« May 2012 | Main | July 2012 »

Jun 21, 2012

夏至 appreciate

昼が一番長い日。夏至。

・・・ああ、セントジョーンズ。

ありとあらゆる木々の葉や草がエネルギーに満ち満ちていると考えるだけで、

今年はいつもよりもっとありがたい気がしてきます。

あるいは、いつも月を眺めながらしていたことを、夕映えに照らされてなしているだけでも、

何か新鮮。

・・・・・・・

夏至というと思い出すハーブがあります。セントジョンズワート。

開花が6月末くらいになるため、6/24イエスキリストに洗礼を施した聖ヨハネの名にちなんでつけられたとか。(ジョンはヨハネの英語読み)。

sunサンシャインサプリメント 不眠 欝に

   セロトニンを増加させる作用があるのでこう呼ばれるとのこと。

  メラトニンの分泌を高める働きもあり、
  生体リズムを整えるため不眠にも効果がありそうです。

sun成分を抽出させた赤いセントジョンズワートオイル。

   神経痛や間接の痛みを和らげるオイルになります。

    →★摘んだばかりの花をつぶし、オリーブオイルを加えて窓辺で抽出。
       その後赤くなったオイルを目の細かいザルなどで濾す。
       遮光びんに移して保存。
        ただしオイルは酸化するのでお早めに。

 太陽の少ない季節rain
 リウマチや関節の痛みに、
 手のひらでこのオイルを塗布しながら太陽の温もりをイメージするといいかもしれません。

どこにでもあるのに薬効が高いことで知られるドクダミ、枇杷の葉も、今ごろ収穫するのがベストだそうです。

dokudamiup

生の葉は殺菌性の高いその成分によって非常に強い匂いを発しますが、

軽く干してお茶にすると甘やかな美味しいお茶に。

乾燥させると無臭になりますので、素早く乾燥させて焼酎やウォッカに漬け込み、
夏のあせもや水虫などに効果が。

薄めてローションするとアトピーや肌あれ、
さらには美白効果の高いローションになりますcapricornus

dokudami私たちの勝手な都合ではありますが、くらしをサポートしてくれるように出来ているような植物のサイクルにも又、

感心と感謝をさせられずにはいられません。

植物エネルギー漲るこの季節、やっぱり感謝を込めて想い至ってしまいます。

過去ログよりrewrite

| | Comments (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »