« ナチュラルルームフレグランス | Main | 放射能対策 »

Mar 09, 2011

aloma alive in city

水仙を部屋に活けたら部屋中に早春の香り。と書きました

ある日信号待ちをしていたら、ふわっといい香り。

あ・・沈丁花。

あたりを見回して確かに道の脇の生垣が満開。

精油のかおりがいかに自然の香りといっても、
生きている香りにかなうものはありません。

この香りに包まれている一瞬が好きで、香りも纏わなくなりました。
かつては、こういう香りにずっと包まれていたくて、
創ってみたりしたものでしたが、

今は、風の来た道を探してみたり、
変わり行く香りを楽しんだりするのが好きで携えることもしなくなりました。

寒くなったり、温かい日が続いたりして、
花たちがいっせいに香りを放ち始める季節ですね。

Jinchoge_2
いえ、花だけではなく、土も草も、

空にむかってありとあらゆるものが、冬の中から上っていくようです。

   ◎沈丁花の香り

|

« ナチュラルルームフレグランス | Main | 放射能対策 »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ナチュラルルームフレグランス | Main | 放射能対策 »