« 香粉調香 | Main | お赤飯と幸福感 »

Nov 25, 2011

好きな香りの一面

乳香、丁香、桂枝、白檀、安息香

精油でもなじみある香りの他に、

橙花(ネロリ)、香衣草(ラベンダー)、

生姜、椽樹苔(オークモス)、

玫瑰(ローズ)、迷迭香(ローズマリー)、薄荷(ペパーミント)

精油との違いを意識させるという意味で、全て漢字表記。
なじみある香りも、一瞬、扱いに戸惑ってしまうほど新鮮ではありました。

精油では重いという印象の香りでも、
香木や香草そのものになると深いというイメージ。

「主」を樹脂から選択し、そこにハーブや花を合わせてみたり、

Madogosi

立ち上げかたは自由だし、
人それぞれでOK。

ではありますが、
ほとんど全員がメインの選択肢を、
花系から組み立てているのには、
改めて興味深いことでした。

香りの普及、活用はこの十年驚くばかりです。

現代日本人の体質の変容と考えることもできるのでしょう。

アロマでケアをするなら、好きな香りを見つめること。
それも自分の身体に向き合うひとつの手段に思います。

|

« 香粉調香 | Main | お赤飯と幸福感 »

aromaticdays」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 香粉調香 | Main | お赤飯と幸福感 »