があったのは有名な話です。

●放射能を身体から排出される可能性が格段にあがります。

●このメールを周りの人に転送してください。

●今日明日にも放射能は届いてしまいます。

●放射能を含む可能性があるので、極力、雪や雨に当たらないようにして下さい。

●ワカメやとろろ昆布をお味噌汁に入れたり、出し昆布をおやつでたっぷり食べたりしましょう

| | Comments (0)

Mar 09, 2011

aloma alive in city

水仙を部屋に活けたら部屋中に早春の香り。と書きました

ある日信号待ちをしていたら、ふわっといい香り。

あ・・沈丁花。

あたりを見回して確かに道の脇の生垣が満開。

精油のかおりがいかに自然の香りといっても、
生きている香りにかなうものはありません。

この香りに包まれている一瞬が好きで、香りも纏わなくなりました。
かつては、こういう香りにずっと包まれていたくて、
創ってみたりしたものでしたが、

今は、風の来た道を探してみたり、
変わり行く香りを楽しんだりするのが好きで携えることもしなくなりました。

寒くなったり、温かい日が続いたりして、
花たちがいっせいに香りを放ち始める季節ですね。

Jinchoge_2
いえ、花だけではなく、土も草も、

空にむかってありとあらゆるものが、冬の中から上っていくようです。

   ◎沈丁花の香り

| | Comments (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »